ANAアメックス(ANAアメリカン・エキスプレス・カード)のメリット・デメリットまとめ

ANAアメリカン・エキスプレスカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードというクレジットカード。

通称「ANAアメックス」と呼ばれるこのカードは、ANA(全日空)とアメリカン・エキスプレスが提携して発行しているANAカードです。

ANAの航空系特典とAMEXのトラベル&エンターテイメント特典が融合かつ充実しており、空に地上にと高い満足感を得られる一枚になっています。

本記事では、ANAアメックスのメリット・デメリット,お得な使い方からその他ANAカードとの比較についてまとめています。

ANAアメックス公式サイトはこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのメリット

ANAアメックス基本情報の前に、早速保有のメリットを確認していくことにしましょう。

そこらの一般カードとは一線を画し、さすがANAアメリカン・エキスプレス・カードと思わせる特徴がここにあります。

還元率1%でお得にANAマイルを貯められる!

ANAマイレージクラブ

ANAアメックスカードは、決済利用でメンバーシップ・リワードポイントが貯まります。

 

付与基準は100円につき1ポイントで、貯めたポイントは1,000ポイント単位でANA1,000マイルに移行可能。

マイル還元率は1%となります。

 

なお、NHK受信料、UNICEFはポイント対象外。

また、下記に示す一部の地域の電力・ガス・水道などの公共料金はの支払いは、200円につき1ポイントの付与となります。

  • 電力料金:北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・・北陸電力・関西電力・中国電力・九州電力・沖縄電力
  • ガス料金:北海道ガス・京葉ガス・東京ガス・東邦ガス・広島ガス・西部ガス・長野都市ガス・大阪ガス
  • 水道料金:札幌市水道局・東京都水道局・武蔵野市水道部・横浜市水道局・長崎市上下水道局・大阪市水道局
  • 社会保険料・税金:国民年金保険料・国税・東京都税・大阪府自動車税・愛知県自動車税・その他税金・公金
  • 寄附:ふるさと納税(Yahoo!公金支払いは通常通り100円=1pt)

なお、1件の決済ごと、100円未満の端数は切り捨て処理され、ポイント付与の対象外となります。

 

ANAアメックスポイント移行コース

ANAアメックスのメンバーシップ・リワードポイントをANAマイルに移行するためには、『ポイント移行コース』への登録が必要になります。(参加費6,000円+消費税/年)

なお、ポイント移行コースは1年ごとの自動更新。登録期間中は、通常3年のポイント有効期限がナシとなります。

 

参加登録費用は発生するものの、有効期限を気にせずポイントを大きく貯め、任意のタイミングでマイルに移行すれば、無駄なく特典航空券などに交換して活用できますね。

 

ANAマイル以外にも、アメリカン・エキスプレスのメンバーシップ・リワードのアイテム(商品類)と交換することも可能です。

しかしながら、交換レート・交換先の価値を勘案すると還元率は正直イマイチ。ANAアメリカン・エキスプレス・カードをメインにする場合は、ANAマイルへ交換していくのがベストです。

マイルの有効期限とポイント移行コース登録費の節約方法

ANAアメックスの移行コース会費節約

ポイント移行コースは、ポイントの有効期間を無期限にするというメリットがありますが、年間6,000円+税はちょっと高め。

なるべくなら節約したいところですが、マイルの有効期限と合わせて考えることで、コストを抑えることが可能になります。

  • カードのポイントの有効期間は3年
  • マイルの有効期限は、移行完了月から3年後(36ヶ月後)の月末

つまり、カードポイントの有効期限が切れるギリギリで「ポイント移行コース」に登録し、ANAマイルへ交換…を繰り返していくことで、コース参加費を3年に1回(1年あたり2,000円0+税)に抑えることができるんです。

こうすれば、移行後のマイル有効期間も実質的に合計6年間あることになり、お得かつより大きくマイルを集めることが可能になるんですね。

ANAグループ利用で合計2.5%のマイルを獲得可能

ANA便搭乗で2.5%

ANAアメックスカードを利用してANA航空券、旅行商品、機内販売品などを購入すると、ポイントが通常の1.5倍で付与されます。この時点でマイル還元率は1.5%ですね。

ANA一般カードシリーズ中でANA航空券購入にかかるポイントアップがあるのは、ANAアメックスのみです。

 

更にANAカードマイルプラス特典で、クレジットカードのポイントとは“別に”1%のマイルも得られるので、ANAグループでのマイル還元率は合計2.5%にもなるんです。

 

なお、これらはANAアメックスカードで決済した場合が対象。旅行会社での予約・購入分、各空港の貨物カウンターでの航空貨物運賃のお支払いなどの一部対象外がある点についてはご留意ください。

ANAカードマイルプラスでマイル付与率が1.5%~2%

ANAカード特約店となる「ANAカードマイルプラス」の提携店・対象商品の利用においては、決済金額100円または200円(税込)につき1マイルのボーナスマイルが積算されます。

マイルプラスが凄いのは、このボーナスの他に、通常のクレジットカード利用による1%のポイント付与もなされること。最終的な合計のマイル還元率は1.5%~2%にもなるんです。

 

ANAカードマイルプラスの店舗・サービス一覧は以下の記事のとおり。

セブンイレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシなど、普段使いするお店も沢山あってお得です。

▽ANAカードマイルプラスについてはこちらの記事で徹底的に解説しています☆

ANAカードマイルプラス
ANAのマイル利用明細にひっそりと計上されている『ANAカードマイルプラス』 ANAマイレージクラブ(AMC)会員で、ANAクレジットカー...

 

ANAマイレージクラブ提携パートナーの利用でもマイルが貯まり、ジャンルはホテル,レンタカー,タクシー,ネットショッピング,グルメ,車検など非常に幅広いものになっています。

 

ANAカードマイルプラスの積算

ボーナスが加算されるのは毎月の半ば過ぎ。忘れた頃に増えていると、なんだかちょっぴり嬉しくもなりますよね。

キャンペーンも見逃せない

ANAカードマイルプラスでは、時々マイル付与率アップのキャンペーンを実施することがあるんです。

以前の例だと、セブン-イレブン・イトーヨーカドーの対象店舗でクレジット決済した場合に200円(税込)=2マイルと、通常の2倍の還元というものがありました。

生活する上での小さな出費もお得に変えることができ、大変お得です。

ボーナスポイント・パートナーズで最大10%の還元

ボーナスポイントパートナーズ

アメックスのポイントプログラムであるメンバーシップ・リワードには、『ボーナスポイント・パートナーズ』という制度があります。

プログラムを利用するための事前登録は必要なく、本記事でご紹介しているANAアメックスカードも対象です。

 

ボーナスポイント・パートナーズでは、提携店でANAアメリカン・エキスプレス・カードを利用する度に、ポイントが通常より多く貯まっていきます。

 

ポイント付与率は100円あたり2ポイント,3ポイント,5ポイント,10ポイントの4種類がありますが、10ポイントなら実に10倍。

マイル還元率に直せば最大10%という驚異的な数字となります。

 

提携店の一例はこちらの表をご参考になさってください。

店名 ポイント マイル付与率
高島屋オンラインストア 2倍 2%
Oisix (おいしっくす) 2倍 2%
アルマーニ リストランテ銀座 2倍 2%
ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 2倍 2%
アイシティ 渋谷駅前・新宿・池袋店 5倍 5%
FLYMEe (フライミー) 5倍 5%
たかの友梨ビューティクリニック 2倍 2%
Z会通信教育 2倍 2%
神戸牛懐石511 3倍 3%
HIGASHI-YAMA Tokyo 2倍 2%

Edyマイルプラス・AMCモバイルプラスで楽天Edyが高還元

ANAカードに標準搭載されている電子マネー『楽天Edy』を使うと、200円あたり1マイルが獲得でき、マイル還元率は0.5%となります。

なお、おサイフケータイでも同様にANAマイルを貯める設定が可能です。

 

また、楽天Edyには『Edyマイルプラス』という制度があり、対象店舗で楽天Edy支払いをすると、通常の2倍(200円あたりANA2マイル)のマイルを獲得できます。

対象となる店舗は▽こちら▽のステッカーが目印です。
edyマイルプラスロゴ

Edyマイルプラス対象店は以下のとおりです:
ニッポンレンタカー,紀伊國屋書店,大丸・福岡天神店,沖縄ファミリーマート,ビッグエコー,コロプラ,エスカ地下街(名古屋駅新幹線口),アネックス(名古屋栄キタ),マツモトキヨシ,はるやま商事グループ,にぎりの徳兵衛,ホテルリブマックス

ANAマイレージクラブモバイルプラスでさらに還元率アップ

AMCモバイルプラス

ANAマイレージクラブ会員(AMC会員)は『ANAマイレージクラブモバイルプラス』というシステムに加入できます。

登録は有料ですが、楽天Edyの利用がさらに高還元になるんです。

  • 利用対象:ドコモ・au・ソフトバンク回線契約者
  • 会費:毎月300円(+税)(年間で3,600円(+税))
  • 支払方法:SPモード決済(コンテンツ決済サービス)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い

ANAマイレージクラブモバイルプラスに入会すると、楽天Edyの利用で得られるANAマイルが3倍(200円あたりANA3マイル)獲得でき、マイル還元率は1.5%にまで上昇します。

さらにさらに、Edyマイルプラス対象店舗であれば200円あたりANA4マイルが貯まり、最終的なマイル還元率が2%となります。

 

AMCモバイルプラスクーポン

その他、モバイルプラス加入のメリットとしては以下が挙げられます。

  • ANA国内線「旅割」が一般販売より2日早く予約・購入可能
  • ANAオリジナルの壁紙などの限定コンテンツ
  • コーヒー1日1杯無料1)羽田空港第2ターミナル内 ANA FESTA 対象店舗
    1,000円(税別)以上の購入で対象。【対象店舗】ANA FESTA60番,59番,52番ゲートフード店(※52番はアイスコーヒーのみ),北バスラウンジフード店(ロビー側3F飲食店「魚米処 旬店」は対象外)
  • おすすめワイン 毎週1回1杯無料2)ワールドワインバー by ピーロートにてフードメニューを1品以上ご注文の場合。
  • グローバルWiFiレンタル料が毎月1回・1日分無料
  • マイル→ANA SKYコイン交換レートが最大1.5倍

▽マイルからANA SKYコインへの交換方法やメリットについてはこちらの記事で詳しく解説しています☆

スカイコイン交換手順とメリット
ANAスカイコイン(SKYコイン)は、ANAの航空券や旅行商品(ANA旅作やANAスカイホリデーなど)の支払いに利用できる電子クーポン。 ...

フライトマイルボーナス・入会/継続ボーナスマイルがザクザク入る

ANA・A320-200

ANAアメリカン・エキスプレス・カードを利用して飛行機に乗ると、通常のフライトマイルに加え、区間ごとのボーナスマイルがプレゼントされます。

付与されるのは区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%。ANA便はもちろん、スターアライアンス加盟航空会社を含めた提携航空会社のフライトでもマイルが貯まっていきます。

 

なお、ボーナスマイルはANAグループ便に“マイル精算対象運賃”で搭乗した場合、または他社が運航する日本国内のコードシェア便を“ANA便名にて予約・搭乗”した場合が対象になります。

仮に航空券の便名がANA便名であっても、国際線・他社運航によるコードシェア便は付与対象外となりますのでご注意ください。

 

加えて、ANAダイヤモンド/プラチナ/ブロンズサービス(ANAプレミアムメンバー)の期間中には、それぞれのステータスに応じた割増ボーナスが適用になります。

この場合、割増率の大きい方が適用され、合算はされません。

▽ANAプラチナ/ブロンズステイタスについてはこちらの記事も参考になります☆

ANAプラチナステイタス
ANAプラチナメンバーステイタスは、全日空のお得意様ポイントともいえるプレミアムポイント(PP)50,000 pt到達で獲得することのできる、A...
ANAブロンズステイタス
ANAブロンズメンバーステータスは、プレミアムポイント(PP)30,000ptの達成で到達するプレミアムメンバー資格。 出張づくしのビジネ...

 

国内線・国際線路線において得られるマイル数は、下記リンクのANA公式サイトにてご確認いただけます。※100%が区間基本マイルです。

▷ANAの区間基本マイレージ:国内線国際線

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、入会すると1,000マイル・継続すると1,000マイルが毎年自動でプレゼントされます。

ただ加入しているだけでマイルがもらえるのは嬉しいですよね。

1マイルはおよそ2円の価値を有していますから、実質的に毎年2,000円分がキャッシュバックされることと同等。それだけ年会費負担も軽減しているといえます。

 

1,000マイルは小さく見えますが、『ANAカードファミリーマイル(要登録・無料)』という仕組みを使って家族・親族分を合算すれば、マイルを大きく・無駄なく利用でき、使い道も広がります。

▽ANAカードファミリーマイルについてはこちらの記事で詳しく解説しています☆

ANAカードファミリーマイル
ANAカードファミリーマイルは、家族がそれぞれ貯めたマイルを、特典に交換する際に合算して利用できるサービス。 自分ひとりのマイルでは特典航...

ANAマイレージモールでネット通販がお得

ANAマイレージモールロゴ

ANA運営のポイントモール「ANAマイレージモール」を利用することで、利用金額に応じて直接マイルが貯まります。

楽天市場やYahoo!ショッピングなど超有名・メジャーサイトはもちろんのこと、ケンコーコム,マツモトキヨシオンライン,爽快ドラッグ,SEIYUドットコムなどの普段使いすることが多いショップも対象。

 

そのほか、LOFT,Francfranc,ピザ,宿泊予約,モバイルWi-Fiルーター,iTunes Store,書籍、家電,百貨店,マルイウェブチャネル,ユニクロやJINSなども入っており、日常生活をマイルに変えるチャンスがいっぱいです。

加えて、一休.comレストラン,ホットペッパーグルメで予約・食事した場合でもANAマイルを獲得できます。

 

なお、残念ながらAmazonは対象店舗に含まれていませんのでご注意ください。

ANA一般カード共通の割引

ANA一般カード共通の割引

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、ANA一般カード共通の割引・特典ももちろん享受できます。

  • 空港内店舗「ANA FESTA」での割引 (10%OFF)
  • 空港内免税店「ANA DUTY FREE SHOP」での割引 (5%OFF)
  • 国内線・国際線の機内販売割引 (10%OFF)
  • 成田空港でのパーキング割引
  • 「ANAショッピング A-style」での割引 (5%OFF)3)2016.4.1より、ANAショッピング A-styleでのお買い物は、ANAショッピングポイントとの併用した場合でも5%の割引適用となっています。
  • ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売 (5%OFF)
  • ANAビジネスソリューション公開講座 受講料割引(15%OFF)
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
  • ANAカード会員専用運賃「ビジネスきっぷ」
  • ニッポンレンタカー,トヨタレンタカー,オリックスレンタカー割引(5%OFF)
  • ハーツレンタカー割引(5~20%OFF)

特に使いやすいのは全国各地の空港にある「ANA FESTA」での割引。1,000円(税込)以上のお買い物の際、レジでANAカードを提示するだけで10%OFFが適用になります。

 

なお、株主優待などの他の割引やクーポン券との併用は不可。郵便製品・書籍類・酒類・煙草などの一部商品や一部店舗(ANA FESTA内スターバックス コーヒー)は適用対象外です。

ANA DUTY Freeショップロゴ

*2016年4月1日からは、ANAアメックスにおいてもANA DUTY FREE SHOPを5%OFFで利用可能になりました!

 

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービスは、予約の際にANAカード会員の旨を伝えると、ベストフレキシブル料金から5%割引となります。

時期によってはネットの最安値よりお得に宿泊できることがあり、大変に使い勝手の良いサービスです。

旅行関連付帯サービスが超充実!

アメックスブランドといえば充実した旅行関連付帯サービスも特徴の1つです。以下で確認していきましょう。

空港ラウンジは同伴者1名まで無料

空港カードラウンジ

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、クレジットカードと当日の搭乗券の提示により28空港・39ヶ所の空港ラウンジを利用可能です。

地域 空港 ラウンジ名称 場所/営業時間 無料サービス内容
北海道
新千歳空港 スーパーラウンジ 国内線旅客ターミナルビル3階/7:30~20:30 ソフトドリンク(フリードリンク)
新聞・雑誌の閲覧
フライトインフォメーション
個人用ロッカー
無線LAN対応
函館空港 ビジネスラウンジ『A Spring』 国内線旅客ターミナル2階/8:00~最終便 最終搭乗案内まで(19:30頃) ソフトドリンク(フリードリンク)
新聞・各種雑誌の閲覧
カード会社会員雑誌の閲覧
フライトインフォメーション
携帯電話充電器貸し出し
無線LAN対応
東北
青森空港 エアポートラウンジ ターミナルビル2階/6:40~20:35 フリードリンクサービス
新聞・雑誌の閲覧
フライトインフォメーション
無線LAN対応
秋田空港 ロイヤルスカイ 国内線旅客ターミナルビル2階/6:55~20:35 ソフトドリンク
新聞・雑誌の閲覧
フライトインフォメーション
無線LAN対応
仙台空港 ビジネスラウンジ ビジネスラウンジイーストサイド(3階)/8:30~19:30 フリードリンク
1時間以内の休憩
フライトインフォメーション
無線LAN対応
関東
羽田空港
Sky Lounge 国際線ターミナル4階/24時間営業 ソフトドリンク(フリードリンク)
新聞・雑誌の閲覧
フライトインフォメーション
無線LAN対応
第1ターミナル「エアポートラウンジ」中央・北・南 中央:第1ターミナル1階/6:00~20:00
北:2階/6:00~20:30
南:2階/6:00~21:00
ソフトドリンク(フリードリンク)
フライトインフォメーション
手荷物一時お預かり
新聞・雑誌
無線LAN対応
第2ターミナル「エアポートラウンジ」2階・3階・4階 第2ターミナル 2階/6:00~20:00
3階/6:00~20:00
4階/6:00~21:30
ソフトドリンク(フリードリンク)
新聞・雑誌
フライトインフォメーション
手荷物一時お預かり
無線LAN対応
成田国際空港
IASS EXECUTIVE LOUNGE 1 第1旅客ターミナル本館5階/7:00~21:00 ソフトドリンク(フリードリンク)
アルコール飲料1杯
フライトインフォメーション
無線LAN対応
IASS EXECUTIVE LOUNGE 2 第2旅客ターミナル本館4階/7:00~21:00 ソフトドリンク(フリードリンク)
アルコール飲料1杯
フライトインフォメーション
無線LAN対応
北陸
新潟空港 エアリウムラウンジ 旅客ターミナルビル 3階/7:10~19:10 2時間以内のラウンジ利用
ソフトドリンク
新聞・雑誌の閲覧
リクライニングシート使用(3台保有)
フライトインフォメーション
無線LAN対応
富山空港 ラウンジらいちょう 旅客ターミナルビル 2階/6:20~20:00 2時間以内のラウンジ利用
フリードリンク
新聞・雑誌の閲覧
TVの視聴
フライトインフォメーション
無線LAN対応
中部
中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア 旅客ターミナルビル3階 中央/7:20~20:30 ソフトドリンク/アルコール(フリードリンク)
新聞雑誌閲覧
フライトインフォメーション
無線LAN対応
小松空港 スカイラウンジ白山 国内線旅客ターミナルビル2階/7:00~19:40 ソフトドリンク(フリードリンク)
2時間以内の休憩
フライトインフォメーション
新聞、雑誌の閲覧
手荷物一時預かり
無線LAN対応
関西
大阪国際空港
(伊丹空港)
ラウンジオーサカ 中央ブロック3階/6:30~20:00(入室は19:30まで) ソフトドリンク(フリードリンク)
フライトインフォメーション
無線LAN対応
関西国際空港
比叡 旅客ターミナル3階 北側/8:00~21:00 ソフトドリンク・スナック(フリー)
フライトインフォメーション
新聞・雑誌の閲覧
無線LAN対応
六甲、アネックス六甲 北ウイング2階/8:00~21:00 ソフトドリンク・スナック(フリー)
フライトインフォメーション
新聞・雑誌の閲覧
無線LAN対応
金剛 南ウイング2階/8:00~21:00 ソフトドリンク・スナック(フリー)
フライトインフォメーション
新聞・雑誌の閲覧
無線LAN対応
神戸空港 ラウンジ神戸 旅客ターミナルビル2階 搭乗待合室内/6:30~21:00(最終便出発時間の10分前まで) ソフトドリンク
新聞・雑誌等の閲覧
喫煙ルーム
多機能トイレ
フライトインフォメーション
フライト案内モニター
無線LAN対応
中国・四国
岡山空港 ラウンジマスカット ターミナルビル 3階/6:30~最終出発便20分前 2時間以内のラウンジ利用
フライトインフォメーション
新聞・雑誌の閲覧
フリードリンクサービス
無線LAN対応
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ 国内線2階出発ロビーJALカウンター隣/7:00~20:30 ソフトドリンク(フリードリンク)
フライトインフォメーション
新聞・雑誌の閲覧
コピー・FAXの利用
PCのご利用
マッサージチェア
無線LAN対応
米子空港 ラウンジDAISEN 2F/382便出発1時間前~390便出発15分前まで ソフトドリンクフリーサービス
新聞・雑誌の閲覧
フライトインフォメーション
携帯充電器
無線LAN対応
山口宇部空港 きらら 国内線旅客ターミナル2階/7:15~20:00 2時間以内のラウンジ利用
ソフトドリンク(コーヒー・紅茶・日本茶・ウーロン茶・山口県産みかんジュース・山口県産ゆずジュース)新聞の閲覧
フライトインフォメーション
有線LANによる接続(LANケーブル貸出可)
無線LAN対応
高松空港 ラウンジ 讃岐 旅客ターミナルビル2階/6:15~最終便出発時間20分前まで 2時間以内のラウンジ利用
フリードリンク
新聞・雑誌の閲覧
フライトインフォメーション
無線LAN対応
松山空港 ビジネスラウンジ
スカイラウンジ
ターミナルビル2階/7:00~19:30
3階/11:00~19:30
1時間以内のラウンジご利用
トイレ及びシャワー室のご利用
フリードリンク
フライト情報の提供
フライトインフォメーション
新聞の閲覧
無線LAN対応
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス ターミナルビル3階/始発便出発1時間前から最終便出発15分前まで 2時間以内のラウンジ利用
携帯電充電器
マッサージチェア
ソフトドリンクサービス
フライトインフォメーション
新聞・雑誌の閲覧
無線LAN対応
九州・沖縄
北九州空港 ラウンジひまわり 2階 待合室内/7:00~21:00 ソフトドリンク(フリードリンク)
新聞・雑誌の閲覧
フライトインフォメーション
無線LAN対応
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME 第2ターミナル3階/6:30~20:30 ソフトドリンク(フリードリンク)又はビール1本
簡単なおつまみ
フライトインフォメーション
無線LAN対応
長崎空港 ビジネスラウンジアザレア 旅客ターミナルビル2階/6:45~20:30 2時間以内のラウンジ利用
ソフトドリンク(フリードリンク)
新聞・雑誌の閲覧
フライトインフォメーション
携帯電話機充電
無線LAN対応
大分空港 ラウンジくにさき 旅客ターミナルビル2階搭乗待合室内/6:40~最終便出発の15分前 2時間以内のラウンジ利用
ソフトドリンク
新聞・雑誌の閲覧
フライトインフォメーション
無線LAN対応
熊本空港 ラウンジ「ASO」 旅客ターミナルビル2階/始発便チェックイン開始~最終便出発時刻まで 2時間以内のラウンジ利用
休憩スペースのご利用(ビジネスコーナー・TV・洗面所)
ソフトドリンク・球磨焼酎(フリードリンク)・ビール1本無料
緑茶,おつまみ
フライトインフォメーション
新聞・雑誌の閲覧
無線LAN対応
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花 国内線ターミナル内2階/7:00~20:00(年中無休) ソフトドリンク(フリードリンク)
手荷物一時預かり
新聞・雑誌の閲覧
携帯充電器の貸出
フライトインフォメーション
無線LAN対応
那覇空港 ラウンジ華~hana~ 1階到着ロビー/8:00~20:00 ソフトドリンク(フリードリンク)
新聞、雑誌の閲覧
フライトインフォメーション
無線LAN対応
海外
ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)国際空港(ハワイ) IASS EXECUTIVE LOUNGE 保安区域内(出国審査後)7:30~13:30/14:00~18:00 ソフトドリンク(フリードリンク)
日本語の新聞等の閲覧
フライトインフォメーション
無線LAN対応
仁川国際空港
(韓国)
MATINA 旅客ターミナル4階/7:00~21:00 ソフトドリンクまたはアルコール1杯
雑誌等の閲覧
フライトインフォメーション
無線LAN対応

しかも、カード会員本人だけでなく、同伴者も1名まで無料で利用可能

普通に書いていますが、実はカードホルダーでないただの同行者がラウンジに入れるのって非常に珍しいんです。

 

また、例えば夫婦のうち夫が本会員・妻が家族会員という場合、2枚のカードそれぞれ同伴者が1名無料に。つまり、家族旅行の際には4名までラウンジで寛げることになります。

旅行や出張など、自分以外の同行者がいる場合には大変ありがたい特典ですよね。

 

なお、同伴者においても当日の搭乗券は提示が必要になります。(=飛行機に乗らない場合は利用できない)

手荷物無料宅配サービス

JAL ABCカウンター・手荷物配送

海外旅行から帰国した際、空港から自宅まで、ANAアメックス会員1人につきスーツケース1個を無料で配送できるサービスが利用できます。

本来、手荷物無料宅配はゴールドカードでようやく登場する特典。つまり、ANAアメリカン・エキスプレス・カードにはゴールドカード級のサービスがあると言えるんですね。

 

利用にあたっては、帰国日の当日に下記空港内の申し込みカウンターでクレジットカードと搭乗券を提示し、「手荷物無料宅配サービス」利用の旨を伝えればOKです。

対象となる空港は、成田国際空港,中部国際空港(セントレア),関西国際空港。海外旅行の際に重い荷物を持って移動する必要がなくなり、体にも優しく、大変便利です。

 

手荷物空港宅配サービスを自腹で利用した場合の費用は1個1,500~2,000円程度。仮に年3回このサービスを使ったら、1年あたり4,500~6,000円も得をする計算ですね。

24時間・365日の日本語による無料電話サポート

ANAアメックスの24時間・日本語サポート

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、『グローバル・ホットライン』という24時間対応の電話サポートを受けることが可能です。

レストランの予約、医療機関の紹介、緊急時の支援等の日本語対応電話サポートが、ほとんどの国から24時間・通話料無料(またはコレクトコール)で利用できます。

 

いざという時に、24時間365日いつでも日本語で電話できる体制をもっていられるというのはとても心強いもの。海外旅行時の安心感が違います。

電話での相談対応項目例は下記のとおりです:

  • 航空券・ホテル・レンタカー・レストラン・ゴルフコースなどの案内・予約・確認・キャンセル
  • 主要都市でのミュージカル等のチケット
  • パスポート・査証・予防接種
  • カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
  • トラベラーズチェックの紛失・盗難
  • パスポート・所持品の紛失・盗難
  • 電話による簡単な通訳サービス(業務は対象外)
  • 緊急メッセージの伝言サービス(業務は対象外)
  • 医師、歯科医、病院、弁護士の紹介
  • 海外旅行傷害保険の保険金請求
  • 最寄りの日本大使館・領事館

なお、緊急時の対応については、海外のみならず日本国内においても年中無休のカスタマーサービスが提供されており、24時間・365日オペレーターと直接やり取りが可能です。

カードの紛失・盗難時の緊急再発行

万が一カードの紛失・盗難に遭遇した場合、国内外問わず、連絡によって新しいカードを無料で再発行してくれます。

状況に応じては至急での再発行対応をいただける場合もありますので、海外でカードを紛失した時でも安心です。

なお、緊急再発行は滞在地域などによって対応が変わってきます。

空港クロークサービス

空港での待ち時間などに、手荷物預かり所でスーツケースや荷物をを無料で預けることが可能です。

このサービスは中部国際空港(セントレア)で利用でき、カード会員1名につき荷物2個まで無料です。

重たいスーツケースを引きながら空港内での買い物や食事楽しむのは結構しんどいもの。
かさばる荷物を無料で預けられ、身軽に動けるは非常に助かります。

なお、利用は当日のみ有効。日をまたいで預けることはできませんのでご注意ください。

空港パーキング

成田国際空港,羽田空港,関西国際空港,福岡空港空港において、アクセスが良好な駐車場を割引・優待特典にて利用可能です。

カーシェアリングサービス

ANAアメックス・タイムズカープラス優待

カーシェアリングサービスの「タイムズカープラス」にアメリカン・エキスプレスのWebサイト経由して申し込みすると、通常1,550円(税込)のタイムズカープラス会員カード発行手数料が無料になります。

タイムズカープラスは業界最大手・全国6,000ヶ所以上の場所で車を24時間いつでも借りることが可能です。

車種も豊富で、エコカーから輸入車まで、全10,400台の中から目的に合わせた車種を選択できます。

国内レンタカー割引

オリックスレンタカー,トヨタレンタカー,日産レンタカー,ニッポンレンタカー,タイムズ カーレンタルを、基本料金からの5%オフで利用可能です。(日本国内のみ)

予約は、直接下記の電話番号か最寄りの各レンタカー会社で行い、アメリカン・エキスプレス・カードを利用する旨を伝えればOKです。

  • オリックスレンタカー:0120-30-5543 (通話料無料/受付時間 平日 8:00~20:00/土日祝 8:00~17:00)
  • トヨタレンタカー:0800-700-0111 (通話料無料/受付時間 8:00~20:00)
  • 日産レンタカー:0120-00-4123 (通話料無料/受付時間 平日 8:00~20:00/土日祝 9:00~18:00)
  • ニッポンレンタカー:0800-500-0919 (通話料無料/受付時間 平日 8:00~20:00/土日祝 9:00~18:00)
  • タイムズカーレンタル:0120-00-5656(通話料無料/受付時間 平日 8:00~20:00/土日祝(12/31~1/3含む) 9:00~17:45)

JR東海エクスプレス予約(プラスEX)サービス

エクスプレス予約ロゴ

東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の座席を、スマートフォンや携帯電話、PCからオンラインで予約・変更できる「エクスプレス予約」4)従来は「プラスEX」だったが、2017.9より「エクスプレス予約」にリニューアル。を利用可能です。

専用のICカードを使うことで切符を受け取る必要がなくなり、予約後は「EX予約専用ICカード」を改札機にタッチするだけで、スムーズに新幹線に乗車できます。

 

利用には1枚あたり年会費1,080円(税込)が発生しますが、紙の切符よりも割引運賃が適用されるため、東京~名古屋間/東京~大阪間などの移動がお得で便利になります。

なお、エクスプレス予約は、ビックカメラSuicaカード,ビュースイカ ルミネカードなどのビューカードを保有すると年会費無料で使える“モバイルSuica”でも利用可能です。

 

なお、JR東海エクスプレス・カード,J-WESTカードをエクスプレス予約に登録した場合に適用される「グリーンプログラム」5)グリーンプログラムは、エクスプレス予約で乗車すると、利用区間に応じて、登録不要で自動的にポイントが貯まるおトクなプログラム。ポイントを貯めると、普通車指定席の料金でグリーン車が利用できます。は適用対象外。

一方、JR東日本のビューカードが発行しているプロパーのビューカードをモバイルSuicaに登録して使う場合は、グリーンプログラムも適用されます。

 

ちなみに、JALカードSuicaの場合はグリーンプログラムの適用対象ですが、ビューカード提携会社の発行カードであるANA VISA Suicaカードは対象外です。

充実の付帯保険

もれなく付帯するショッピング保険

ANA AMEXの付帯保険

国内・海外を問わず、ANAアメリカン・エキスプレス・カードで購入したほとんどの商品について、破損・盗難などの損害補償を受けることが可能です。

適用内容は購入日から90日間・1名につき年間最高補償金額200万円まで。

 

事故があったら、まず通話料無料のフリーダイヤルに電話を掛け、「保険金請求書」を取り寄せ。これを「必要添付書類」「カードご利用控」とともに返送すれば手続きは完了です。

なお、1事故につき1万円までは免責となります。

 

年間200万円という多額の補償がもたらす余裕度はかなりのもの。買ったばかりの高価な物が壊れたらショックですが、これなら安心してお買い物できますね。

ただし、有価証券,預貯金証書,旅券,印紙,切手,船舶・航空機および自動車などは当然ながら対象外です。

 

ここで特筆すべきなのは、補償物品にスマートフォンやPCも入っている点。iPhone,Xperia,iPadなども、アメックスカードで購入すればしっかりと補償対象となります。

実はスマートフォンや・PCなどの電子機器は対象外というカードが多いなか、ANAアメックスであればこれらも守られるという点で非常に優位ですね。

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険

旅行にかかる代金をANAアメックスで決済すると、以下の海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険がつきます。(利用付帯)

補償項目 カード本会員 家族会員
傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用 最高100万円 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円 最高100万円
賠償責任 最高3,000万円 最高3,000万円
携行品損害(*) 1旅行・最高30万円 1旅行・最高30万円
救援者費用 最高200万円 最高200万円

(*)免責金額3,000円・年間限度100万円

アメックスブランドはさすがのとおり保険が充実しています。家族特約があるのが大きなメリットですね。

 

ただし、最も利用頻度が高いと考えられる傷害治療・疾病治療(ケガや病気での入院費用など)が100万円と少なめなのは少しデメリット。

しかし、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のエポスカードなどをサブカードとして備えておけば、十分にカバーできる範囲です。

 

ANAアメックスには、利用付帯で最高2,000万円の死亡・後遺障害の補償となる国内旅行保険も備わっています。

しかも、会員家族も最高1,000万円の補償がついており、万が一への備えもバッチリです。

▽クレジットカード保険の利用付帯と自動付帯についてはこちらの記事で解説しています☆

クレジットカード保険・自動付帯と利用付帯
海外に出かける際に気になるのが『旅行保険をどうしようか』というトコロ。 最近ではクレジットカードに付帯する保険で十分!と紹介しているサイト...

アメリカン・エキスプレスならではのメリット

アメリカン・エキスプレス・セレクト

アメリカンエキスプレスセレクト

アメリカン・エキスプレス・セレクトとは、ホテル・ダイニング・ショッピングの3つのカテゴリーで利用できる優待プログラムのこと。

世界の主だった国と地域,幅広いジャンルで優待割引が適用されるお得なシステムです。

対象となるのは日本国内はもちろん、世界100カ国以上の地域。あわせると8,000以上の特典が用意されています。

アメリカン・エキスプレス・コネクトで優待を一元管理

アメリカン・エキスプレス・コネクトとは、カード会員が利用できる優待特典の情報を、まとめて閲覧できるWebサイト。

以下のジャンル別に、受けられる優待特典や、期間限定特典をまとめて確認することが可能です。

  • ショッピング
  • ダイニング
  • トラベル
  • エンターテインメント
  • ライフスタイル

こちらでは、先ほど紹介したアメリカン・エキスプレス・セレクトを含め、すべての特典を一括でチェックできます。(公式Twitterで流れているような情報もチェック可能)

また、カードを登録して利用すれば、自分にとって最適な特典情報を表示してくれる機能も使えます。

充実のアメックス会員限定のイベント

AMEX会員向けイベント

ANAアメリカン・エキスプレス・カードを保有していると、アメックス会員向けのイベントにも参加することができます。

ジャンルはグルメ,コンサート,お寺・博物館,ファッション,スイミングなど実に多彩で、なかには有名歌手の会員限定コンサートなども充実しています。

 

なお、これらイベントは厳正な100%完全抽選となっており、よりハイクラスなカードであるセンチュリオンやプラチナカード会員が当たりやすい…ということはありません。

また、カード利用頻度が多い順に当選するということもありませんから、すべての会員に当選のチャンスがあります。

 

ちなみに過去のイベントの例は以下のとおりです。

  • 世界遺産清水寺の夜間特別拝観
  • 下鴨神社式年遷宮奉祝記念 平原綾香コンサート「いのちのちから、あらたに」
  • 京都紅葉の名刹 高台寺の夜間特別拝観・井浦新氏との交流会
  • 正倉院展 特別セミナーと鑑賞会
  • コットンクラブ “ポイント de RESERVE SEAT”
  • 世界の青木功プロと夢のラウンドプレー
  • アメリカン・エキスプレス・メンバーズカップ
  • 東京国立博物館、奈良国立博物館 「プレミアムミュージアムビューイング」
  • 京都 醍醐寺・三宝院の桜の特別夜間拝観
  • 京橋千疋屋フルーツバイキング
  • 東京湾大華火祭観覧ディナーリザーブシート
  • 「丸の内タニタ食堂」ヘルシーワークショップ
  • 阪急メンズ東京「AUTUMN NIGHT」
  • 「オテル・ドゥ・ミクニ」イベント
  • 岩崎恭子夏休み子どもスイミング教室
  • 「szechwan restaurant 陳」イベント

*イベント情報の詳細については、アメックス公式HPのイベントページで確認できます。

 

これらイベントのなかには、「ジャパン・レストラン・ウィーク」という人気のグルメイベントもあります。

ジャパン・レストラン・ウィークは年に2回開催され、全国約350店舗のバラエティ豊かなレストランにて、期間限定の特別メニューを定額料金6)ランチは2,000円・3,000円,ディナーは5,000円・7,000円(税・サービス料別)で楽しむことが可能です。

なお、アメリカン・エキスプレスのカード会員であれば、対象レストランの先行予約もできます。

カード限度額は事実上なし!事前入金すれば無限

AMEXの事前入金

アメックスが発行しているカードには、一律の限度額は設定されていません7)カード発行当初の利用限度額は10万~100万が目安

というのも、アメックスは柔軟に与信枠を設定しており、一般カードの場合であっても他社プラチナカードを格段に上回る利用限度額を設定してくれることがあります。

このような高い与信枠を確保してくれるのはアメックスならではと言える部分。ANAアメリカン・エキスプレス・カードにも同様メリットを享受できます。

 

なお、無制限にカードが使える危ないカード…というわけではもちろんなく、会員一人一人の利用状況などに応じて、フレキシブルに利用目安額を変えてくれるということです。

与信枠(利用限度額)を拡大する方法として、アメックスには『事前入金(デポジット)システム』が用意されています。

 

例えば、100万円を事前入金しておけば、簡単に限度額100万円のクレジットカードとして使えるようになるんです。大きな出費を予定している場合には、このように事前入金しておくことで、カードが使えないという事態には陥らなくなるんです。

つまり、この事前入金(デポジット)システムを使えば、販売店が対応する限り、車や家なども販カード決済してしまうことが可能なんです。

 

この事前入金はアメックスの銀行口座に直接振り込むことで実行できます。(振込手数料は自己負担)

『支払いの期限』という、クレジットカードである最大のメリットは無くなるものの、カード利用のポイントはきちんと貯まります。

 

なお、引き落とし後に余った事前入金分は、次回以降の支払いに回されます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

年会費がやや高め

ANA AMEXの年会費はやや高い

ANAアメリカン・エキスプレス・カード本会員の年会費は7,000円(+税)/家族カードの年会費は税抜2,500円(+税)となっています。

アメックスブランドはもともとT&E(トラベル&エンタテインメント)関係の特典が非常に充実しているため、ある種仕方のない部分にはなってきます。

 

しかし、その他ANAカード(一般)カードシリーズ(VISA/マスター,JCB)が軒並み本会員2,000円(+税)/家族カードの年会費は税抜1,000円(+税)と比べると、割高な印象がどうしても拭えないことは事実です。

なお、ETCカード年会費8)2017.2.15より、新規発行の際のみ918円(税込)の発行手数料が発生。については完全無料です。(1年に1回も利用せずとも無料)

 

ETCカードは年会費有料(無料でも年1回以上の利用条件付きがほとんど)というクレジットカードが多い中ではアドバンテージがあります。

日本国内一部店舗で使用に難ありの可能性

AMEXとJCB

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの国際ブランドはAmerican Expressです。

基本的にはこのブランドマークが掲げられているお店で使用可能ですが、海外ブランドという性質上、日本国内では一部店舗で使用に難ありの可能性がゼロではありません。

ブランドマークがなくとも、日本国内であればJCB加盟店(JCBカードが利用できるお店)で原則として使えますが、加盟店契約や決済システムが古かったりすると、JCB加盟店でもアメックスが使えないおそれがあります。

電子マネーに弱い

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、電子マネー・楽天Edyが使える一方で、nanaco,WAON,PASMOへのチャージを行うことはできません

また、楽天Edy,モバイルSuica,SMART ICOCAにチャージはできるものの、ポイントを得ることはできません。

Apple Pay対応だがSuica利用分はポイント対象外

applepay

iPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」が利用可能になり、ANAアメリカン・エキスプレス・カードも対応しています。

アメックスカードをApple Payに登録するとQUICPayとして割り当てられ、全国のQUICPay加盟店で利用可能となり、ポイントも貯まります。また、Walletアプリ内でSuicaチャージも可能です。

しかしながら、、Suicaチャージ,Suicaグリーン券,定期券,モバイルSuica特急券など、Suica利用分はポイント付与の対象外となります。(通常のモバイルSuicaと同様)

貯まるANAマイルはどう使う?

AMCロゴ

ANAアメックスカードはとにかくANAマイルがザクザク貯まるクレジットカード。そうやって貯めたマイルがどのように使えるのか、こちらで確認してみましょう。

3種類の特典航空券

  1. ANA国内線特典航空券
  2. ANA国際線特典航空券
  3. 提携航空会社特典航空券

マイルの醍醐味といえばやっぱり特典航空券。獲得できると、ほとんどタダ9)ただし、発券手数料や諸税など細かい経費は発生する。で飛行機に乗れてしまいます。

①国内線の場合、片道最低5,000マイル~,②国際線の場合は、往復最低12,000マイル~,③提携航空会社の場合は往復最低15,000マイル~の特典利用が可能になります。

▷必要マイルチャートについてはANA公式WEBサイト(国内線国際線)で確認できます。

 

基本マイル還元率1%のANAアメックスカードであれば、年間決済額120万円~で、あっさりと国内はもちろん、海外旅行だって行けてしまう計算ですね。

 

もっと頑張れば、ANAビジネスクラスでハワイ旅行や、まさかまさかのファーストクラスにだって乗れてしまうんです。

▽ANA国際線上級クラス搭乗記はこちらからどうぞ☆

ANAビジネススタッガードシートの全体
ANAのビジネスクラスって本当に快適― とりわけ現在の主力機搭載機材の主流であるANAビジネススタッガード(BUSINESS STAGGE...
ANAファーストクラス搭乗券
ANAのファーストクラス… 泣く子も黙る国際線最上級クラスにこの私が乗(れ)ることになろうとは、以前の私には想像もつきませんでした。 ...

ここからわかる通り、マイルって本当に夢があるポイントシステムなんですよね。

その他の使い道

Vanilla Air A320-214 JA11VA
マイルは特典航空券に交換して使うのがベストではあるものの、以下の品物やサービスに対して使うことも可能です。

  • バニラエア特典航空券
  • 国際線アップグレード
  • スターアライアンスアップグレード特典
  • SKYコインへの交換
  • 提携ポイントへの交換
  • 国際線超過手荷物料金お支払い
  • 国内線機内Wi-Fiサービス
  • ANAシアター
  • ANAショッピングポイント
  • ANAマイレージモール1,000マイルクーポン
  • ANAご利用券
  • ANAセレクション商品交換
  • レストラン
  • ホテル
  • 空港アクセス
  • レンタカー
  • 空港施設利用
  • 美容・健康
  • 書籍・雑誌・新聞・CD・DVD
  • 暮らし
  • 自動車・車検・カー用品
  • アクティビティ・エンターテイメント
  • 寄付・支援
  • ANAカード会員限定特典

高い付加価値でマイルを使用するには、やはりアップグレードなど航空関連のものが最優先候補になります。

次点となるのが『ANA SKYコインへの交換』。スカイコインは1マイル単位からANA SKYコインに交換し、ANA航空券や旅行商品の支払いに1コイン=1円の価値で利用できる電子クーポンです。

交換する際には交換量に応じて倍率が設定され、5万マイル以上の交換により最大1.7倍(85,000コイン)のレートが適用されます。

▽ANA SKYコインについてはこちらの記事で詳しく解説しています☆

スカイコイン交換手順とメリット
ANAスカイコイン(SKYコイン)は、ANAの航空券や旅行商品(ANA旅作やANAスカイホリデーなど)の支払いに利用できる電子クーポン。 ...

国内線で使用する場合、路線や時期によってはフライトマイル/プレミアムポイント10)ANA便搭乗により付与されるお客様ポイントのようなもの。詳細は『ANAのプレミアムポイントを貯めるメリットとは?みんなが欲しがるPPの仕組み』を参照のこと。を勘案すると、特典航空券を使うよりもANA SKYコインの方がお得になる場合がままあります。

その他、レストラン,ホテルや各種電子マネー(楽天スーパーポイント,Tポイント,nanaco,Suica)にも交換可能ですが、基本的にレートは1マイル=~1円となり、率直にいえば不相応な交換先といえます。

その他ANAカードシリーズとの比較

ANA AMEXとその他ANAカードの比較

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、その他ANAカードシリーズと比較してどうなのか?という点は誰もが気にする部分。

本項では、ANAアメックスとその他ANAカードの違いについてデータで比較していきます。

 

まずは年間の維持コスト(年会費+マイル移行手数料),家族カードの年会費,一般加盟店でのマイル還元率,ANA航空券等の購入時のマイル付与率、ポイント(マイル)の有効期間,電子マネー対応状況からみていきます。

カード名
年間コスト
(年会費・移行手数料)
家族
年会費
マイル付与率
無期限
ポイント付与
電子マネー
一般 ANA航空券
ANA JCB ZERO 0円
(0円・0円)
0.50% 1.50% QUICPay・PiTaPa
ソラチカカード&エクストリームカード 2,000円
(2,000円・0円)
1,000円 1.35% 2.35% QUICPay・PiTaPa・PASMO
ANA VISA Suicaカード 6,751円
(751円・6,000円)
× 1.00% 2.00% iD・PiTaPa・Suica
ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード 6,751円
(751円・6,000円)
1,000円 1.30% 2.30% iD・PiTaPa・PASMO
ANA JCB一般カード 7,000円
(2,000円・5,000円)
1,000円 1.00% 2.00% QUICPay・PiTaPa
ANA VISA一般カード 7,025円
(1,025円・6,000円)
1,000円 1.30% 2.30% iD・PiTaPa
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 13,000円
(7,000円・6,000円)
2,500円 1.00% 2.50%
ANA JCBワイドカード 12,250円
(7,250円・5,000円)
1,500円 1.00% 2.00% QUICPay・PiTaPa
ANA VISAワイドカード 12,275円
(6,275円・6,000円)
1,500円 1.30% 2.30% iD・PiTaPa
ANA VISAワイドゴールドカード 9,500円
(9,500円・0円)
4,000円 1.30% 2.30% iD・PiTaPa
ANA JCBワイドゴールドカード 14,000円
(14,000円・0円)
4,000円 1.00% 2.00% QUICPay・Edy・PiTaPa
ANAダイナースカード 27,000円
(27,000円・0円)
6,000円 1.00% 2.00% Edy
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 31,000円
(31,000円・0円)
15,500円 1.00% 3.00%
ANA JCB カードプレミアム 70,000円
(70,000円・0円)
4,000円 1.30% 3.30% QUICPay・Edy・PiTaPa
ANA VISAプラチナ プレミアムカード 80,000円
(80,000円・0円)
4,000円 1.80% 3.80% iD・Edy・PiTaPa
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 150,000円
(150,000円・0円)
無料
(4枚)
1.00% 4.50%
ANAダイナースプレミアムカード 155,000円
(155,000円・0円)
無料 2.00% 4.00% Edy

*リボ払い利用設定等で年会費を下げることができる一部カードはそれらを加味しています

 

また、カード継続ボーナスマイル,フライトボーナスマイル,ラウンジ利用可否,手荷物無料宅配サービスやその他の主な特典についてもみていきます。

カード名 継続
ボーナス
フライト
マイル
空港
ラウンジ
手荷物
無料宅配
プレミアム
特典
その他
主な特典
ANA JCB ZERO × 10% × × × 若年層限定
ソラチカカード&エクストリームカード 1,000
マイル
10% × × ×
ANA VISA Suicaカード 1,000
マイル
10% × × ×
ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード 1,000
マイル
10% × × ×
ANA JCB一般カード 1,000
マイル
10% × × ×
ANA VISA一般カード 1,000
マイル
10% × × ×
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 1,000
マイル
10% ×
ANA JCBワイドカード 1,000
マイル
25% × × ×
ANA VISAワイドカード 1,000
マイル
25% × × ×
ANA VISAワイドゴールドカード 2,000
マイル
25% × ・ビジネスクラス専用チェックイン
ANA JCBワイドゴールドカード 2,000
マイル
25% × ・ビジネスクラス専用チェックイン
ANAダイナースカード 2,000
マイル
25% × ・レストラン1名無料
・ビジネスクラス専用チェックイン
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 2,000
マイル
25% × ・ビジネスクラス専用チェックイン
ANA JCB カードプレミアム 10,000
マイル
50% ・GOLD BASIC
ANA VISAプラチナ プレミアムカード 10,000
マイル
50% ・レストラン1名無料
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 10,000
マイル
50% ・フリーステイギフト
ANAダイナースプレミアムカード 10,000
マイル
50% ・レストラン1名無料

 

ここから読み解くと、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、他のANAカードと比較して、おもに以下の点で優位性があるといえます。

  • ANAグループでのマイル付与率が1.5%
  • マイル移行手数料を支払えばポイント有効期間が無期限
  • 空港ラウンジ同伴者1名無料・手荷物無料宅配・家族特約付きの保険が付帯

元来のマイル付与率が高いことや、ポイント有効期限が実質的に無期限であること、そして、空港旅行特典が非常に充実していることは、ビジネスにプライベートに大変ありがたい1枚であるといえます。

▽補足ですが、ANAマイルの還元率をさらに高めたい場合は、ANA VISA/マスターワイドゴールドカード+ソラチカカードの2枚持ちにより、最大1.72%までマイル還元率をアップさせることが可能です!

ANA VISAワイドゴールドカードでマイル還元率1.72%
ANA VISAワイドゴールドカードは、少しの手間でANAマイルの還元率を最大で1.72%にまで高めることが可能な、ANAマイルを貯める方にとっ...

 

なお、前述したとおり、他のANA一般カードと比較した場合のデメリットはやはり高い年会費。
このあたりはアメックスならではの特典類を考慮したうえで判断される部分であると考えられます。

また、電子マネーに対応していないこと、利用可能店舗がVISA/MasterCardと比較すると少ない点もデメリットの一つです。

ただし、これはサブカードを持てば良いだけの話であり、比較的楽に解決可能です。

無期限のマイルの威力

ANA AMEXの無期限マイル

ANAアメックスの最大ともいえるメリットの一つが、ポイントの有効期間が実質無期限という部分。

じっくりと時間を掛ければ、国際線ファーストクラスの特典航空券と交換することも可能になります。

 

ANAカード(一般)の場合、ポイントの有効期間が2年・移行後のマイル有効期間が3年、合計で最大5年が最終的なリミット。

しかしながら、ポイント・マイルの有効期限内に、ビジネスクラス・ファーストクラスの航空券に交換できるだけのマイルを貯めるのはかなり難易度が高いことは間違いありません。

仮にマイルが貯まっても、時期によっては有効期間内に取りたい特典航空券がとれない!という事態もありえてしまうのです。

 

多くのANA一般カードにはこうした「有効期限の壁」がありますが、ポイントの有効期限が実質無期限のANAアメックスなら、有効期限の壁を突破してマイルをじっくりと貯めることができるのです。

 

マイルを高い価値で利用するには、ビジネスクラス・ファーストクラス特典航空券(なかでも長距離路線)への交換が重要になってきます。しかも長距離である程に還元率が上がります。

▽マイルの価値と使い方についてはこちらの記事で詳しく解説しています☆

マイルの価値
マイルの醍醐味はもちろん特典航空券をゲットすることですよね。 特に、国際線の特典航空券を獲得することができれば少なくとも数十万円~の航空券...

 

こちらの記事でも紹介していますが、例えば、ANA16.5万マイルを貯めてニューヨークへのファーストクラス特典航空券に交換した場合、1マイルあたりの価値は13.25円(≒220万円)となります。

仮にクレジットカードの年間利用額が200万円11)生活費等の決済を集中させれば、一般の方でも容易に達成できる利用金額です。とした場合、ANAアメリカン・エキスプレス・カードであれば、およそ8年間で16.5万マイル(分のポイント)が貯まり、220万円の航空券に交換することが可能。

 

しかしながら、他のANAカードの場合は、ポイント・マイルの有効期限の関係上、このような長期的なマイル貯金は不可能なのです。

ちょっぴり年会費は高いものの、ANAアメックスで得られるメリット・特典は、他のカードを大きく凌駕していると言っても過言ではありません。

ANAアメックスカードの審査は比較的緩め

ANAアメックスの審査は緩め

アメックスは世界中で誰もが知る富裕層のカードとして認知されているブランド。

アッパークラスの方が利用するステータス・シンボルカードともとれるため、なんとなく審査が厳しいイメージがありますよね。

 

かつてはそのような側面が否定できなかったアメックスですが、現在において支払い能力に問題が見られない場合には、職業・年収・収入の安定性に関わらず、審査は通過します

契約社員や派遣社員,専業主婦であっても、配偶者などの世帯主に収入があればOK。
クレジットカードの審査で不利になりがちの自営業者でも問題なかったというパターンも多数報告されています。

 

これが銀行系クレジットカードの場合にはハナシが別。少しでも状況に影がある場合には審査否決の可能性が激増します。

ただしアメックスの場合、利用限度額を10万円や20万円といった極めて小さいものに設定されたりと、万が一の貸し倒れリスクついては考慮がなされています。

その他マイル無期限カードとの比較

AMEXスカイトラベラーカード

ANAアメックス以外にも、アメリカン・エキスプレスカードには無期限でポイントを貯めることができ、かつマイルに移行できるカードが存在しています。

ここでは年会費の水準がANAアメックスと近いこちらのカードと比較してみます:

  • アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)
  • スカイ・トラベラー・カード
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

 

項目/カード ANA
アメックス
アメックス
・グリーン
スカイ
トラベラー
デルタ
スカイマイル
年会費(税込) 7,560 12,960 10,800 12,960
ANAマイル移行費用(税込) 6,480 8,640 5,400
年会費+マイル移行費用 14,040 21,600 16,200 12,960
家族会員年会費(税込) 2,700 6,480 5,400 6,480
ポイント有効期限 ポイント移行コース
登録で無期限
一度のアイテム交換
で無期限
無期限 無期限
(直接マイル付与)
マイル付与率 1.00% 1.00% 1.00% 1.00%
マイル付与率(ANA) 1.50% 1.00% 3.00% 1%
(※デルタ2%)
年間利用ボーナス 100万円ごと
3,000ボーナス
マイル
継続ボーナス 1,000マイル 1,000マイル 2,000マイル
(※デルタ)
フライトボーナス 10% シルバー
メダリオン特典
旅行傷害保険 最高3,000万円 最高5,000万円 最高3,000万円 最高5,000万円
ショッピング保険 最高200万 最高500万 最高200万 最高500万
プライオリティパス 有料
リターン・プロテクション
海外旅行先での日本語サポート グローバル・ホットライン
空港ラウンジ
手荷物無料宅配 片道 往復 片道 片道
空港クローク
空港パーキング
エアポート送迎
エアポート・ミール
無料ポーター
海外用レンタル携帯電話特別割引
エクスペディア・一休.com・日本旅行優待
レンタカー・カーシェアリング優待
カード盗難・紛失の場合の緊急再発行
チケット・アクセス
アメリカン・エキスプレス・セレクト
コットンクラブ
新国立劇場
死亡・後遺障害(国内旅行保険) 2,000万円 5,000万円 2,000万円 5,000万円
死亡・後遺障害(海外) 3,000万円 5,000万円 3,000万円 5,000万円
傷害治療(海外) 100万円 100万円 100万円 100万円
疾病治療(海外) 100万円 100万円 100万円 100万円
救援者費用(海外) 200万円 200万円 200万円 200万円
賠償費用(海外) 3,000万円 3,000万円 3,000万円 3,000万円
携行品損害(海外) 1旅行30万円
/年100万円
1旅行30万円
/年100万円
1旅行30万円
/年100万円
1旅行30万円
/年100万円
航空便遅延費用補償(海外)

ANAアメックスとスカイ・トラベラー・カードを比較した場合、ANAグループでのマイル付与率,航空便遅延費用補償(海外旅行)は、スカイ・トラベラー・カードの方が優れています。

しかし、年会費・マイル移行費・家族カード年会費,フライトボーナスマイル,海外旅行傷害保険,空港クロークサービス,ANA一般カード特典,ANAマイレージクラブカード機能は、ANAアメックスが上回っています。

 

ANAアメックスとアメックス・グリーンを比較した場合、往復の手荷物無料宅配,海外旅行傷害保険,プライオリティパス12)スタンダード会員・ラウンジ利用は有料,リターン・プロテクションなどの諸特典は、アメックス・グリーンが優れています。

一方、年会費・マイル移行費・家族カード年会費,ANAグループでのマイル付与率,フライトボーナスマイル,継続ボーナスマイル,ANA一般カード特典,ANAマイレージクラブカード機能は、当然にANAアメックスが上回る結果となりました。

 

異なるマイレージプログラム間で一概に比較はしづらいものの、ANAマイルを貯めたい・ANAグループ便利用が多いといった場合は、ANAカード機能が搭載されているANAアメックスが最有力候補となります。

ANAアメックス・ゴールドカードとの比較

ANAアメックスゴールド

ANAアメックスには上位カードとしてゴールドカードの設定があります。

年会費が高くなる代わりにANAワイドゴールドカードの特典/アメックス・ゴールドカードの特典も付帯するようになっているんです。

 

アメックスの一般カードとゴールドカードを比較した場合、以下の点でゴールドカードが優位になっています:

  • ポイントが無条件で無期限
  • ANAグループ利用時のマイル付与率が0.5%UP
  • 継続ボーナス・フライトボーナス
  • ビジネスクラスチェックインカウンター利用可能等のANAゴールドカード特典
  • 旅行傷害保険
  • リターン・プロテクション・キャンセルプロテクション
  • 海外旅行時のサポートが安心のオーバーシーズ・アシスト
  • その他アメックス側の特典

年会費の差がこれら追加される特典に匹敵するか・欲しいかを勘案した上で、どちらがよいかを決めるカタチになります。

スーパーフライヤーズカードにする場合はゴールド必須

スーパーフライヤーズカード(SFC)は、年会費を払い続けるだけで生涯のANA上級会員ステータスを維持できるクレジットカードです。

▽スーパーフライヤーズカードについてはこちらの記事で詳しく解説しています☆

スーパーフライヤーズカードJCB
スーパーフライヤーズカード(SFC)は、一度取得してしまえば生涯ANA上級ステータスとほぼ同等のサービスを受けることのできるクレジットカードです...

もし、SFCをアメックスブランドで取得したい場合、ANAアメックスカードをスーパーフライヤーズカードに切り替えることはできなく、ANAアメックス・ゴールドカードSFCへの新規申し込みとなってしまいます。

この場合、審査落ちのリスクがゼロとはいえませんから、将来的にSFC取得を考えている場合には、はじめからANAアメックス・ゴールドカードを手に入れておくことが肝心です。

 

プレミアムメンバー「プラチナサービス」になった時点で、申し込みたいSFCカードと同等のANAカードを事前に発行しておき、同じ国際ブランドのSFCカードに切り替えるのが無難です。

まとめ

ANAアメックスカードIC付き

ANAアメックスはANAグループ利用でのマイル還元率が1.5%(+1%のマイルで合計2.5%還元)となる大変お得なクレジットカードです。

一般カードとしてはポイント有効期間が3年と長いうえ、マイル移行手数料を支払っていけば、有効期間は実質無期限となり、ゆっくり確実にマイルを貯めていくことが可能です。

また、同伴者1名まで無料の空港ラウンジ利用権や手荷物の無料宅配,家族特約付きのカード保険など、T&Eが得意なアメックスならではのメリット・特典が超充実です。

さらに、充実した海外サポートもついて旅行出張も怖いものなし!年会費を補って余りある魅力が満載のクレジットカードです。

ANAアメックス公式サイトはこちら

   [ + ]

1. 羽田空港第2ターミナル内 ANA FESTA 対象店舗
1,000円(税別)以上の購入で対象。【対象店舗】ANA FESTA60番,59番,52番ゲートフード店(※52番はアイスコーヒーのみ),北バスラウンジフード店(ロビー側3F飲食店「魚米処 旬店」は対象外)
2. ワールドワインバー by ピーロートにてフードメニューを1品以上ご注文の場合。
3. 2016.4.1より、ANAショッピング A-styleでのお買い物は、ANAショッピングポイントとの併用した場合でも5%の割引適用となっています。
4. 従来は「プラスEX」だったが、2017.9より「エクスプレス予約」にリニューアル。
5. グリーンプログラムは、エクスプレス予約で乗車すると、利用区間に応じて、登録不要で自動的にポイントが貯まるおトクなプログラム。ポイントを貯めると、普通車指定席の料金でグリーン車が利用できます。
6. ランチは2,000円・3,000円,ディナーは5,000円・7,000円(税・サービス料別)
7. カード発行当初の利用限度額は10万~100万が目安
8. 2017.2.15より、新規発行の際のみ918円(税込)の発行手数料が発生。
9. ただし、発券手数料や諸税など細かい経費は発生する。
10. ANA便搭乗により付与されるお客様ポイントのようなもの。詳細は『ANAのプレミアムポイントを貯めるメリットとは?みんなが欲しがるPPの仕組み』を参照のこと。
11. 生活費等の決済を集中させれば、一般の方でも容易に達成できる利用金額です。
12. スタンダード会員・ラウンジ利用は有料
マイルを爆発的に貯める”秘密”を覗いてみませんか? マイルを貯めて旅に出よう

『ビジネスクラスでハワイに行ったよ!』
『ファーストクラスに乗っちゃった!』

これはどこのお金持ちの話かって?
いえいえ、ごく平均的な会社員の一家に起きた出来事です。

ただ1つ違うのは、この家族が1年間に30万オーバーもの大量マイルを貯めて豪華な旅行を繰り返す『陸マイラー』であるというコト。

ー 30万マイルで出来ること -

  • 憧れのファーストクラスやビジネスクラスの利用
  • 年2回・夫婦2人でビジネスクラスを利用してハワイ旅行
  • 年1回・夫婦2人でファーストクラスを利用してニューヨーク旅行
  • 世界一周旅行
  • 年4回・家族4人で沖縄旅行
  • 年何回でも・日本全国どこへでも  …and more.

30万マイルがあれば、これだけの・これ以上のコトが自由に実行できるようになるんです。
もちろん、詐欺的行為や危ない事は一切なし。そして余計な出費もほとんどありません。

貯めにくい・貯まらない,それゆえ使えない!というイメージが先行しがちな『マイル』を誰にでもできる方法で爆発的に生み出し、贅沢する方法…

その秘密を、ちょっとだけ覗いてみませんか?

30万マイルの秘密を知る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メルカリ便でマイルを稼ぐ

メルカリ便の匿名配送で初心者も安心取引!陸マイラーが商品代金100%還元案件を使...

NO IMAGE

クレジットカードのポイントをフリマサイト自己売買でタダ取りできるか!?の思考実験

自作クレジットカード使用で韓国籍女を逮捕

自作の偽造カードを350回以上使い電子タバコや新幹線の切符などを騙し取った疑いで...

ちょびリッチはクレジットカードが得意

クレジットカードが大得意!ちょびリッチを活用して大量マイルを獲得しよう!

ANAメインカードの変更

ANAメインカードって何!?変更の手順を図解します!

クレジットカード多重申し込み

クレジットカード多重申し込みという闇|あなたのカードは今月何枚目?