もはや飛行機は路線バスに?超大型旅客機が消滅の危機

A380などの超大型機は絶滅の危機か

「ジャンボジェット」の愛称で親しまれたボーイング747や、総2階建てで知られるエアバスA380など、いわゆる超大型旅客機が消滅の危機に瀕している。

 

背景にあるのは、航空輸送の活発化に伴う運行効率の向上である。

超大型旅客機が消滅の危機?

A380
超大型機は、圧倒的な客室空間の広さが好評を博し、一部の顧客から熱烈に支持されてきた。

しかし航空機はもはや路線バスと同じになっており、効率性が最優先される時代となった。ゆっくりと空の旅を楽しむ余裕がなくなってしまったようだ。

 

2018年1月、欧州航空機大手のエアバス幹部が、総2階建ての超大型機エアバスA380について生産中止を検討していると発言し、市場に衝撃が走った。

その後、A380の大口顧客であるエミレーツ航空から追加の発注があったため、当面は生産を継続できる見込みとなった。

エアバスA380
欧州の航空機大手エアバスは総2階建ての超大型機A380について、既に受注した分を除き生産を中止する可能性を示唆したと、欧米メディアが伝えています...
エミレーツA380を再発注
アラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空(Emirates Airline)は18日、欧州航空機大手エアバス(Airbus)とA380型機を計...

 

ただA380の販売不振は以前から伝えられており、状況が大きく変わったわけではない。

ボーイングもジャンボ・B747の生産中止をこれまで何度も検討

Boeing 747 Sunrise at Schiphol
エアバスのライバルである米ボーイングも、ジャンボの愛称で親しまれた超大型機ボーイング747の生産中止を何度も検討している。

同機についても一定のニーズが存在するため、生産を継続できる可能性も残されているが、機体としてのピークが過ぎたことは間違いないだろう。

 

超大型機が厳しい状況に置かれているのは、航空機が売れないからではない。世界の航空需要はうなぎ登りとなっており、両社の業績は好調だ。

ボーイングは17年に763機の航空機を受注しており、純利益は前年比でほぼ倍増となった。18年には過去最高となる815機の受注を見込んでいる。

エアバスも増収増益となっており、民間航空機部門では7年先までの受注残を抱える状況だ。

 

ところが、各社が受注しているのは、ほとんどが中型以下の機体ばかりで大型機は低迷している。

ボーイングが17年に納入した763機のうち、529機がボーイング737というロングセラーの小型機、136機は最新鋭の中型機であるボーイング787であった。

大型機は90機ほど納入しているが、このうちの大半が双発で取り回しの良いボーイング777となっており、超大型機であるボーイング747はわずか14機だった。

 

年間14機ということになると、月産1機超のペースである。

同機は1969年に初飛行したロングセラーだが、さすがに月産1機レベルになってくると、採算が厳しくなってくる。生産中止を検討するのは当然の成り行きといっていいだろう。

 

エアバスも同様で、2017年に納入した718機のうち558機が小型のA320という機種であった。超大型機であるA380は15機しかない。

もはや飛行機は路線バスに?超大型旅客機が消滅の危機

もはや飛行機は路線バスに 超大型旅客機が消滅の危機 (1/3)

「ジャンボジェット」の愛称で親しまれたボーイング747や、総2階建てで知られるエアバスA380など、いわゆる超大型旅客機が消滅の危機に瀕している。背景にあるのは、航空輸送の活発化に伴う運行効率の向上である。 …


要するになんでよ?



昔は、安全性確保のため、海を渡る飛行機は四発が義務付けられており必然的に大型
になった。この流れで生まれてきたのがB747であり、最近ではそれをさらに推し進めた
A320。当然、長い滑走路を持った大型空港が必要で、ハブ空港という概念が生まれた。

しかし、技術の進歩により、安全面からは双発でもOKということになった。
また、技術向上に伴い燃費が良くなり、海をわたるほどの長距離飛行も可能になった。
エンジンが2つで済む中型飛行機は、短い滑走路で済むため、各地のローカル空港への
乗り入れも可能。
となると、ハブ空港を経由して地方空港に行くよりも、直接、地方空港に飛んでいった方
が手っ取り早いという考えが出てきた。この流れで生まれてきたのが最新のB787。

これまで通り、大型化&ハブ空港の概念で行くか、それとも中型機による直接乗り入れと
いう新たな概念と果たしてどちらが勝つか10年以上前から話題になっていた。
その論争に決着がついたということ。



超狭い席に長時間も座っていたくないけど
超大型いいやん



羽田~千歳・福岡はA380にしたほうがいいと思う。
2FはJAL・1FはANAみたいな共同運行にして離着陸枠を空けた方が
羽田が有効活用出来ていいと思うんだけど。



ワイドボディ機は乗降に時間がかかり過ぎる。



新幹線のスピード上げるのが一番良さそう。



楽しめって言われても飛行機じゃ狭すぎる
旅情を求めるなら船がいい



運賃は整理券と一緒に運転席横の運賃箱に入れるんだな。



じゃあ客室乗務員も居らんのか



じゃあ、座席のわきに「つぎとまります」ってボタンもよろしく。



787の勝利だね。まさにゲームチェンジャー
いち早く発注した日本のキャリアは経営絶好調だよ



NHの国内線普通席とか、787は3-3-3の横並びだものな。767の2-3-2よりもはるかに詰め込まれている感じ。漏れはあまりにもの狭さに降参して、新幹線へ逃げますたぉw



あんまりでかいとなー
満員にならないと不採算で飛べないんだろ



地方路線だと日本でも経由が出てきたよね
なくなっちゃったけど札幌発(函館経由)三沢行とか



燃費が悪すぎて使われないだけだしな



大型機はゆれなくて良い
747のラスト搭乗、離陸してすぐ眠り、着陸した衝撃で目が覚めた



席が重心位置近くだっただけだろう



羽田の離陸後、機体を大旋廻させながら上昇するとき
大型機だと衝撃強すぎたぜ、ジェットコースターより怖かった



何年か前にテストして失敗した、「おしり飛行船」とか呼ばれてた双胴飛行船がいいな。
今後は速度よりコストや快適さがウリになるかも。
椅子に何時間もじっとしてるのは本当にしんどい。
船旅くらいに動き回れたらいいのに。

浮揚袋が硬質で内部真空にできるなら面白いのに。



エコノミー席の横幅はガマンするが
前後幅はもう少し広げてくれ



超音速機を作ってくれよ
ハワイまで30分ぐらいで飛んで欲しい



現実はパイロット不足対策で大型機に戻りましたw



MRJに追い風吹きまくりやな!
これはますます売れるでぇ!
株を買い増しや!

MRJの開発費用回収には800機の販売が必要
MRJはこれまでに計447機(オプション契約を含む)を受注してきたが、とうとうキャンセルが出た。 今後は計200機を発注した米スカイウェス...

 


旧スカイマークが躓いたのが380の契約だったな



エンブラエルみたいな、2-2がいちばんいい。
必ず、窓側か通路側に座れる。

だから、ジェイエアとかFDAとか、こういう小型の機体で揃えている会社が好き。
いくら安くても、3-3-3とか絶対いや。
そういえば、つい最近もFDAに新しい機体が到着したね。
がんばってもらいたい。

スポンサーリンク

A380だとなんか福引きで一等当たった気分になるけどな。
エコノミーでも2階席だとなおうれしい。



737とかa320は狭くて嫌い
通路一つで6列とか死ぬる



超大型A380は長い滑走路と広いターミナル・ランプが必要
新しいB777は翼端を折りたたむようにして狭いランプにも対応する
特定の便に大勢の客を集めてコストを支えるのは大変
利点は空間の広さ、アメニティースペースも作れる、航続距離の長さ

ベストセラーB737は短い滑走路と狭いターミナルしか無い田舎の空港も行ける
機体価格も安いから多数そろえて、便数を増やす、利便性が良い
欠点は客席の狭さ、航続距離の短かさ

B787は中型ながら新技術で快適に長距離を飛べるようになった
客室に加湿器が付いていたり、巡航中の室内の気圧が高いなど
A350Xも新技術が多い、新型機は利点が多い半面、高価格になる



B787でアブダビ乗り継ぎのとき沖止めで日本から来た便なのにこの扱いかよって思ったが
ボーディングブリッジにズラリと並ぶA380見てこれはしゃーないって理解した



だから何だよとしか・・・
飛行機マニアは不満なのかもしれんがそんだけの話じゃん
超大型機は墜落した時の死人も多いし



羽田は枠足りないんだから737以下の機体の離発着禁止しろ



搭乗中の最善の時間の使い方は寝ることだと思う
時差ボケは少ないし、起きていて何か考え手も生産性は低いんだよ
となるとシート等のサイズ以外にサービスの差はあまり見いだせない
身長体重が標準ならエコノミーで足りる
座りっ放しの状況で飲食は身体に悪い



ANAのはホノルル線に投入されるんだっけ?
あと数機あれば次はNY行きかパリ行きのドル箱路線に投入出来るのに。



科学技出の進歩はあらゆる産業を儲からない仕事にしてしまうな



747に今でも発注あることに驚き
俺はまだA380に乗ったことがないからまだやめないで



多分、ほとんど貨物機じゃね?
貨物機としては生産している競合機種がないから



確かに慣れたらただの公共交通機関だからな



747やA380なんて東京-札幌、東京-大阪並みの需要がないと
マトモにペイできないだろ



しかもA380は巨大すぎて回りの気流が乱れるから超過密な羽田への就航は禁じられてるのでますます使い道がない



国内のオンボロ767が321neoに変わっていくんだろうな
需要の先細りもあるだろうし



機体小さくなったせいでいつも満席な印象、アジア線でも747使ってた頃は飛んでから空いてる席探して、1列独り占めで横になって爆睡とか出来た。



ほんそれ
昔は高いビジネスなんか使わなくていいやなんて思っていたわな。その頃はフルフラットビジネスなくて、747の4席エコノミーフラットの方が快適(笑)



737がこんなに長く使われるとは
当時は考えてもみなかったんだろう

ボーイングが2017納入数で新記録
航空機メーカー世界大手のボーイングが2017年に納入した数は763機となり、業界の新記録を樹立したことが分かりました。 これまでの記録は2...

 


ロンドン羽田とか人気路線は超大型機で限定したらいいのにね。



優先席も設置されるのかな



飛行機もAIで操縦できるな
ドローンみたいな飛行機出てこいや



今でも離着陸含めて自動化出来る、機長は万一落ちて500人犠牲者出たときに責任取るために乗ってるようなもの



そもそも機長が責任取る必要あるのかな?
機長が操縦しないなら責任取らせたところで何も意味ない。



最近の飛行機が混んでるのは飛行機の機体のサイズとはなんの関係もないぞ

どんぶり勘定だった昔と違って搭乗率・空席率をちゃんとコントロール・在庫として管理して無駄なく販売するようになったから



そのせいで途中で遅れると後々遅延するのをどうにかしてほしい
出発時間が30分~1時間もずれたら空港で待つので疲れる

マイルを爆発的に貯める”秘密”を覗いてみませんか? マイルを貯めて旅に出よう

『ビジネスクラスでハワイに行ったよ!』
『ファーストクラスに乗っちゃった!』

これはどこのお金持ちの話かって?
いえいえ、ごく平均的な会社員の一家に起きた出来事です。

ただ1つ違うのは、この家族が1年間に30万オーバーもの大量マイルを貯めて豪華な旅行を繰り返す『陸マイラー』であるというコト。

ー 30万マイルで出来ること -

  • 憧れのファーストクラスやビジネスクラスの利用
  • 年2回・夫婦2人でビジネスクラスを利用してハワイ旅行
  • 年1回・夫婦2人でファーストクラスを利用してニューヨーク旅行
  • 世界一周旅行
  • 年4回・家族4人で沖縄旅行
  • 年何回でも・日本全国どこへでも  …and more.

30万マイルがあれば、これだけの・これ以上のコトが自由に実行できるようになるんです。
もちろん、詐欺的行為や危ない事は一切なし。そして余計な出費もほとんどありません。

貯めにくい・貯まらない,それゆえ使えない!というイメージが先行しがちな『マイル』を誰にでもできる方法で爆発的に生み出し、贅沢する方法…

その秘密を、ちょっとだけ覗いてみませんか?

30万マイルの秘密を知る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麻生太郎が北朝鮮の飛行機に麻生節

北朝鮮専用機がもし墜落したら…|麻生財務相が金正恩氏専用機に懸念

ホンダジェットがクラス世界一に

ホンダジェットがセスナ主力機を抜き2017年の出荷世界1位!小型ジェット市場で受...

空の旅も寝台で!?エアバスが専用客室を開発|航空機の貨物室に設置

仮想通貨は合法か詐欺か

ビットコインをはじめとする仮想通貨・合法か詐欺か|誕生からほぼ10年経過もプロで...

ビットコイン

ビットコインが『リアルマネー』に絶対ならない理由とは?

トルコ・ペガサス航空転落事故

トルコ旅客機が滑走路をはずれ土手で停止!原因はエンジン出力が突然上昇したこと?