ジョバンニ(Giovanni’s)ガーリックシュリンプを味わって『ハズさない』ハワイB級グルメを♪

ジョバンニ・ハレイワ

ジョバンニガーリックシュリンプといえば、ハワイを紹介するブログや旅行雑誌にも頻繁に登場する定番のB級グルメですよね。初めてのハワイ旅行の我々にとって、ど定番のジョバンニのガーリックシュリンプは絶対に外せません。

本記事では、初めてのジョバンニ訪問記を綴ると同時に、行ってみてわかった『コレに気を付けろ!』なポイントをお送りいたします。

ジョバンニ(Giovanni’s)はカフク店とハレイワ店の2か所存在する

ジョバンニ・オアフ島内の店舗配置

ガーリックシュリンプで有名なジョバンニですが、ジョバンニ・カフク店(本店)とジョバンニ・ハレイワ店(2号店)というように、オアフ島内で店舗は2か所存在します。今回はジョバンニ・ハレイワ店(2号店)の方に訪問しました。

ジョバンニ・カフク店(本店)

<基本情報>


Google Mapからもわかるとおり、ジョバンニ・カフク店はオアフ島の北側・ワイキキのほぼ正反対に位置しており、車であってもワイキキから1.5時間程度は要すると思われます。本店マニアの我々ですが、この位置と旅程の関係から、ジョバンニ・カフク店は諦めました…次はぜひカフク店を訪れてみたいですね。

ジョバンニ・ハレイワ店(2号店)

<基本情報> 


Google Mapで見ると、ハレイワタウンの少し手前に存在しています。ジョバンニ・ハレイワ店はジョバンニ・カフク店に比べて位置的にも行きやすく、またノースショア・ハレイワタウン観光に絡めて現地ツアーなどでも盛り込まれています。

ジョバンニ・ハレイワ店の駐車場

我々は今回の旅の一部をレンタカーで行いましたので、車で行く方が気になる駐車場について少し触れてみたいと思います。

ハワイでのレンタカーについてはこちらの記事をぜひご覧になってみてくださいね。

www.uridayo.com

ハワイで初めてのレンタカー 国際免許は?どこで借りる?気を付けることは?こんな疑問に全て答えます!

ジョバンニ・ハレイワ店の所在地は、広場に屋台が立ち並んでいるような場所になります。駐車は屋台群の手前側に20台強程度*1可能です。

混雑すると満車の様相を呈することもありますが、客の回転が早いため、少し待てば停められるようになるのではないでしょうか。

我々の訪問は時間にして11:30頃。駐車スペースは大体埋まっていましたが、待つことなく止めることができました。

ジョバンニ・ハレイワ店にはお手洗い(トイレ)がありません!

ジョバンニは地図上での英語表記がGiovanni’s Shrimp Truckであることからも分かりますが、『店』といっても店舗ではなく、こうして屋台トラックが広場にあるだけです。この広場には他にも有名なガーリックシュリンプ屋さんが屋台トラックを並べていますが、トイレはありません

なぜお食事の話の前にこんな項目を入れたかと言えば、当時自分が死ぬほど焦っていたからです。笑 海外に行ってつくづく思うのが、『日本ってトイレ天国だなぁ』という点です。キレイかどうかは別としても、こうした場所には大概は整備されていますからねー。
焦っていては美味しいグルメが台無しになってしまいます。

ジョバンニ・ハレイワ店でお手洗い(トイレ)を利用したくなったらマクドナルドを活用する

広場と近隣のお店をのぞき込み、もはやこれまでかと思われた時現れたヒーローが、マクドナルドでした。

ジョバンニ・ハレイワ店のある広場から、道路をはさんでちょうど向かいにあるマクドナルド(画面上の左上の位置)の中にトイレがありますので、万が一の事態に備えて頭に入れておくとよいのではないでしょうか。

ただし、マクドナルドの入口には『当店利用以外の方のトイレの利用はお断りします』といった内容の張り紙がありますので、何か飲み物でも購入のうえでトイレ利用するのが良いのではないでしょうか。テイクアウトしていけば、ジョバンニのガーリックシュリンプと共にイケますしね。

ノースショアマーケットプレイスのトイレを利用する

ジョバンニ・ハレイワ店のある広場の通り(カメハメハ・ハイウェイ)を北に少し進むと、『ノースショアマーケットプレイス』というお店があり、ここでトイレを利用することができます。直線距離にして約600m、車の場合ならすぐに着いてしまいますね。

ここのトイレは比較的安全かつキレイでもあるそうですので、安心して利用することができそうです。

トイレの候補はたくさん頭に入れておいて損はないと思います。

ジョバンニ・ハレイワ店で味わうガーリックシュリンプは最高♡

ジョバンニのトラックに並ぶ人々

写真でしか見たことのなかった落書きだらけのトラック屋台のジョバンニが目の前に現れます。お昼時のせいか並んではいるものの、時間にして5分ほどの短いものに感じられました。

順番が来て、注文したのは一番ポピュラーなシュリンプスキャンピ(Shrimp Scampi)お値段は14ドルでした。

ジョバンニ・シュリンプスキャンピ

たっぷりのガーリックの香りが食欲をそそります。
エビは殻付きですし、油でギトギトですが、躊躇せずに手でいっちゃいます。

初めてのジョバンニガーリックシュリンプ、感想は『なにこれちょー美味いんですけどー!』に尽きました。これでもかとニンニクを効かせた濃いめの味付けが実に絶妙で、付け合わせ(付け合わせ?)のごはんもどんどん進みます。

唯一残念なのは、このガーリックシュリンプをビールと共に味わえないこと!運転手なので仕方がないんですけどね。ハワイの快適な気候、冷たいビール、熱いガーリックシュリンプ。最高じゃあないですか。

ジョバンニ・ハレイワ店に行く際の注意事項など

冒頭部でジョバンニ・ハレイワ店にはお手洗い(トイレ)がないという重要な注意事項を挙げましたがそれ以外にもモノ・ココロで備えておくべきポイントがあります。

ウェットティッシュは必携!

ウエットティッシュ

ジョバンニのガーリックシュリンプだけではありませんが、ウェットティッシュは間違いなくあった方が良いです。美味しく、夢中でガーリックシュリンプを頬張ったあとの手は油でベトベト・ニンニク臭のカタマリです。

ガーリックシュリンプを買った時のプレートに申し訳程度にナプキンが付いてきますが、個人的には全然足りません。手洗い可能であるという情報もあります(どこかで見たような気がします)が、板でふさがれたシンクがあるだけで、手洗いはできなさそうな雰囲気でした。

ウエットティッシュは、日本の100円ショップでトラベル用のミニサイズが簡単に手に入ります。旅行中のバッグに1つ忍ばせておくだけで、ガーリックシュリンプだけでなく、色んな場面で役に立ちますよ。

飛び回るハエとの戦いがある 

屋外の屋台ということもあいまってか、結構な数のハエさんが飛び回っておりますので、あらかじめ覚悟はしておきましょう。

ジョバンニのガーリックシュリンプは美味しいので、なるべくならゆっくり味わいたいのですが、ハエに負けるわけにはいきませんので、多少急ぎ足で食べることになるかもしれません。

食べ比べて改めてわかったジョバンニガーリックシュリンプの美味しさ

ブルーウォーターシュリンプのガーリックシュリンプ△ブルー・ウォーター・シュリンプのガーリックシュリンプ

食べ比べと言っても比較は1つだけですが、同じくハワイのガーリックシュリンプとして名前が挙がる、ブルー・ウォーター・シュリンプ のものを滞在中に食べる機会がありました。

感想としては、『美味しい。美味しいんだけど優しい!優しすぎる!我々が求めているのはガッツリ・濃厚ガーリックなんだ!』といった印象でした。個人的な好みもあると思うのですが、我々の場合は『ジョバンニ一択だね』というのが現状の共通認識です。

ガーリックシュリンプにはまる妻

ハワイでジョバンニのガーリックシュリンプを食べてからというもの、妻がすっかりガーリックシュリンプに憑りつかれてしまいました

cookpad.com

一応、ジョバンニ風ガーリックシュリンプのレシピはクックパッド等でも公開されており、『なんちゃって』ガーリックシュリンプは作れるようです。

 

家庭での自作ジョバンニには一度チャレンジしています。が、レシピ内容+αでニンニクを投入したものの、まだパンチが足りません。うーむ、今後も研究が必要なようです。というか、また行けばいいんですけどね。

ジョバンニのガーリックシュリンプソースは買える!

 

帰国し、インターネットで調べて分かった衝撃の事実。『カワイイは作れる♡』ばりのノリでお伝えしますが、ジョバンニのガーリックシュリンプソースは買えます。笑

個人的に試したことはまだありませんが、Amazonのカスタマーレビューでも結構な高評価になっていますし、研究のために一度試してみる価値はあるのかもしれません。

ジョバンニのガーリックシュリンプが日本で味わえる!?

こちらも帰国して、インターネットを調べて分かった衝撃の事実。ジョバンニのガーリックシュリンプが日本で食べられるようです。

東京の新宿歌舞伎町にある『アリービーチ』の方は現在休業中で、2017年1月、渋谷に再オープン予定のようですね。
東京近郊在住の方にはもしかするといいお話なのかもしれません。

giovannisshrimp.jp

2016年12月26日に、これまた東京・吉祥寺にジョバンニーズ(GIOVANNI’S)カフェ&ダイニング1号店がオープンしたとのこと。

めざましテレビの番組コーナーでも紹介されていましたが、お客様の感想も上々のようでした。(なお、お値段は本記事でも紹介したシュリンプ・スキャンピが1,500円とのことで、なんとなーく高い印象があります。)

www.fashion-press.net

とはいえ、やっぱりハワイ現地・あの気候で食べてこそのガーリックシュリンプ!という気がしないでもないですけどね。

関連記事 

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

 

www.uridayo.com

www.uridayo.com

*1:区画が切られているわけではないため、訪問時に見立てた数字となります。

 この記事へのコメント

  1. ryoshimokita より:

    自分も3年ぐらい前に初体験して、大感動しました!
    場所はハレイワでした!

  2. uriuridayo より:

    hicheeseさん
    コメントありがとうございます!
    ハレイワ!一緒ですね♪私、旅程上一度諦めかけたのですが、旅程から外さなくてよかったーと心から思っています^^

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ベルトラ(VELTRA)でお目当てだった評判の良いハワイオプショナルツアーの予約...

NO IMAGE

近頃のモリ・カケ政治劇場に対する30代イチ国民としての雑感:帰ってやっぱ日本サイ...

NO IMAGE

【ANAで行く沖縄・石垣2017♡3日目】沖縄の大正義『美ら海水族館』と古宇利島...

NO IMAGE

【ANAビジネスクラスで行くハワイ♡6日目】ついに最終日・またねホノルル!ただい...

NO IMAGE

【ANAビジネスクラスで行くハワイ♡1日目】エッグスンシングスのパンケーキとヤー...

NO IMAGE

ANAラウンジ国内線♪出発前のひとときをより快適にしてくれるANAラウンジ体験♡