ザ マーク(The Mark)ニューヨーク宿泊記|せっかくのNY旅行ならホテルもお洒落に!?

ザマークNY

ザ マーク(The Mark)ニューヨークは、77丁目とマディソンアベニューの角に建つ歴史のあるホテル。

ただし、内部は完全に新しくリニューアルされており、お洒落で快適かつ高いサービスを提供してくれるニューヨーク5つ星ホテルの1つです。

本記事では、ザ マーク(The Mark)ニューヨーク・スタンダードルーム宿泊記をお送りいたします。

せっかくのNY旅行ならホテルもお洒落に!?と思ったこのチョイスやいかに。

ザ マークニューヨーク・エントランスとロビー

ザマーク・ロビー

ドアマンがいるのは高級ホテルならではでしょうか。

ホテルに入るとなんともお洒落なロビーが眼前に広がります。カラフルでグラフィカルという感じでしょうか、パキっとした色使いが個人的にかなり好みです。

ザマーク・ロビーオブジェ

ユニークな芸術品?も鎮座し、高級感とスタイリッシュさが絶妙にマッチしたホテルだなという印象です。

写真奥はレストランになっています。

コンシェルジェデスク

エントランスを入って左手奥がフロント、右手側(写真のカウンター)がコンシェルジェデスクになっています。

こんな感じで、ロビーフロアは非常〜にコンパクトと言って差し支えない印象でした。

ザ マークニューヨーク・スタンダードルーム(キングサイズベッド)

今回予約していたのはスタンダードルーム(キングサイズベッド)というお部屋。ランク的には下から3番目くらいのお部屋です。

ザマーク・319△ルームナンバーは319

キングサイズ1ベッド△ベッドはキングサイズの1ベッド

お部屋に入った第一印象は、思っていた以上に狭さは感じないなというもの。脚も高めのキングサイズベッドが鎮座していますが、天井高があるためか、圧迫感は全くありません。

ベッドサイドテーブル △サイドテーブルにはライトスタンドと電話

ラデュレのマカロン△ラデュレのマカロンとお水が用意してありました。

ルームモニター△TVボードとテレビ

テレビにはウエルカムメッセージが表示されていました。もちろん全部英語表記なんですが、興味本位で言語設定を日本語に変更したところ、全部文字化け。笑

ザマークのテーブルウエア△プティフールとお水

お部屋のテーブルにはプティフールとお水があらかじめ用意してありました。ちなみに、エビアン以外も無料です。

なお、このプティフール、脚注で後述しますが食べ損なったんですよね…

プライベートバーコーナー△備え付けのプライベートバー

ベッド脇の棚は一面がプライベートバーコーナになっています。

ザマークのバーコーナー バーコーナーのスナック類 冷蔵庫の中のドリンク類 冷凍庫△お酒・ソフトドリンクやスナックも充実

このように棚一面がバーコーナー状態になっていてかなりテンションが上がります。(もちろん見てるだけですが。笑)

お酒はもちろんのこと、目をみはるのがスナック類などのおつまみの充実度!これなら買い出しなんて必要ありませんよね。

なお、冷蔵庫の一番下は『冷凍庫』でした。間違えてジュースを入れてカチカチにしたのはここだけの秘密です。

ザマーク・クローゼット△クローゼット

最後にお部屋のクローゼットの中身。セーフティボックスを含め、この辺りはいつも通りですね。

 

ザマーク・洗面台△浴室・洗面台周り

お部屋に続いて浴室へ。洗面台周りも綺麗で・柔らかい色使いがなされていて非常におしゃれです。床もホテルロビーと同様のゼブラ模様。

ザマーク・アメニティ△洗面台周りのアメニティ

洗面台周りのアメニティはいたってシンプル&簡素。石鹸とフェイシャルローションに、写真は撮っていませんが銀の容器の中にコットンや綿棒などが収納されています。

なお、歯ブラシはありませんので注意してください。

ザマークのバスタブ△ザマーク・スタンダードルームのバスタブ

洗面台の反対には、海外では珍しいかなり深めのバスタブ。貯めればかなりゆったり浸かれそうです。

ザマーク・シャワー△シャワーブース

湯船につからずとも、シャワーでさっと済ませることも可能です。タイプはレインシャワーとハンドシャワーの2種類から選択できます。

オリジナルバスアメニティ△バスアメニティはザマークオリジナルのシャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュの3種類

ザマークのトイレ△トイレはごくごく普通

シャワーブースの反対側の奥地にはトイレが。独立したドアなどはありませんが、浴室入り口などからは死角になっていて特に気になりません。

記念日等のサービスは高級ホテルならでは

ザマークからのお祝いプレート

今回の宿泊、実は私たち夫婦にとってはちょっとした記念日にかかっていたんです。

そこで、渡航直前にホテルに連絡を入れておいたところ、お手紙とともにプレートとシャンパンのサービスがありました。

ボトルシャンパン

シャンパンはまさかのボトル。銘柄はビルカール・サルモン ブリュット・レゼルヴで、日本円で8,000円相当の1本です。

ビルカール・サルモン・ブリュット・レゼルヴは、リザーヴワインを40%使用。低温発酵による、繊細でありながら爽やかさと豊かな果実味を感じられる仕上がり。
伝統的なカーヴでの熟成により生まれる独自のハーモニーとバランスの良さ、軽快でふくよかな味わいがとても魅力です。

さすがに全部は飲みきれませんでしたが、思わぬサプライズに結構嬉しい気持ちになりました。1)最初に置いてあったプティフールを食べ損なったのはコレが出てきたから。恐らくターンダウンサービスの際に下げられた。

 

こういうことがあるからこそ、海外の場合はおまじない的に『記念日なんです』といった情報は伝えてみては?という派です。

もちろん、ハネムーンなんかは絶対的にマストだと思います。

ザ マーク(The Mark)ニューヨークの基本情報

  • 所在:Madison Ave at 77th Street, New York, NY 10075
  • TEL:(+1)212-744-4300
  • WEB:http://www.themarkhotel.com/
  • チェックイン/アウト:15:00~/~12:00
  • 設備・サービス:
    バー / ラウンジ、ビジネスセンター、フィットネスセンター、ツアー / チケット案内、レストラン、ドライクリーニング / ランドリーサービス、無料Wi-Fi、無料レンタサイクル…etc.

ザ マークは、マンハッタンのアッパーイーストサイドに位置。セントラルパークはほぼ隣接といって差し支えなく、また、メトロポリタン美術館やグッゲンハイム美術館も徒歩圏内になっています。

面白いのが無料のレンタサイクルがあるところ。タクシーの距離じゃないけど、徒歩移動には少し遠い時があるニューヨークでの街散策にうってつけですね。

ザマーク・バーコーナー△ザマークのバー/ラウンジ

ちなみにザ マークのバー/ラウンジはこんな感じ。今回利用はしませんでしたが、おしゃれでなんだかエロさもある非常にオトナな空間になっています。

ザ マークってNY旅行にどうなの?のホンネ

NY中心部からはやや遠い…かも

コンパクトなようでそうでもないニューヨークの街。

土地勘のないまま予約しましたが、実際に泊まると『NY中心部からはやや遠いかな?』というのが率直な感想です。

もちろん、メトロ(地下鉄)やバス路線にも近いので、慣れてくればあまり負担は感じませんが、目いっぱい・夜遅くまで遊びたいという方には少し不便かもしれません。

(ベルトラなどの)送迎サービスが使えない可能性に注意

旅行に行くときに悩むポイントの1つが到着時の空港⇔ホテル間の移動です。

ニューヨーク(JFK)とマンハッタン間は:

  1. 電車
  2. (外部の)乗り合い送迎サービス
  3. 定額タクシー

【費用の安さ的には:①>>②>③】の移動がポピュラーですが、ザ マークホテルが微妙に中心部から外れている2)正確にはマディソン地区?ため、(ベルトラなどの)送迎サービスが使えない可能性に注意してください。(依頼業者の条件をよく確認してください。)

実際私は当初②を使う予定でベルトラ経由で依頼しましたが、対象地区外ということでキャンセルされてしまいました。

結局泊まるだけならお手頃ホテルでも良いかな?(特にNY)

ただでさえホテル代が高いニューヨーク。

それも5つ星に泊まってみましたが、特に立地的な問題と施設をイマイチ満喫できない(しようともしていない)ことから、お手頃ホテルでも十分かな?というのがホンネです。

ともあれ、こういうのもイチイチ自分で試さないと・感じないと理解できないタチなので、個人的な経験としては文句がありません。

ホテル予約はポイントサイト経由を忘れずに!

ザマーク・ルームキー

海外旅行でのホテル手配は、マストなうえに費用も高額になりがち。

どうせ支払いが高額になるのであれば、こうした付帯費用もポイントサイトを経由させてポイントを漏らさずにゲットするようにしましょう。

今回私は予約時点で一番還元率の高かったGポイント経由でホテル予約サイトのエクスペディアを利用し、ザ マークを予約しました。

Gポイントについてはこちらの記事で詳しく紹介しています☆

Gポイントはマイラー必須サイト
Gポイントは、各種ポイントの中継役をさせながら、自身でポイントを稼ぐこともできるとってもマルチなサイトです。 とりわけ、ソラチカカードを使...

こうして還元させたポイントはまた再びマイル化。次の旅行への足しにとすることにしましょう。

   [ + ]

1. 最初に置いてあったプティフールを食べ損なったのはコレが出てきたから。恐らくターンダウンサービスの際に下げられた。
2. 正確にはマディソン地区?
マイルを爆発的に貯める”秘密”を覗いてみませんか? マイルを貯めて旅に出よう

『ビジネスクラスでハワイに行ったよ!』
『ファーストクラスに乗っちゃった!』

これはどこのお金持ちの話かって?
いえいえ、ごく平均的な会社員の一家に起きた出来事です。

ただ1つ違うのは、この家族が1年間に30万オーバーもの大量マイルを貯めて豪華な旅行を繰り返す『陸マイラー』であるというコト。

ー 30万マイルで出来ること -

  • 憧れのファーストクラスやビジネスクラスの利用
  • 年2回・夫婦2人でビジネスクラスを利用してハワイ旅行
  • 年1回・夫婦2人でファーストクラスを利用してニューヨーク旅行
  • 世界一周旅行
  • 年4回・家族4人で沖縄旅行
  • 年何回でも・日本全国どこへでも  …and more.

30万マイルがあれば、これだけの・これ以上のコトが自由に実行できるようになるんです。
もちろん、詐欺的行為や危ない事は一切なし。そして余計な出費もほとんどありません。

貯めにくい・貯まらない,それゆえ使えない!というイメージが先行しがちな『マイル』を誰にでもできる方法で爆発的に生み出し、贅沢する方法…

その秘密を、ちょっとだけ覗いてみませんか?

30万マイルの秘密を知る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

estaの申請

ESTAの申請方法は超カンタン!2018年最新・グループ申請対応|住所や勤務先な...

NY4日目の朝

ANAファーストクラス行くNY♡(4日目)MoMAと街ブラ&セントラルパーク

NO IMAGE

最新版!子宝・安産・縁結びで有名な伊香保神社の御朱印を確実にいただきたい方へ~場...

トランプホテルワイキキ

トランプワイキキで驚愕の間取り体験!トランプホテルのプレミアム・オーシャンビュー...

CAメディア

ANA客室乗務員のウラ話も!?CAネットワークから情報を発信する総合情報サイト:...

ハワイ旅行記4

【ANAビジネスクラスで行くハワイ♡3日目】ダイヤモンドヘッド登山と天国の海・ラ...