皇居とラルクとお花見と|東京ステーションホテルに泊まる2017年春のお出かけ♪

2017ラニバーサリー

週末のこと。東京ドームで開催されたL’Arc~en~Ciel 25th L’Anniversary LIVEに参戦するため、2017年春のお出かけをしてまいりました♪

正直お天気は少し微妙でしたが、ちょうど桜がピークを迎えており、お外歩きも良い頃合い。かねてより行ってみたいと思っていた皇居見学ツアーにも参加できて、大満足の週末と相成りました。

皇居見学ツアーが土曜・事前申込なしでもOKになっていた

せっかくお上りするのに、行って帰ってでは何だか勿体ない。けれど、東京行ってどこか見に行こうかなぁと思っても、主要なランドマークなどは制覇済み。

さてどうしようかと思案していたところ、『皇居見学ツアー(正式名称:皇居一般参観)』が土曜日にも開催,また事前申込者だけでなく、当日参加でもOKとなったことを知り、これ幸いと行ってきました。

当日参加は整理券が必須!

皇居見学ツアー当日参加整理券

皇居一般参観の利便性が拡大したからといって、制限なしに受け入れる…というワケではありません。

(2)参観定員
参観定員は,各回500人程度(ただし,1団体50人まで)
当日受付による参観定員:各回300人程度(先着順。整理券を配布)
・事前申請手続による参観定員:各回200人程度

皇居一般参観の充実について – 宮内庁

このとおり、当日受付の場合には先着300人までであり、整理券の入手が必要となります。

 

公式サイト上に標記がありますが、整理券配布は午前の回分が8:30から、午前の回分が12:00からとなっております。

1組1枚ではなく、1人1枚ですので、その分さらに競争率があがります。ちなみに我々は12時ちょうどぐらいに整理券を貰いましたが、その時点ですでに120番台。

 

絶対に参加したい!という方は、事前申込をあらかじめ行っておくか、早めに整理券を取りに向かうのが良いですね。

皇居見学ツアーの様子

皇居見学ツアー・待機列

時間になったら整理券を携え、皇居は桔梗門の近くから伸びる列に並びます。細かくグループで区切られていきますが、最終的には数百人が一団となって見学を行います。

参加者に配布されるカード

身分証(免許証など)を提示して、参加者のカードを貰い門の中へ入って行きます。事前予約組と当日参加組は、カードの色が違っていましたね。

窓明館前で手荷物検査参観申込書を記載ツアー開始まで待機中中へ入ると、持ち物検査と参観申込書の記載を行い、ツアー開始までしばしの待機。待合スペースはかなりの広さで、座る場所も十分にあります。

ちなみにこの写真の左奥側には限定お土産ショップがあり、ものすごい混雑ぶりでした。

しかし、参加者の半分くらいが海外からいらした方々のようでびっくりしました。皇居って立派に観光地なんですねー。

ツアー開始時刻になると、外はあいにくの霧雨。ですが傘が必要なほどではないので、フードをかぶりながらの参加。今考えるとあまりよろしくないですが。笑

皇居・富士見櫓△富士見櫓。かつては本当に富士山が見えたらしいですが、今はどうなんでしょうね?

宮内庁庁舎△宮内庁庁舎も歴史ある外観。

宮殿の正面玄関△宮殿の正面玄関。公式な訪問がある際はここが入り口になるそうです。

宮殿東庭△宮殿東庭。一般参賀で天皇皇后両陛下や皇室の方々がお手振りをしている『あのおなじみ映像』の場所です。テレビなどで見るとすごい高い場所にいらっしゃるように見えますが、実はこんなに低い場所なんですね。

ちなみに、あのガラス張りのベランダは時期限定で設置するものらしいです。

皇居・二重橋△二重橋(正門鉄橋)を望みます。『二重橋』というのは、かつて建築技術が未熟だった時代、本当に橋の上に橋を架けてていたことに由来するそうです。

この撮影スポットですが、橋の欄干に寄ったりすることを禁止されているため、結構苦しい状態で撮るハメになります。

皇居・伏見櫓△橋のランプと伏見櫓

皇居・山下通り付近の桜は満開△皇居内・山下通り手前には美しい桜も。みなさん写真を撮っていました。

窓明館前まで戻って解散△スタート地点の窓明館まで戻ってきて終了!

皇居一般参観のコース

皇居一般参観・施設概要とルート

赤い点線のコースはトータルで1.5時間程度、歩行距離にして約2kmほどのツアーでしたが、やっぱり案内を聞きながら巡ると面白いですよねー。あっという間に終わってしまいました。

このあとはちょっとお買い物をしながらぶらぶらお散歩を楽しんで、一旦ホテルへ向かいます。

東京ステーションホテルで緊張する平民夫婦

東京ステーションホテルロゴ

『ちょっと良いホテルに泊まってみたい』

コレ、我々夫妻の最近の傾向なんですが、丁度いいタイミングで東京へ向かうことになったので、ここぞとばかりに『東京ステーションホテル』に泊まることにしてみました。

いやいやしかし、根が平民なもので、チェックイン待ちでソファを勧められたりだとか、小さな紙袋1つを『お荷物』とされて持っていただくとか、お部屋までご案内だとか、めっちゃ緊張するんですよねー。こうゆうのも慣れでしょうか。

旅館ではあるあるですが、洋なホテルでもお高めクラスはこんな感じなんですかね?

▽宿泊記はこちらの記事をぜひご覧になってみてください☆

東京ステーションホテル宿泊記
東京ステーションホテルは、東京駅丸の内側駅舎で営業されている100年超の歴史あるホテル。 長い歴史があるといっても、東京駅の顔ともいえる赤...

なお、お部屋のクラスは抑えめ…というか一番下の、視程ほぼゼロ部屋:クラシッククイーンにしました。

確かに眺望はゼロではありましたが、天井が高くてそこまで圧迫感のないお部屋でしたし、お高めホテルならでは?の贅沢な仕様に満足の滞在となりました。

アトリウムでの朝食、めっちゃおいしかったですし♪

いよいよお楽しみの『ラニバ』♡

東京ドーム・ラニバーサリーツアーラニバ=L’Arc~en~Ciel +Anniversary

ついに待ちに待ったこの日がやってきました!!! ホテルのチェックインを済ませ少し休んだら、一路東京ドームへと向かいます。東京ステーションホテルは駅直結なので、JR移動も楽ちん♪

ウワサによると、今回のライブチケットの応募は60万件もあったんだとか。そのうちの幸運な11万人が2日間にわたって東京ドームへ集結します。

25thラニバ・東京ドームの電光掲示板恐らく沢山のファンがいろいろ書いていらっしゃると思うので、ここでは深く言及しませんが、本当に行けて良かったですムフフ♡

なお、ライブの開演時間押し+規制退場のおかげで、なんだかんだでホテル戻りが23時ごろ。そこから館内探訪をキッチリ済ませたあたりが何とも我々らしいかなと思っています。

…ホテルで深夜徘徊するの楽しくないですか?

吉祥寺で楽しむお花見

井の頭公園・2017春明けて翌日。この日は共通の友人とお花見がてら会う約束をしていたので、吉祥寺まで足を伸ばしました。

正直、お天気はまぁヒドイもんです。笑

桜とボートたちと散った桜も美しいけれども、地元じゃないところで見る桜がなんか良い…というか、何とも言えない旅情的な気分も合わさって、すごく好きなんですよね。

とっても綺麗だけど、とっても儚い存在の桜の花を、見知らぬ場所で眺めている…こんな状況になんだかポワポワするんですよ、気持ちが。

気持ち悪いですか?すいません、私のブログなんで自由に書かせてください。笑

ローズベーカリーのドリップコーヒー

この後はランチしてからローズベーカリーというパン屋さん?カフェ?でお茶をしていたんですが、ドリップコーヒーが『ドリップされたまま』出てまいりまして、あまりのおしゃれ具合に少し困惑。

しかもこのカップ、取っ手がなく、まるで湯呑状態なんです。で、結構なみなみと注がれているので、あの…アレですよ。熱いんですね~。

『ゆっくり飲んでね♪』のメッセージと捉え、結構のんびりと会話を楽しんだのちに帰路へ。いやいや楽しい週末でした。

まとめ

新幹線・まい泉のお弁当とビール久々のプライベート東京お出かけは、皇居にラルクにお花見にと充実の時間を過ごすことができました。

宿泊先に選んだ東京ステーションホテルはさすがのクオリティで、満足できる滞在となりました。

今は飛行機・マイル一辺倒ですが、やっぱりお高めホテル良いですねー。

慣れてらっしゃる先輩方は『扱いが丁寧なだけよ♡』とおっしゃいますが、実際に体験しないと分からないことも多々。少しずつ開拓していきたいですね。

マイルを爆発的に貯める”秘密”を覗いてみませんか? マイルを貯めて旅に出よう

『ビジネスクラスでハワイに行ったよ!』
『ファーストクラスに乗っちゃった!』

これはどこのお金持ちの話かって?
いえいえ、ごく平均的な会社員の一家に起きた出来事です。

ただ1つ違うのは、この家族が1年間に30万オーバーもの大量マイルを貯めて豪華な旅行を繰り返す『陸マイラー』であるというコト。

ー 30万マイルで出来ること -

  • 憧れのファーストクラスやビジネスクラスの利用
  • 年2回・夫婦2人でビジネスクラスを利用してハワイ旅行
  • 年1回・夫婦2人でファーストクラスを利用してニューヨーク旅行
  • 世界一周旅行
  • 年4回・家族4人で沖縄旅行
  • 年何回でも・日本全国どこへでも  …and more.

30万マイルがあれば、これだけの・これ以上のコトが自由に実行できるようになるんです。
もちろん、詐欺的行為や危ない事は一切なし。そして余計な出費もほとんどありません。

貯めにくい・貯まらない,それゆえ使えない!というイメージが先行しがちな『マイル』を誰にでもできる方法で爆発的に生み出し、贅沢する方法…

その秘密を、ちょっとだけ覗いてみませんか?

30万マイルの秘密を知る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017石垣・那覇3日目

【ANAで行く沖縄・石垣2017♡3日目】沖縄の大正義『美ら海水族館』と古宇利島...

ベルトラ・ハワイ

ベルトラ(VELTRA)でお目当てだった評判の良いハワイオプショナルツアーの予約...

ダブルツリーbyヒルトン那覇

ダブルツリーbyヒルトン那覇は空港から・街へのアクセス抜群!値段もお手頃で那覇滞...

ハワイ初めてのレンタカー

ハワイで初めてのレンタカー|国際免許は?どこで借りる?気を付けることは?こんな疑...

ANAがA380豆乳を期にホノルへ自社ラウンジ設置へ

ANA・ハワイ旅の進化が止まらない!ホノルル空港に日系唯一の常設ファーストクラス...

東京ステーションホテル宿泊記

東京ステーションホテル宿泊記|眺望なし!?でもイイんです!クラシックコンフォート...