航空マイルをたーっぷり貯めて贅沢旅行したい陵マイラーブログ

ANAマイルdeうりと行くスカイ?

SFC修行

SFC修行中に起こったANAと私のコーヒー事件|ジンクスってこうやって生まれるのかな?

投稿日:

sfc修行中のanaとコーヒ事件

みなさんは『ジンクス』という言葉をご存知でしょうか。

イマドキはインターネットで検索すればすぐに答えが見つかりますが、それも面倒だぜ!という方に向けて以下にまとめておきますね。

因縁のように思う事柄。縁起。本来は縁起の悪い物事をいうが、近年では縁起の良い物事を言う場合もある。 「 -を破る」

ジンクス(ジンクス)とは - コトバンク

今では良い縁起の意味で用いられることも多いこの単語ですが、本来は『悪い予兆』を指すものです。

さて、スーパーフライヤーズカード(SFC)を目指して修行を行っているわたくしですが、実はここまでの道中、まさにジンクスと呼ぶべきものの誕生の瞬間を、身をもって感じることとなりました。

始まりはたった1杯のコーヒー

始まりは1杯のコーヒー

SFC修行を開始して間もなく、第3回目の修行日その日は訪れました。ANAブロンズステータスまでの記録・振り返りは以下の記事をぜひご覧ください。

www.uridayo.com

この日も始発で空港へと向かい、愛しのANAラウンジでモーニングビールを楽しみます。いつも通りの修行の日…この時まではそう思っていました。

第1レグもいつも通りの大阪・伊丹行きの732便。席はプレミアムクラスです。ANAプレミアムクラスは修行僧御用達のシートですが、修行目的以外であっても一度は体験していただきたい上質なサービスを味わえます。

www.uridayo.com

いつも通りプレミアムGOZENをいただき、スパークリングワイン→ビールと進めて、食事のトレーを下げていただく際にこれまたいつも通りコーヒーをお願いしました。

時空のはざまに消えたブラックコーヒー

時空に消えたコーヒー

ところが、5分経ち、10分経ち…いくら待っても私がオーダーしたコーヒーが現れる様子がありません。

CAさん『砂糖とミルクはいかがいたしますか?』
うり『結構です、ブラックでお願いします。』

確かにこんな会話までしたのにも関わらず…です。

 

仙台-伊丹は確かに短い区間ではありますが、バタバタすぎてコーヒー1杯が出せないほどではないだろうと思っていたのですが、そんなコトもあるのでしょうか。

根が小心者であること+超〜〜〜コーヒーが飲みたくて仕方がないというワケでもありませんでしたので、そのまま私は催促することなく、飛行機は着陸。降機しました。

思えばこの時のコーヒーがすべての始まりでした。

次々起こる『悪いコト』

こじつけでしょ?と言われてしまえばそれまでなんですが、このコーヒー事件を境に私の様子がだんだんとおかしくなっていきます。 

食べなきゃよかった『アンデルセン』

ボリュームタップリのアンデルセン

飛行機を降りた後から、『何となく体調が悪い…?』と感じるようになってきました。ですが、この日も伊丹空港でやりたいミッションであった、アメックスミールクーポン体験が控えています。

アメックスミールクーポンについてはもにもにたさん(id:monimonita333)が詳しく記事にしてくださっていますが、要するにAMEXゴールドカード以上を保有している飛行機搭乗予定者であれば、伊丹空港内の指定店にて、無料でお食事ができるクーポンがもらえるんです。

monimonita333.hatenablog.com

初めての利用時はカレーを食べたので、今回はアンデルセンというお店のモーニング的なものを食べようと考えていたんです。

 

…オーダーし、出てきてびっくり。自分の想像以上のボリュームでした。

普段の体調であれば全然問題ないレベルですが、すでにプレミアムGOZENでお腹が膨れている状況+えも言われぬキモチワルさが奏功し、完全に自分の容量をオーバーしていました。

ですがお残しは許されません。頑張って完食し、おみやげポテチを携えて退店。

この後はANAラウンジへと入りましたが、とてもお酒など飲む気になりません。
ぶっちゃけこの時だけは『もうおうち帰りたいよぉ…(;ω;)』となっていました。

私の席に知らないおばさまが鎮座

知らない女性が私のプレミアムクラスに鎮座

帰りたい気持ちを抑え、第2レグの沖縄・那覇行きに搭乗します。早く乗って早く座ろう…ダイヤモンドメンバーに次いで優先搭乗すると、私の席に知らないおばさまが鎮座されていました。

搭乗券と座席番号を再確認し、自分が間違えていないことを確信してお声がけします。悪い方ではなく、すみませんと言われながら席を交代しましたが。貴女の残した温もりが当時の私には十分なダメージを与えてくれました…

CAさんから受ける静電気攻撃

caさんから静電気攻撃

出発はほぼ定刻。離陸してほどなくすると配膳が始まりました。正直食欲はありませんが、絶対何も食べられない!というほどではありません。

CAさん『お飲み物はどうされますか?』
うり『温かい緑茶をください…』

後にも先にも、修行中に機内でアルコールを飲まなかったのはこの時だけ。私はとにかくカラダに優しい飲み物を欲していました。

 

ほどなくして緑茶を手に現れたCAさん。ありがとうございますと受け取ろうを手を伸ばした瞬間、パチーンと静電気が。

時期的に仕方がないこともありますが、このタイミングでくるか?という感じ。幸いにもカップを落としたりすることはありませんでしたが、静電気ってナチュラルに痛いじゃないですか。

元気な時なら『ご褒美か』くらいにしか思わないんですけどもね…

私のコーヒーはどうなりましたでしょうか?(2回目) 

また出てこなかったコーヒー

(わたしの体調不良によって)美味しく感じられないプレミアムGOZENを食べたあとは、しばらく目を閉じて那覇に早く到着することばかりを願っていました。

しばらく何もせずに安静にしていると、嬉しいことにだんだんと体調も回復してくるではないですか。

 

『これなら帰りまで大丈夫かな…』そんなことを考えながら、到着まであと40分程のところで、この機内最後の飲み物『コーヒー』をお願いしたんです…間違いなく…

が、なんと、またしても私のコーヒーが現れることはありませんでした。

 

1日に2回、プレミアムクラスで、頼んだコーヒーが出てこない…こんなことが起きるのって一体どれくらいの確率なんでしょう。

声が小さかった?いや確実にオーダーは通っていたはず…あの時は言えませんでしたが、私のコーヒーはどうなりましたでしょうか?

スッと引いていった体調の悪さ

那覇空港38a搭乗口

飛行機は無事に那覇へと着陸。第3レグの仙台行き出発時間まではあまり余裕がありませんから、お手洗いと一服を済ませ、すぐに搭乗口へと向かいます。

いつも安定の38Aからバスへと乗車。那覇はやっぱり暑いなぁなどと考えているうちに、ふと気づきます。

『アレ?体調戻った?』

さっきまで食欲も出ず、お酒も飲みたくなくなって完全にダメになっていたというのに、不思議と体調が回復しています。

 

那覇-仙台プレミアムクラスsabo

最終路線もプレミアムクラス。当然SABOが出ますが、スパークリングワインと共に、おいしくいただくことができました。

思い返せばすべての始まりは『コーヒー』。これが何かしらの影響をもたらしたとしか、現状では思い付きません。コーヒー忘れられジンクス誕生の瞬間です。

まとめ

ジンクスというのは、実はプラセボのようなものなのかもしれません。『こうなったらダメなパターン』と思い込むと、リアルがそれに引っ張られてしまうような気もちょっとします。

ですが、こんな経験をしてしまうとイヤでも考えてしまうもの。また再びこのようなことが起こらないことを願うばかりです…ということで、

ANAさん、コーヒー・ブラックで、今度こそお願いしまーす!

関連記事

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

-SFC修行

Copyright© ANAマイルdeうりと行くスカイ? , 2017 All Rights Reserved.