ソラチカルートがついに崩壊!ポイントサイト→東京メトロへの移行・交換終了でマイル交換率0.9倍の夢が終わる|これからのマイルの貯め方とは?

ソラチカルート崩壊

ソラチカカード(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB)は、ANAマイルを大量に貯めたい者にとって、絶対的に必要不可欠な存在のクレジットカード。

ポイントサイト→ANAマイル:0.9倍という破格の交換レートは本当に効果抜群ですし、これがなければ今のマイラーブームも無かったことでしょう。

ソラチカカード
重要!2018.3.31をもってソラチカルートは事実上消滅です! …が、まだまだ大量マイルをゲットする方法はきちんと存在しています☆ ...

 

しかし、それももう先の見えた存在。

2018年1月9日、各ポイント(中継)サイトは一斉にメトロポイントへの交換終了を発表。事実上の『ソラチカルート終了』が突き付けられた格好となりました。

 

本記事では、ソラチカルート崩壊に関する情報ならびに今後のANA陸マイラーの基本手段について確認していきたいと思います。

ソラチカルート:ポイントサイト→中継サイト→東京メトロ→ANA

ソラチカルート

ソラチカルートとは、ポイントサイト→中継サイト→東京メトロ→ANAマイルへと続く一連の交換ルートのこと。

マイラーであれば「今さら?」とも思える超基本知識ですよね。

 

ソラチカカードの保有によって東京メトロポイントを扱えるようになるのですが、注目されていた理由が「メトロ→ANAマイル」への驚異の移行レート0.9倍

これにより、ポイントサイトなどで貯めたポイントが無駄なくANAマイルに移行可能になっていました。

 

従来、ポイントを航空マイル化するにはレート0.5倍(半減)が当たり前。この状況下でのソラチカ0.9倍はもはやボーナスステージ?もしくは異常事態?とも呼べる状況だったんです。

 

 

ソラチカルート・ソラチカカードは、近頃のマイラーブームもあってさらに認知を広げ、利用者も増大。

『レート改悪が行われるのでは?マイルへの交換終了もあり得る?』というネガティブな噂が方々でささやかれていました。

ソラチカルート終了:.money・PeX・NetMile・Gpointなどが軒並みポイント交換停止へ

ポイント交換サイト→東京メトロへの交換停止

そんな折、これまたマイラーにとって必須のサイト:.money(ドットマネー)から衝撃的な発表がなされます。

 

ドットマネーと東京メトロの提携中止

「ドットマネー」との提携サービス終了について
平素はTo Me CARDをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
この度「ドットマネー」との提携サービスは、2018年3月31日をもちまして終了させていただくこととなりました。
つきましては、サービス終了日以降は、「ドットマネー」から「メトロポイント」へのポイント交換サービスはご利用いただけません。長らくご愛顧を賜りましたお客様には、サービスの終了によりご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申しあげます。これまでご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。
「ドットマネー」との提携サービス終了について:お知らせ一覧|東京メトロ To Me CARD

ソラチカルートの根幹ともいえる【中継サイト→東京メトロ】での交換終了。(大量交換の)道を断つという、交換倍率レート改悪以上の措置と言っても過言ではありません。

 

なお、ニュースで引用したのはドットマネーのものですが、その他ポイント(中継)サイト群であるPeX・NetMile・Gpointに関しても2018年3月31日をもって交換終了

これぞまさに『ソラチカルートの終了』です。

ANAマイラーが2018.3.31までにやるべきこと

ソラチカルート最終日

メトロポイントへの交換終了となるのは、2018年3月31日。

ANAマイラーがやるべきこととしては、「交換停止までに可能な限り東京メトロポイントを貯めておく」ことだと考えられます。

 

今回の措置はあくまで「ポイントサイト類からメトロポイントの入り口封鎖」。ゆえに、交換終了までに東京メトロポイントに移行しておくことで、有効期限の範囲内では0.9倍のレートを適用できるはずです。

 

なお、メトロポイントの有効期限は“毎年4月1日から翌年3月末日までの間に付与されたメトロポイントは、翌々年の3月末日まで有効です。”とのことなので、2018.3に付与された分についてが2019.3まで有効。

つまり、2018.1から起算して2019.3までは15か月ありますから、20,000メトロ×15=300,000メトロまで貯めこむことができそうです。

ANA VISAワイドゴールドカード:マイル還元率最大1.72%を目指している方はボーナスポイントをPeX経由でメトロへ移行するのもお忘れなく☆

ANA VISAワイドゴールドカードでマイル還元率1.72%
ANA VISAワイドゴールドカードは、少しの手間でANAマイルの還元率を最大で1.72%にまで高めることが可能な、ANAマイルを貯める方にとっ...

ANAマイルへ0.9倍の交換レートまで改悪の恐れもある

Unhappy
ここまで述べたメトロポイント貯め込み作戦もあくまで『ANAマイルへ0.9倍の交換レート』ありきのおはなし。

万が一交換レートまで改悪が及んだ場合、せっかくのポイントがムダになってしまう恐れもあります。

 

この辺りはかなり憶測の部類ですので、全力で貯めこんだ者が笑うか、警戒して早めにルート変更した者が笑うかは、現状全くわかりません。

 

なお、万が一ANAマイルへの交換停止という最悪の事態に陥れば、東京メトロポイントの交換先は楽天もしくはnanacoの2択となってしまいます。

ソラチカルート封鎖後のANAマイラー基本手段は『ANA VISA 0.6倍』と『Tポイント0.5倍』の2つ

新ソラチカルート

ソラチカルートが封鎖された後、ANAマイラーの基本手段は原則『ANA VISAカード:0.6倍』と『Tポイントルート:0.5倍』の2つに絞られていきます。

 

ANA VISAカード:0.6倍のルートは、ポイントサイト→PeX→ANA VISAワールドプレゼント→ANAマイル という一連の流れ。10,000円相当のポイントは6,000マイルへと変換されます。

 

Tポイントルート:0.5倍は、ポイントサイト→.money1)TポイントにはPeX経由でも移行可能ですが、手数料(50円相当)が発生するため基本的にはドットマネーを使う。→Tポイント→ANAマイル という一連の流れ。10,000円相当のポイントは、5,000マイルへと変換されます。

▽Tポイントルートについてはこちらの記事で詳しく解説しています☆

Tポイント→ANAマイル
ANAマイルを効率よく・爆発的に貯める手段といえば、ソラチカカード(正式名称:ANA ToMe PASMO JCB)を使ったソラチカルートが絶対...

 

ソラチカ0.9倍の破格レートと比べれば見劣りするにも程がありますが、かつての普通に戻っただけ…とも見て取れる状況。

クレジットカード決済に比べ、ポイントサイトを活用したマイル生成術は、元来より効率が良いですから、最低の0.5倍になっても悲観する必要は全くありません

LINEポイント0.81倍/nimocaルート:0.7倍は割愛します

LINEポイント/nimocaルート

実は、ソラチカルートが封鎖されたとしても、次点となる交換ルートは存在します。

 

1つ目は、LINEポイントを経由してメトロポイントへ至る方法。

こちらは理論上のマイル交換倍率が0.81倍となりますが、いかんせん交換ルートが複雑(に見えて)になっており、初心者には心理的ハードルが高いですよね。

合わせて、LINEポイントルートはメトロポイントありきのお話ですから、仮にメトロ→ANAの交換が不可能になれば、完全に“詰み”となってしまいます。

 

また、2つ目としてANA VISA nimocaカードを利用した通称ニモカルート:0.7倍という奥の手も存在しますが、享受できる対象者がかなり限られている2)ポイント交換機設置場所が九州(福岡・大分・熊本・宮崎)と北海道(函館)にしかない。ため、当ブログでは紹介いたしません。

家族2人なら1年でファーストクラスも可能

マイル交換倍率が悪くなっても、家族の協力を取り付ければいくらでも挽回可能。ANAカードファミリーマイルの仕組みを利用して家族のマイルを合算すれば、

  • 6か月で夫婦2人・ビジネスクラスでハワイへ3)ローシーズンを想定
  • 1年で夫婦2人・ファーストクラスでニューヨークへ4)北米レギュラーシーズンを想定

といったことも十分に可能です。

▽ANAカードファミリーマイルについてはこちらの記事で詳しく解説しています☆

ANAカードファミリーマイル
ANAカードファミリーマイルは、家族がそれぞれ貯めたマイルを、特典に交換する際に合算して利用できるサービス。 自分ひとりのマイルでは特典航...

0.5倍になってもマイル価値を高めて使えば十分にお得!

787 ANA
例えばANAマイルをファーストクラスに交換すると、1マイル当たりの価値は軽く15円を超えてきます。

ANAファーストクラスチケット
マイルは使い方に応じてその価値を自在に変える― 特典航空券を含め、実に多彩な交換先を選択できる航空マイルですが、交換するモノ・サービスによ...

 

Tポイントルートは、ポイントサイトの10,000pt(=1万円相当)を0.5倍の5,000マイルに交換。15円/マイルとすると、1万円相当のポイントは75,000円相当に化けることとなり、実に7.5倍もの高価値をたたき出すことになります。

ただの1万円が7.5万円に化ける…こんなことが可能なのは、航空マイルだけです。

 

なお、マイルがあるからこそ国際線ビジネスクラスやファーストクラスに乗れる…という考え方もできますね。

ANAビジネススタッガードシートの全体
ANAのビジネスクラスって本当に快適― とりわけ現在の主力機搭載機材の主流であるANAビジネススタッガード(BUSINESS STAGGE...
ANAファーストクラス搭乗券
ANAのファーストクラス… 泣く子も黙る国際線最上級クラスにこの私が乗(れ)ることになろうとは、以前の私には想像もつきませんでした。 ...

 

恐らく一般の会社員では非常に難しい上級クラスも、マイルがあれば簡単に利用できてしまいます。

まとめ

THUNDER!!!
実質的なソラチカルート封鎖発表は、ANAマイラー界にとってまさに青天の霹靂。予感はあったとはいえ、やはり改悪の衝撃は言葉にしがたいものがあります。

2018.3.31までは、東京メトロポイントを貯蓄するのが第一選択かと思いますが、のちの追加改悪を想像すると、貯めすぎも注意。

なお、今後のANAマイラー活動は『ANA VISA 0.6倍』と『Tポイント0.5倍』の2つがメインになっていきますが、それでもマイルを高価値で使うことができれば、これからも色あせない存在であることに間違いありません。

   [ + ]

1. TポイントにはPeX経由でも移行可能ですが、手数料(50円相当)が発生するため基本的にはドットマネーを使う。
2. ポイント交換機設置場所が九州(福岡・大分・熊本・宮崎)と北海道(函館)にしかない。
3. ローシーズンを想定
4. 北米レギュラーシーズンを想定
マイルを爆発的に貯める”秘密”を覗いてみませんか? マイルを貯めて旅に出よう

『ビジネスクラスでハワイに行ったよ!』
『ファーストクラスに乗っちゃった!』

これはどこのお金持ちの話かって?
いえいえ、ごく平均的な会社員の一家に起きた出来事です。

ただ1つ違うのは、この家族が1年間に30万オーバーもの大量マイルを貯めて豪華な旅行を繰り返す『陸マイラー』であるというコト。

ー 30万マイルで出来ること -

  • 憧れのファーストクラスやビジネスクラスの利用
  • 年2回・夫婦2人でビジネスクラスを利用してハワイ旅行
  • 年1回・夫婦2人でファーストクラスを利用してニューヨーク旅行
  • 世界一周旅行
  • 年4回・家族4人で沖縄旅行
  • 年何回でも・日本全国どこへでも  …and more.

30万マイルがあれば、これだけの・これ以上のコトが自由に実行できるようになるんです。
もちろん、詐欺的行為や危ない事は一切なし。そして余計な出費もほとんどありません。

貯めにくい・貯まらない,それゆえ使えない!というイメージが先行しがちな『マイル』を誰にでもできる方法で爆発的に生み出し、贅沢する方法…

その秘密を、ちょっとだけ覗いてみませんか?

30万マイルの秘密を知る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クレジットカード解約の戦い

クレジットカードの解約に手こずってしまったらコールセンターの『紛失』窓口を活用す...

DMM FX

DMM FXでの取引で大量ポイントをいただく!画像付きでFXトレード方法を詳しく...

ポイ探の全て

『ポイ探』は陸マイラー活動を快適にしてくれる便利サイト♪使い方・活用法を知って1...

FXで大損はしない

FXで大損?は心配無用!FXのキホンと3つの注意点を知って大量マイル獲得へつなげ...

united airlinesマイルとANAマイル

ユナイテッド航空のマイル⇔ANAマイル間を移行・合算する方法…ありません!貯める...

Gポイントはマイラー必須サイト

GポイントはANAマイルを貯める者が登録必須のポイント中継サイト!ANA VIS...