ANA『いっしょにマイル割』で1名分の旅費が無料!特典航空券だけじゃないマイルの有効活用でお得な旅行を♪

いっしょにマイル割で家族旅行

ANAの『いっしょにマイル割』は、代表者が往復1万マイル・同行者が片道1万8千円を上限として航空券が取れる、ANAマイレージクラブ会員専用の運賃

いくつか利用条件が定まっているものの、いっしょにマイル割の使い方によっては、ペア・グループ旅行において、1名分のチケット代を実質的に無料とすることが可能な非常にお得なシステムです。

本記事では、いっしょにマイル割の基礎知識から、1名分の旅費がタダの考え方、そして旅割・特典航空券と比べた場合のお得度について解説いたします。

考え方によっては、特典航空券を使うよりメリットがありますよ。

いっしょにマイル割の基礎知識:マイルと現金を併用したお得な特典航空券

いっしょにマイル割の基本条件

ANAいっしょにマイル割と聞いてもなんだかピンとこない…という方が多数だと思いますので、メインディッシュのお話の前に、いっしょにマイル割の基礎知識・利用条件について確認していきましょう。

いっしょにマイル割の利用条件

① ANAマイレージクラブ(AMC)会員を含む2名以上4名までのグループで同一便に搭乗・同一区間の往復の場合
② AMC会員本人(1名のみ)は往復10,000マイル、同行者は往復21,000円~36,000円*1で利用可能
③ ANAウェブサイト(PC・スマートフォン)での予約・購入が必要

運賃のご利用条件│航空券│ANA国内線

ANA公式Webサイトよりいっしょにマイル割の利用条件(3点)を一部引用してきました。

ザックリと言えば、いっしょにマイル割は、グループで旅行する際に、マイルと現金を併用して、お得なチケットを取ることができるシステムと言うことができますね。

ただ、このまま字面を眺めていても、『果たして自分にどんなメリットがあるの?』という点については少々わかりづらいもの。

そこで、いっしょにマイル割の根幹である②の利用条件について掘り下げて見てみますね。

代表者:どこでも往復1万マイル,同行者:旅行直前まで旅割同等の運賃で予約可能

いっしょにマイル割で注目すべきはやはり、代表者はどこでも往復1万マイル・同行者は往復最大3万6千円で航空券を取得することが可能であるという点です。

 

どこでも往復1万マイルの破壊力

通常、ANA国内線の特典航空券を取得する場合には、片道最低5,000マイルが必要です。特典航空券に必要なマイルは、区間基本マイレージ*2(とシーズン)によって変わり、基本的には遠くへ行けば行くほどたくさんのマイルが必要になります。

www.ana.co.jp

 

ana国内線特典航空券必要マイルチャート抜粋

例えば、東京(羽田・成田)から5,000マイルで行けるのは【秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪】などの近距離圏のみに限られます。

ところが、いっしょにマイル割であればどこでも往復一律1万マイル!普通の特典航空券なら東京-沖縄(那覇)で往復14,000マイル要するところですが、4千マイルもお得にチケットを取得することができるんですね。

私のベースである仙台起点で考えると、仙台-那覇の往復で7,000マイルの節約(!)*3浮いた分でどこか特典航空券を発券できるくらいのお得さです。

 

出発の4日前まで旅割同等の運賃で買える

通常の場合であれば、航空券の値段は出発が近づくにつれて価格が上昇していきます。各種割引運賃も、旅割75→55→45…特割3→1と、搭乗したい日の直前になればなるほど、高い値段で購入しなければいけません。

一方、いっしょにマイル割の場合には、あらかじめ運賃が定まっている上、その価格も旅割75+α程度の運賃に抑えられています。

*「いっしょにマイル割」の設定期間・運賃表は、公式サイトから確認することができます⇒ https://www.ana.co.jp/book-plan/fare/domestic/issyoni/

 

しかも、いっしょにマイル割の予約・購入は往路出発の4日前まで可能ですから、空席さえあれば大変お得なチケットを手に入れることが可能です。

このように、いっしょにマイル割の仕組みは、『マイルで飛ぶ人』『現金で飛ぶ人』両方がお得に旅行をすることのできる、大変うれしいシステムなんですね。

いっしょにマイル割で1名分の旅費がタダ!の考え方

いっしょにマイル割で1名分無料

ただでさえお得ないっしょにマイル割の運賃ですが、場合によっては、ANAマイレージクラブ会員1名(マイルを使う代表者)の旅費が実質的に無料となります。

ここからは、家族4人(父・母・兄・妹)で、東京(羽田)から3泊4日の沖縄旅行を検討していると仮定し、解説していきますね。

同行者(家族)はフライトマイルが得られる

いっしょにマイル割を使って旅行を行った場合、同行者は現金で飛行機に乗るため、それぞれにフライトマイルが積算されます。*4それぞれの路線・利用運賃・ステータスごとによるフライトマイルは、ANAフライトマイルシミュレーションで確認することができます。

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

 

羽田-那覇のフライトマイルシュミレーション

いっしょにマイル割の場合、利用運賃は7が適用されます。ここから、利用カード:ANAマイレージクラブカード(一般)として羽田-那覇間で得られるフライトマイルを計算すると、片道811マイルとなりました。

もちろん旅程は往復ですから×2となり、マイルを使って飛ぶ父以外の3人がそれぞれ往復1,622マイルを獲得する計算です。

なお、家族が獲得したマイルは、ANAカードファミリーマイルの仕組みを使い、代表者(=父)に集めることが可能です。*5

ホテル予約をポイントサイト経由で行う=ソラチカルートでマイルをゲットできる

いっしょにマイル割を使った旅行にはホテルが付いていませんから、当然自己手配が必要になります。この時、ホテルの予約をポイントサイトを経由して行うことで、マイルの原資となるポイントをゲットすることができます。

例えば過去記事で紹介した『エクスペディア利用で6%還元』を例にしてみます。

www.uridayo.com

 

1名・1泊を10,000円と仮定すると、ホテルの料金は10,000×4人×3泊=120,000円。
これの6%*6がポイント還元されますから、120,000円×6%=7,200ポイントの計算です。

このポイントを、ANA陸マイラーの黄金ルート:ソラチカルートで交換していくと、最終的に0.9倍でANAマイル化できますから、7,200ポイント×0.9倍=6,480マイルとなります。

ソラチカカードを持っていないあなたが逃す年間216,000もの大量ANAマイル|まだ知らずに損し続けるの?

 

なお、当然ながらこの案件を利用するためにはハピタスへの登録が必須!陸マイラーはもちろん、お小遣い稼ぎにもまず最初はハピタスを選んでおくのが正解です。

ハピタスは陸マイラー最後の砦!大量ポイントの貯め方・攻略法を知って楽にマイルを貯めよう!

フライトマイル+ポイント変換マイルで1万マイル超えのバック=代表者分が実質無料! 

 

フライトマイル

(羽田那覇往復)

ホテル予約

ポイント

父(うり太)

0

7,200

母(うり美)

1,622

兄(うり次)

1,622

妹(うり子)

1,622

小計

4,866

7,200

ANAマイル変換

4,866

6,480

ANAマイル 合計

11,346

前項2つの計算結果を表に表すと、フライトマイルとポイントを変換して獲得したマイルを合わせて、約11,000もの大量マイルが獲得できることがわかりました。

いっしょにマイル割で代表者が払うマイルは1万マイルですから、払った分がそっくりそのままバックされてきたカタチです。

また、本例の場合、ホテルの宿泊費単価を1万円としていましたが、これが例えば2万,3万…となれば、それだけ獲得できるマイルも増加します。

以上から、ホテル宿泊を伴う場合、いっしょにマイル割を使うと1名分の旅費を実質無料とすることが可能と言えるのです。

いっしょにマイル割?それとも旅割?やっぱり正攻法で特典航空券?

1名分の旅費が実質的に無料となる『いっしょにマイル割』ですが、マイルを使わず普通に旅割で予約する方法,はたまた、正攻法で特典航空券を狙い、出費をゼロにする方法と比べて、いったいどれが一番お得で有効なのでしょうか。

こちらについても確認していきましょう。

旅割利用の場合:もらえるマイルは増えるが出費増 

 

航空券代

(円)

フライトマイル

(羽田那覇往復)

ホテル予約

ポイント

父(うり太)

41,980

1,622

7,200

母(うり美)

41,980

1,622

兄(うり次)

41,980

1,622

妹(うり子)

41,980

1,622

小計

167,920

6,488

7,200

ANAマイル変換

6,488

6,480

ANAマイル 合計

12,968

家族4人分、すべての往復航空券を旅割75で購入したと仮定します。本記事執筆時点で値段を調べると、7/20~7/23の羽田-那覇往復では、1名あたり41,980円となりました。
父の分も現金で買った航空券ですから、他の家族同様にマイルが積算されます。

この場合で確認すると、航空券代総費用が約17万円で、獲得マイルは約13,000。父がチケットを買った分、もらえるマイルは増えましたが、同時に出費も増加しています、

ANA国内線特典航空券の場合:必要マイル数が大きくトータルでマイナスに!

 

必要マイル数

フライトマイル

(羽田那覇往復)

ホテル予約

ポイント

父(うり太)

14,000

0

7,200

母(うり美)

14,000

0

兄(うり次)

14,000

0

妹(うり子)

14,000

0

小計

56,000

0

7,200

ANAマイル変換

0

6,480

ANAマイル 合計

6,480

家族4人分、すべての往復航空券を特典航空券で予約したと仮定します。羽田-那覇往復の特典航空券に必要なマイルは1名あたり14,000マイル*7家族4人では56,000マイルが必要になります。

特典航空券でフライトした場合、現金支出がない代わり、ANAマイルは積算されませんから、フライトマイルはみんな0

そのため、必要マイル数に対し獲得マイルが大きく不足しますから、トータルではマイナスになってしまいます。

いっしょにマイル割の場合:1名分の航空券代無料かつトータル費用も安い! 

 

航空券代

(円)

フライトマイル

(羽田那覇往復)

ホテル予約

ポイント

父(うり太)

0

0

7,200

母(うり美)

36,000

1,622

兄(うり次)

36,000

1,622

妹(うり子)

36,000

1,622

小計

108,000

4,866

7,200

ANAマイル変換

4,866

6,480

ANAマイル 合計

11,346

 

いっしょにマイル割の場合は、代表者1名が1万マイルを払い、同行者は現金でチケットを購入します。しかし、同行者は片道上限18,000円、往復36,000円で購入できますから、トータルの現金支出は108,000円で済んでしまいました。

加えて、宿泊予約ポイント分のマイルを考慮して、1名分が無料ですから、すべて旅割で予約した場合に比べ、約6万円もお得になっていますよね。

このように、現金支出をなるべく減らせるマイルのお得な使い方として、いっしょにマイル割は非常にお得で有効であるといえます。

1マイルの価値を考えた場合にも優秀

マイルをお得に使える(た)かの指標として、『マイル単価』という指標がよく使われ、1マイルが何円相当になったかで表されます。

父(うり太)の場合で考えると、10,000マイルで41,980円の旅割チケットを買えたことから、マイル単価は41,980円/10,000マイル≒4.2円/マイルとなります。

普通、1マイルは2円の価値があると言われますから、うり太はマイルを2倍以上の価値で使うことに成功したワケですね。

いっしょにマイル割を使う時の注意事項:乗り継ぎ予約不可+要即時決済+原則変更不可

いっしょにマイル割はいいコトづくめのシステム。
ここまでの解説でこのように感じてしまいますが、お得なウラには気をつけなくてはいけない罠が潜んでいるんです。

そこで、いっしょにマイル割で特に注意すべき点を書き出していきますから、一緒に確認していきましょう。

www.ana.co.jp

乗り継ぎの予約は不可! 

いっしょにマイル割を使う場合、乗り継ぎを伴う経路での予約は不可となっています。これは通常の特典航空券のルールと同じですが、直行便がない場合(例えば仙台空港-石垣空港など)の場合には、

【別予約】仙台空港⇔中部空港/【いっしょにマイル割】中部空港⇔石垣空港

のように、2区間に分けた予約が必要となります。

別予約により追加費用が発生しますから、このような旅程となる場合には全体のコストを再計算する必要があります。

支払い期限は予約日当日!

通常、航空券を予約すると、概ね2日程度で購入・支払を行う必要があります。わずかですがそこにはきっちり猶予があるんですね。

ところがいっしょにマイル割の場合には、予約を行ったその日に支払いを済ませる必要があります

つまり、キッチリと旅程・参加人数を確定させて予約する必要があるんです。

原則変更不可でキャンセル時にマイルは戻ってこない!

いっしょにマイル割では、原則的に名義や予約の変更はできません。しかも、万が一旅行の予定が無くなり、キャンセルせざるを得ない場合、代表者の1万マイルは戻ってきません。(なお、同行者の航空券代は所定の手数料を差し引いてバックされます。)

さながらキャンセル手数料1万マイル…これはなかなか痛いですから、注意が必要です。

まとめ

ANAいっしょにマイル割は、使い方によって1名分の旅費を無料にすることが可能な、非常にお得なシステムです。

旅割などの早期割引運賃を使うよりも、トータルで現金支出を抑えられ、マイルの使い方としても優秀であるといえます。

ただし、予約とキャンセル時に特に注意すべき点がありますから、ご自身の場合でしっかり検証しながら、利用を考えてみてくださいね。

関連記事

*1:一部の路線は15,000円~19,000円

*2:発着空港間の距離

*3:ローシーズン往復に必要なマイルが17,000のところ、いっしょにマイル割であれば1万マイルで往復可能となるため。

*4:マイルを使って飛ぶ代表者にはフライトマイルは積算されない。

*5:ただし、ANAカードファミリーマイルを使っていっしょにマイル割の予約を行うことはできない。(家族分のマイルを集めて1万マイルではなく、あくまで代表者が単独で1万マイル以上を保有している必要がある)

*6:計算を簡単にするため、過去記事どおりの6.1%ではなく『6%』とする。

*7:シーズンによって変動あり。詳細は必要マイルチャートを確認のこと。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ANA旅作・@レンタカーでニッポンレンタカーを予約したらWEBチェックインを忘れ...

NO IMAGE

ホノルルのユナイテッドクラブラウンジは決して期待しない方がいいなんちゃって国際線...

NO IMAGE

皇居とラルクとお花見と|東京ステーションホテルに泊まる2017年春のお出かけ♪

NO IMAGE

【ANAで行く沖縄・石垣2017♡4日目】ゆいレールで那覇・首里城&エンダー(A...

NO IMAGE

【ANAビジネスクラスで行くハワイ♡6日目】ついに最終日・またねホノルル!ただい...

NO IMAGE

ANAのマイルを特典航空券に交換したらいったいどこへ行ける?乗り換えなしで初心者...