ポイントサイトを安心・快適に使いこなして大量マイルを手に入れる!~ポイント活動を始める前に備えておくべき5つのキホン~

ポイントサイトを安心して使う

ANAマイルの大量獲得に向け、いざポイントサイトに登録!ポイント案件申し込み!

・・と勢いよく進もうとしたものの、やれメールアドレスを登録しろだ、身分証明書のコピーを提出しろだ、銀行口座を登録しろだと、行動してめて気づく、やらなければならない事の多さにゲンナリしてしまう方もいらっしゃるかと思います。

また、ポイントサイト登録やポイント案件申し込みには個人情報の入力が必須ですので、『なんだか個人情報を自分でばらまいているのでは?』と不安になってくる場合もありますよね。

本記事では、そのような煩わしい作業・心配事を少しでも減らせるよう、経験に基づいて、ポイント活動を始める前に備えておくべき5つのキホンをご紹介していきます。

ポイントサイトって本当に安全なの?詐欺では?という疑問に対する答え

大量マイル獲得のため、ポイントサイトに登録しようと決意したものの、一番最初のうちはこの『ポイントサイトって本当に安全なの?詐欺じゃない?』という疑問がつきまといやすいと思います。

この疑問に対しては、明確に『安全です!』と1つの答えを出すことができます

ユーザーが貰う『ポイント』は提携企業の『広告宣伝費』から出ている

ポイントサイトの仕組み

ハピタスなどのポイントサイトからユーザーに付与されるポイントは、提携企業からの広告宣伝費が財源となっています。

お客さんが欲しい企業は、広告宣伝費を払い、ポイントサイトに広告の掲載を依頼します。ユーザーはポイントサイトの広告案件を見て、自分の欲しいサービス・商品を申し込みします。

ポイントサイトは、サイトを経由して申込を行ったユーザーに対し、提携企業からもらった広告宣伝費を財源に、ポイントを付与(還元)します。

  1. お客が欲しい提携企業
  2. 広告宣伝費が欲しいポイントサイト
  3. サービスが欲しいユーザー+ポイント還元

この3者すべてがハッピーになり、満足する結果になっていますよね。

特に注目すべきは我々ユーザーです。元々欲しいサービス・商品が手に入るうえ、現金としての価値もある『ポイント』をもらえており、二重にお得なんですね。

www.uridayo.com

ハピタスは陸マイラー最後の砦!大量ポイントの貯め方・攻略法を知って楽にマイルを貯めよう!

 

よく『ポイントサイトってネズミ講では?』と誤解している方がいますが、決してそんなことはありません。

ユーザー側が損をしたり、被害を負ったりすることはありませんし、健全な運用がなされています。

ポイントサイト利用の旨みを知ると、これまで直接申込をしていたのがバカらしくすら感じてきますよ?

ポイントサイト運営会社は適正な個人情報管理を行っている

基本的にポイントサイト運営会社は、法人として個人情報管理体制をしいたり、利用者・ユーザーの安心のため、プライバシーマークやISOを取得し、厳正な個人情報保護を図っています。

ユーザーから預かった個人情報を保護することは法人としての重要な責務ですから、サービスを使う側は過敏にならなくとも問題ありません

長年にわたって多くのユーザーが利用してきた実績がある

本ブログで紹介させていただくポイントサイトは、多くの陸マイラーやお小遣い稼ぎを行っている方に利用されていますし、インターネットで検索すれば、ポイント獲得実績のブログ記事などが星の数ほどヒットすると思います。

これが安全でなく、本質的に詐欺まがいのポイントサイトであれば、そもそも利用されているはずがありませんよね?

個人情報の漏えいや詐欺まがいの事象は起こるときは起こるという諦めの心構えも大事

ポイントサイトから個人情報が流出

ポイントサイト、そしてポイントサイトから申し込みしたポイント案件も、安心して利用したいというのはユーザーの誰しもが思う共通のモノです。

しかしながら、どんなにセキュリティを強固にしても、外部的な要因、内部的な要因どちらに対しても危険性というものは取り去れないというのが事実です。

 

つまり、個人情報の漏えいや詐欺まがいの事象が起こるときは起こるという一種の諦めの心構えもある意味大事になってきます。

これからあなたが行うことは、多額の出費をすることなく大量のマイルを貯めていくというローリスク・ハイリターンな行為です。ローであってもリスクは確実に存在します。

『どうせ』と言ってしまっては元も子もありませんが、この時代に完全に個人情報を提供することなく生きていくことは土台無理な話なのです。

ポイント活動を始める前に備えておくべき5つのキホン

ポイントサイトを快適に使うための基本

ポイントサイトって安全なの?というそもそもの疑問を解決したところで、本記事の本題である『ポイント活動を始める前に備えておくべき5つのキホン』について解説していきます。

冒頭でも記載しましたが、ポイントサイトの登録でも住所・氏名・年齢・電話番号・・という基本的な項目からメールアドレス、パスワードと多岐な入力項目を求められますし、ポイント案件の申し込みでもやっぱり住所・氏名・年齢・電話番号・・と同じ作業の繰り返しになります。

どうしても地道な作業が必要となる部分もあるのですが、ポイントサイト登録、ポイント案件申し込みで共通して必要となるモノで、安全で快適に使いこなすために準備しておくべつ5つの事柄についてご紹介していきます。

メールアドレスはGmailなどのフリーアドレスを用意する

gメールなどのフリーメール

ポイントサイト登録、そしてポイント案件申し込みの作業でほぼ100%必要となるメールアドレス。今や保有していない人などいないといっても過言ではありませんよね?

そのように普段使いしているメールアドレスをそのまま利用しても良いのですが、ポイントサイトまたはポイント案件専用のアドレスを1つ作ってしまうことをオススメします。

メールアドレスは携帯キャリアのものではなくPC・スマホで使用可能なものにする

今や保有していない人などいないといっても過言ではないメールアドレスですが、ドコモ・Softbank・auなど、携帯キャリアのアドレスは避けた方が無難です。

ポイントサイトの登録やポイント案件の申し込みでは、サイトへの仮登録後に、申込者へ届いたメールアドレス内に記載のURLをクリックすることで登録完了とするものが数多くあります。

携帯キャリアのメールアドレスは迷惑メール防止フィルタ機能が充実していて、このように外部のPCサイトアドレスから送信されてきたメールをスパム判定して迷惑フォルダに振り分けしたり、最悪の場合にはメール自体届かなくなったりする恐れがあります。

また、メールが届いた後に引き続き登録・申し込み作業が続く場合も多いので、PC・スマートフォンで受信・使用可能なメールアドレスを用意しましょう。

メールマガジン等不要なメールのヤマになることを避ける

登録するポイントサイトやポイント案件が増えてくると、それに伴ってメールマガジン等の不要メールが増加していきます。

初めからメールマガジン不要を選択できればよいのですが、GetMoney!(ゲットマネー)など、メルマガ受信が必須となってしまっているものもあります。

 

現在保有しているメールアドレスは普段使いするメインのアドレスでしょうから、不要なメルマガでメールボックスを汚してしまう前に、いっそ新しくポイントサイト専用のアドレスを作ってしまった方が無難なのです。

どうせメールアドレスの新規取得は無料ですしね。

免許証など身分証明書はスキャンしてデータ化しておく

免許証の画像データ

ポイントサイトでの大量ポイント獲得に欠かせないクレジットカードの新規発行、FX口座開設にあたっては、申し込み時に免許証などの身分証明書の提出が必須です。

提出時にはコピーを郵送する、FAXで送信などアナログな方法ももちろんありますが、手間や時間がかかりますし、煩わしいですよね。

 

最近では、本人確認書類の提出に電子ファイルアップロードの方法が使えるものが数多くあります。紙に印刷したり、コピーして郵送・・といった煩わしい作業を必要とせず、ただボタン1つクリックするだけで提出が完了する簡単な方法ですので、ぜひ有効活用しましょう。

 

自宅にスキャナーがない場合は、スマートフォンのカメラで免許証等を画像化して対応しましょう。撮影した画像は自分宛にメールで送り、PC側で保存をしておけば、いつでも対応可能です。

ちなみに、このように更新前に住所などの記載事項変更をしている場合には、オモテ面だけではなくウラ面も画像を用意しておきます。

マイナンバーカード・マイナンバー通知カードもスキャンしてデータ化しておく

マイナンバーカードの画像データ

免許証の話と重複する部分もありますが、本人確認書類としての提出用はもちろんのこと、FX口座開設・取引の申し込みにはマイナンバーカードまたはマイナンバー通知カードの提出が義務になっており、100%提出が求められます。

こちらについても同様に画像データをPC側に保存しておきましょう。

インターネット銀行口座を持っておく

インターネット口座

ポイント案件の利用時、特にFX口座開設・取引の申し込みやクレジットカードの新規発行申し込みにおいて、銀行口座登録が必須になる場合があります。

もちろん既存の普段使いしている銀行口座を登録しても良いのですが、地方銀行口座はインターネット登録に時間制限があったり、登録に時間がかかったりと何かと不便な場合があります。

そんな時に、大体のシステムに対応していて何にでも使えるインターネット銀行口座を1つもっておくと、スムーズに登録することができます。

個人的にオススメするのはジャパンネット銀行

既存のインターネット銀行口座を保有しているのであればそちらをお使いいただければ良いのですが、まったくなにもない方であれば、ジャパンネット銀行をオススメします。

ジャパンネット銀行口座はインターネットで取引できる様々なサービスに対応していますし、FX業者や証券会社等への入出金手数料が基本的に無料である場合が多いという絶大なメリットがあります。

ジャパンネット銀行は月1回までセブンATM入出金手数料が無料

銀行口座の使用で気になるのが入出金手数料ですが、ジャパンネット銀行は月1回までセブンATM入出金手数料が無料となります。

ほんのすこーしだけ手間にはなりますが、普段使いしている口座からある程度まとまった金額をあらかじめいれておけば、FX取引案件にもすぐ対応できますし、どうしてもお金が必要!となれば1回でまとめて出金してしまえばいいのです。

インターネット銀行口座を新規開設するのもポイントサイトから

せっかく新規で新規口座開設するのであれば、ポイントサイトを経由しない手はありません。

紹介したジャパンネット銀行の新規口座開設は、ハピタスであれば700ポイント*1(700円相当)を獲得できます。ソラチカルートを使えば630マイル。小さなことでも積みあがれば大きくなります。取りこぼしなく行きましょう。

パスワードは使い回さないようあらかじめ大量に作成しておく

ポイントサイトの登録(ポイント案件の利用でも)の際に間違いなく求められるのがパスワードの設定です。

セキュリティの関係上、パスワード類は他のサイトで使い回さないのが鉄則ではありますが、ポイントサイト登録やポイント案件利用時にその場で考えると、なんだか似通ったパスワードになってしまったり、面倒になって他のサイトと同じパスワードを設定してしまったりしまいます。

使い回しをしないよう、安全なパスワードをあらかじめ大量に作成しておく方法については以下の記事に詳しく記載していますので、ぜひ読んで、実践してみてください。

www.uridayo.com

コピペでOK!エクセルによるランダムなパスワードの作り方を知って安全なサイト登録を!

 

大事なことは、申し込み前に準備しておくこと。

事前に作成しておけば、ポイントサイトの登録時(ポイント案件の利用時)には適宜選んで使うだけの簡単なモノになります。

まとめ 

『ポイントサイトって怪しそう?大丈夫?』という疑問をもってしまうことは、初期の私を含め、誰にでも起こる普通のことです。

ですが、運営会社も法人としてきちんと体制整備を行っていますし、多くの方が長きに渡り使い続けてきた実績がありますから、安心してポイント活動に臨みましょう!

ポイントサイトの活動は、本記事で紹介した5つのキホン準備によってより、簡単・安心・快適なものになります!

関連記事  

www.uridayo.com

▽ポイント活動よりも最優先で行わないといけないのはソラチカカードの発行です!

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

*1:本記事執筆時点での情報です。お申し込みの際には、必ずご自身で還元ポイント数を確認してください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

自動車税もクレジットカードで支払いしてマイルを貯めよう!Yahoo!公金支払いを...

NO IMAGE

陸マイラーやお小遣い派が心がけるべきポイントサイト広告利用の適切なタイミングとは...

NO IMAGE

【ANAカードマイルプラス】ほんの少しの意識変革でマイル還元率アップ!その内容と...

NO IMAGE

クレジットカードが大得意!ちょびリッチを活用して大量マイルを獲得しよう!

NO IMAGE

マイル修行をダウンタウン浜田雅功さんもやっていた事実に衝撃!しっかしマイレージ修...

NO IMAGE

焦るな!ポイントサイトを経由したのに(予定)明細へ反映しない場合に確認すべき3つ...