マイルとは?これからマイルを貯める人に送る8つの基礎知識

マイルとは

1ポイントの価値を最大化できるものはマイルが一番であることは分かったけど、そもそもマイルとは何なんでしょうか?

飛行機にもそんなに乗らないし、自分には全然なじみがないし、貯めても使い道がないのでは?と心配な方も多いと思います。

そこで、「マイルの基本的な仕組みってどうなってるの?」「そんなに必死になって貯めてどうなるの?」といった疑問を1つ1つ解決して、目的と自信を持ってマイルを貯めることができるようにしていきましょう!

▽ANAマイルの貯め方・使い方・交換方法など、知識の総集編についてはコチラの記事をご覧くださいませ☆

ANAマイルの貯め方・使い方・交換方法のまとめ
本記事は、当ブログにおいてこれまでご紹介してきた『ANAマイルの貯め方・使い方・交換方法』などを見やすく集約したまとめ記事。 順序よく章立...

マイルとは何なのか?

マイルのポイントカード

『マイルとは何か』この問いに一言で回答するならば、ANAやJALといった航空会社が、自社を使ってくれるお客様に提供するポイントという答えになります。

身近な例でいうと、マツモトキヨシなどのドラッグストアで買い物すると付いてくるポイントのようなものと同じです。

 

お店側から見ると、自社を利用してくれる方に利用実績に応じたポイントを付与することで、次回も利用してもらいやすくなります。

お客側から見ると、貯まったポイントを次回お買い物時に割引などに使うことができます。

 

この、お店とお客さん両方にとってメリットがあるお得意様ポイントの飛行機版がマイルです。

マイルの醍醐味は特典航空券への交換

ファーストクラスの航空券画面

お店のポイントカードでは、貯まったら500円割引や粗品をプレゼントなど、ごくごく小さなモノにしか交換ができませんが、マイルは特典航空券という非常に大きなモノへの交換が可能であり、これこそがマイルの醍醐味であると言えます。

 

マイル特典航空券は、国内線だけでなく、国際線の航空券にも交換可能です。

もっと言うと、国際線特典航空券ではエコノミークラスだけではなく、ビジネスクラス、ひいてはファーストクラスの特典航空券だって狙うことができます

ANAファーストクラス搭乗券
ANAのファーストクラス… 泣く子も黙る国際線最上級クラスにこの私が乗(れ)ることになろうとは、以前の私には想像もつきませんでした。 ...
ANAビジネススタッガードシートの全体
ANAのビジネスクラスって本当に快適― とりわけ現在の主力機搭載機材の主流であるANAビジネススタッガード(BUSINESS STAGGE...

 

このような点から、マイルというのは非常に夢のあるポイントということができるんです。

マイレージとは何なのか?

『マイル』を検索すると一緒になってついてくる『マイレージ』という単語。
マイルとマイレージは同じものと考えがちですが、厳密には意味が違うんです。

マイルを貯める者の基礎知識として、この機会にぜひ覚えておきましょう。

マイル

ポイントのイメージ

マイルとは、各航空会社が利用者に対して付与してくれるポイントそのもの

例『マイルを貯める』

航空会社ごとに貯まるマイルは異なりますから、これは、お店のポイントカードとおんなじですね。

原則的にANAで貯めたマイルはANAで、JALで貯めたマイルはJALでしか利用できません。

マイレージ

ポイントプログラムのイメージ

マイレージとは、各航空会社が提供している、ポイントプログラムやポイントシステムのことを表しています。マイレージプログラムともいいますね。

例:『マイレージに入る』

ANAであれば、ANAマイレージクラブ(略称:AMC)が、JALであればJALマイレージバンク(略称:JMB)がマイレージに相当します。

マイレージごとに貯まるマイルは違いますので、

  • マイル = ポイント
  • マイレージ = ポイントプログラム

と覚えればいいですね。

間違えたところで何も問題はないのですが、知っていると知らないとでは玄人感が違うと思います。笑

マイルの計算方法

マイルの計算

例えばお店で付くポイントは、『お会計200円ごとに1ポイント』といった計算が多いですが、航空会社のマイルはどのように付与されるのかを知りましょう。

マイルの換算

具体的な航空マイルの説明に入る前に、単位としてのマイル(mile)を知ってマイルの意味を確認しておきましょう。

そもそも『マイル』というのは、ヤード・ポンド法における長さの単位です。

通常は、主に陸上の長さの計測に用いられ、 1 国際マイル = 1760 ヤード ≒1600 メートルを指しますが、航空・航海の場合は1国際海里=1852メートルが用いられています。
Wikipediaより引用・一部改編

マイルの仕組み~マイルは飛行距離に応じて付与される~

単位としてのマイルがわかったところで、具体的にマイルがどうやって付与されるのか、マイルの仕組みを見ていきましょう。

 

マイルは、基本的には飛行距離に応じて付与されます。航空の場合は1,852メートルの飛行距離で1マイルが付与される計算になります。

国内の定期運行路線における区間運航距離については国土交通省に統計資料がありますので、こちらを参照します。

 

この中から一番利用頻度が高い路線であろう東京(羽田)-大阪(伊丹)間の区間運航距離を見てみると、514キロとなっています。

航空の1マイルは1,852メートル(1.852キロメートル)ですので、東京(羽田)-大阪(伊丹)間の搭乗で付与されるマイルは 514キロ/1.852キロメートル/マイル≒278マイル となります。

 

いちいちこんな計算をしないといけないの?と思うかもしれませんが、実はそんな必要はありません。

ana国内線区間基本マイル

これはANAの時刻表の一部を切り取ってきたものですが、東京-大阪(伊丹)間が280マイルと標記されていますので、手計算と大体一致しています。

このように、時刻表などには搭乗区間(路線)に応じた基本マイル数が掲載されていますので、参考とすることができます。1)付与されるマイル数は運賃に応じて変動。例えば、普通運賃であれば付与率100%で280マイルもらえるところ、パッケージツアーなどの包括料金運賃であれば付与率50%の140マイルとなる。

また、航空会社のサイト(ANAであれば、ANAフライトマイル・プレミポイントシュミレーション)からも確認することができます。

anaフライトマイルシュミレーション△搭乗日・区間・利用カード種別・運賃を選択。

搭乗区間ごとのフライトマイルを検索△搭乗区間ごとのフライトマイルが一発で検索できます。

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

マイレージプログラムへの登録が必要

ここまでマイルとマイレージの違い、そしてマイルの計算方法や付与のされ方などについて確認してきました。

基本的には飛行機に搭乗して、実際に飛行した距離に応じてマイルが付与されるのですが、ただ単純に搭乗すれば貯まるのかといえばそうではありません

 

各航空会社が提供している、ポイントプログラムである、マイレージプログラムに登録が必要です。

 

本ブログはANAマイルについてのブログですから、以下ANAのANAマイレージクラブ(AMC)を例にまとめます。

公式サイトからANAマイレージクラブへ登録

ANAマイレージクラブ入会ページから簡単に会員登録することができます。登録にあたって、入会金や年会費は無料で一切かかりません。

登録すると10桁のお客様番号が割り当てられ、これをもとにマイルが付与されていきます。会員登録後は『ANAマイレージクラブカード(クレジット機能なし)』が郵送されてきます。

ANA提携クレジットカード作成時に登録

ANAが提携しているクレジットカード(以下、ANAカードとする)の作成時に自動的に登録されます。

anaカードのお客様番号

ANAカードはANAマイレージクラブカードを兼ねており、このようにANAカードの左下の方にお客様番号が表示されています。

基本的には1枚のANAカードに1つのお客様番号が割り当てられますので、複数枚のANAカードを保有している方は複数のお客様番号を保有していることになります。

 

一人で複数のANAお客様番号を保有している場合、それぞれの番号ごとにマイルが管理されていきますが、ANAお客様番号にはメイン・サブの関係がありますので、問題なく管理可能です。

▽ANAカードのメイン・サブとその切り替えについてはこちらの記事で解説しています☆

ANAメインカードの変更
陸マイラー活動を進めるにつれ増えていくクレジットカード。その中にはソラチカカードを含め、ANAカードが複数含まれていることも当然あり得ます。 ...

 

ANA提携クレジットカード作成時にANAマイレージクラブに登録した場合は、作成したクレジットカードごとに年会費がかかることになります。

マイルを貯める方法

マイルとマイレージの違いから始まり、マイル付与の方法とマイレージの登録までわかったところで、今度は具体的にマイルを貯める方法について確認してみましょう。

 

  1. 飛行機に搭乗してフライトマイルを貯める
  2. クレジットカードの決済ポイントをマイルに交換する
  3. ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換する

マイルを貯める主な方法を3つ書き出してみました。

 

まず、についてはザ・王道ともいえる方法

しかしながら、『飛行機にたくさん乗っていたら自動的に貯まっていた』という形で増えていくマイルですので、貯めようと思って貯まる方法ではありません

 

例えば1万マイルを貯めようと思ったとき、東京(羽田)-大阪(伊丹)間であれば1往復で560マイルですから、約18往復分となります。

週に1回の大阪出張と考えても約5ヵ月を要することになってしまいます。

 

②番についても王道的な方法です。いわゆる『還元率の高いクレジットカード』を使い、集中的に決済することで大量のクレジットカード決済ポイントを貯めて、それをマイルへと交換します。

しかしながら、仮に1%のマイル還元率のクレジットカードがあったとして、100万円の決済2)日本人が1年間でクレジットカード決済をする金額の平均は約70万円となっているが、簡単のため100万円とする。でやっと1万マイル分のポイントしか獲得できません。

①番に比べればマシではありますが、それでも微々たるマイルに変わりはありません。

▽1枚のクレジットカードをどれだけ使い倒しても全然マイルは貯まらない…という現実を以下の記事でご確認いただけます。

ANAカードだけではマイルが貯まらない
マイルを貯める方法といえば、飛行機に乗ることの次くらいに思い浮かびそうな『クレジットカード決済のポイント交換』という方法。 そのため、マイ...

 

③番はこれまでの王道的方法に代わるマイルの貯め方です。

飛行機にたくさん搭乗するのにも限界がありますし、クレジットカードのポイントを貯めようと思ってもそこには収入のカベが高く立ちはだかります。

その障壁に穴を開けるのが、ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換する方法です。

ポイントサイトからソラチカカードを使ってanaマイルへ移行

具体的にはポイントサイトで貯めたポイントを、ソラチカカードというクレジットカードを通してマイルへと変換します。

▽ソラチカカードについてはこちらの記事で徹底的に詳しく解説しています☆

ソラチカカード
重要!2018.3.31をもってソラチカルートは事実上消滅です! …が、まだまだ大量マイルをゲットする方法はきちんと存在しています☆ ...

この方法であれば、毎月18,000マイル、1年間で216,000マイルという驚異的なマイルを貯め続けることができます。

このブログでは、そのための様々な情報をまとめていきますので、ぜひ他の記事もご参照ください。

みんなのマイルはどのくらい?

みんなはどれだけマイルを持ってるの?

マイルの貯め方の一端を紹介したところで気になってくるのが、『ところで他の人はどれだけマイルを持っているの?』というところではないでしょうか。

少し古い情報ですが、日経トレンディのアンケート調査結果がありますので紹介いたします。

平均保有マイル数は3.2万マイル

日経トレンディのアンケート調査結果によると、40代~50代の平均保有マイル数は3.2万マイルとのことです。

 

例えば月に1度は飛行機を使った出張があり、1回の平均獲得マイルが600マイルとして600マイル×12ヵ月=7,200マイル。

家計支出のうち、100万円程度を1%のマイル還元率のクレジットカードで決済したとして10,000マイル。合計で17,200マイルです。

 

そして、このマイル数では魅力的なマイル特典には交換できませんから、繰越をしているとして、2年で34,400マイルです。

 

「5000マイル未満」が24.3%、「5000~2万マイル未満」が30.2%と、5割が「2万マイル未満」という結果になった【図2】。平均保有マイル数は30,713マイルだ。「10万マイル」以上ためている人は約1割で、40代、50代でやや高い傾向が見られた。

平均保有マイル数約3万マイル – 日経トレンディネット

記事本文中ではこのようにまとまっています。

本項で、月1回出張の平均的家庭のモデルを作ってみましたが、良く一致しているのではないでしょうか。

つまり、フツー(普通)の生活でフツー(普通)方法をとっている人は、大した額のマイルを保有していないんです。

マイルを貯める意味とは

マイルを貯める意味は特典航空券に交換するため

冒頭でも記載しましたが、マイルの醍醐味は特典航空券への交換にあると言えます。そのためにみんなマイルを貯めているといっても過言ではありません。

お店のポイントカードが貯まった♪と喜んでいる場合ではありませんよ?

普通に購入したら数万円、モノによっては数十・数百万円する航空券が手に入るんです。こんなに夢のあるポイントプログラムがあるでしょうか。

効果的なマイルの貯め方を知る

しかしながら、特典航空券交換に必要なマイルを貯めるには、フツー(普通)の方法では太刀打ちできません

 

例えばハワイへビジネスクラスで行きたいと考えているとします。

ANAの必要マイルチャートを確認すると、渡航シーズンにもよりますが、1人65,000マイル程度が必要です。

リゾートに1人で行くわけはないでしょうから、夫婦2人なら130,000マイルが必要になることになります。

 

さきほどのモデルで計算すると、1年で1.7万マイル貯まるとして、7.6年(!)ちょっと気が遠くなる年数です。

 

その一方で、マイルには、1年で30万マイルを超えるマイルを継続的に獲得できる効果的な貯め方存在

これは平日サラリーマンをしている方でも、主婦(夫)の方でも、問題なく実践できる方法です。

30万ANAマイルの貯め方
リスクなしで無料の海外旅行をゲットできますよ! 突然こんなコトを言われたら、恐らくほとんどの方が『ウソだ』『詐欺かもしれない』と感じるでし...

 

私は実際に大量のANAマイルを貯め、ANAビジネスクラスを使ったハワイ旅行を実現させることができました。

普通なら絶対に買うことのないであろう、1人あたり40万円オーバーの航空券を、ほぼ無料で手に入れることができたんです。

▽マイル特典航空券で実現したハワイ旅行記はこちら☆

2016ハワイまとめ
青い空と海、そして爽やかな風。写真を見かえしていると、ハワイ・オアフ島での記憶が鮮明によみがえってきます。 この記事は、2016年のハワイ...

『知っている人だけが得をする』こんな世界が広がっています。

マイルにも有効期限があります

anaマイルのタイムリミット

『マイルの仕組みも理解できたし、貯めたらいいコトがあることもわかった。

けど、1万マイルだって貯めるの大変なのに、1年で20万マイルなんて怪しすぎる

どうせ時間もたっぷりあるんだし、クレジットカードで地道に7年貯めるわ

 

…ちょっと待ってください!マイルの基本を語るうえで重要なことをお伝えし忘れていました!

マイルは永久に貯まり続けるわけではありません。お店のポイントカードもそうであるように、航空マイルだって有効期限があるんですよ?

ANAマイルは有効期限が3年しかない

anaマイルの有効期限

ANAマイルについて解説すると、有効期限は3年です。正確には、マイル取得月から3年後の月末が期限となります。

 

より具体的にしてみましょう。

2017年1月5日に東京(羽田)-大阪(伊丹)間のANA便に搭乗し、280マイルを獲得したとします。その280マイルは、マイル取得月から3年後の月末、2020年1月31日に有効期限を迎えます。

有効期限が切れたマイルは当然失効してしまいますので、ムダにしてしまうことになるんです。

マイルは効率的に貯めて効率的に使う

時間をかけて貯めこむことができないのであれば、マイルは短期間で効率的に貯めなければ有効に活用することはできません

その方法は、調べればいくらでも出てきますが、広く知れ渡っているわけではありません。

 

今あなたはいくらのマイルを持っていて、有効期限はいつまでですか?

 

これから取り組めば、現在の保有マイルに加えることで、これまでムダにしてきた分を差し引いてもおつりが来るくらい、効果的に使うことができるかもしれません。

まとめ

  • マイル=ポイント,マイレージ=ポイントプログラム
  • マイルは約1.8キロメートルの飛行距離で1マイルと計算
  • マイルを貯めるにはマイレージへの登録が必須
  • マイルを貯めるには飛行機利用、クレジットカード決済、ポイントサイト活用の3つがあり、3番目だけが唯一限界を超える方法
  • マイルの醍醐味は特典航空券への交換

マイルって本当に夢のあるポイントです。ただし、特典航空券に交換するには、効率的な方法を知って、短期間で大量に貯めることが必要。

難しいことはなーんにもありません。誰でも実践できる方法を知って、一緒にマイルの魅力を感じてみませんか?

   [ + ]

1. 付与されるマイル数は運賃に応じて変動。例えば、普通運賃であれば付与率100%で280マイルもらえるところ、パッケージツアーなどの包括料金運賃であれば付与率50%の140マイルとなる。
2. 日本人が1年間でクレジットカード決済をする金額の平均は約70万円となっているが、簡単のため100万円とする。
マイルを爆発的に貯める”秘密”を覗いてみませんか? マイルを貯めて旅に出よう

『ビジネスクラスでハワイに行ったよ!』
『ファーストクラスに乗っちゃった!』

これはどこのお金持ちの話かって?
いえいえ、ごく平均的な会社員の一家に起きた出来事です。

ただ1つ違うのは、この家族が1年間に30万オーバーもの大量マイルを貯めて豪華な旅行を繰り返す『陸マイラー』であるというコト。

ー 30万マイルで出来ること -

  • 憧れのファーストクラスやビジネスクラスの利用
  • 年2回・夫婦2人でビジネスクラスを利用してハワイ旅行
  • 年1回・夫婦2人でファーストクラスを利用してニューヨーク旅行
  • 世界一周旅行
  • 年4回・家族4人で沖縄旅行
  • 年何回でも・日本全国どこへでも  …and more.

30万マイルがあれば、これだけの・これ以上のコトが自由に実行できるようになるんです。
もちろん、詐欺的行為や危ない事は一切なし。そして余計な出費もほとんどありません。

貯めにくい・貯まらない,それゆえ使えない!というイメージが先行しがちな『マイル』を誰にでもできる方法で爆発的に生み出し、贅沢する方法…

その秘密を、ちょっとだけ覗いてみませんか?

30万マイルの秘密を知る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴールドカードの審査は甘くなった?

クレジットカード|ゴールドカードの年齢・年収制限ハードルは低下傾向?

Tポイント→ANAマイル

ANAマイルをTポイント経由で貯める方法|交換上限なし!短期移行完了のTポイント...

ポイントサイト・反映しない時

焦るな!ポイントサイトを経由したのに(予定)明細へ反映しない場合に確認すべき3つ...

外食モニターは楽チンに大量マイルをゲット可能

外食モニターは誰でも実践可能な大量マイル獲得手段!ポイントサイトの覆面調査で実質...

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラス|ほんの少しの意識変革でマイル還元率アップ!その内容とは...

PeXの使い方と登録方法

PeXのポイントをメトロポイントへ交換し3倍効率的なマイル活動を!