空から降って来た糞便を浴びた女性が病院送りに|旅客機からの落下物か?(カナダ)

カナダで空から糞尿が降り女性を直撃

屋外で鳥の糞が降ってくることはよくある話だが、このほどカナダで空から降って来た糞便を顔に受けてしまった女性がいた。

 

それが大量だったことから、旅客機からではないかと疑いを持たれている。

空から降って来た糞便を浴びた女性が病院送りに(カナダ)

Canada Flag
糞便を顔に受けてしまったのは、カナダのブリティッシュコロンビア州ケロウナで車の運転中だったスーザン・アレンさん(Susan Allen)だ。

彼女は先月9日、息子のトラヴィス・スウィートさん(Travis Sweet)と一緒にレストランでランチをしようと車で出かけた。

その日は天気が良く、サンルーフを開けて運転していた。途中のスパールロードとバーナードアベニューの交差点で赤信号のため停車したのだが、その直後に車中は一瞬にして糞便に覆われることとなった

スーザンさんは当時のことをこのように振り返っている。

「車の中は突然、空から降って来た液状の糞便に覆われました。私のシャツは汚れ、それだけでなく顔全体も糞まみれでした。車の中はもちろん車のボディ全体も汚れてしまったのです。また私達のそばに停車していたトラックも、糞便を浴びてしまったようです。」
「その時、空を見上げると大きな旅客機が飛んでいるのが見えました。そして、その糞便は空から降って来たのです。」

 

同乗していた息子のトラヴィスさんも「あの瞬間、顔と肩のあたりに冷たい物を浴びた感覚がありました。それからすぐ悪臭が鼻をついて、私は吐きそうになりました。本当にひどい臭いだったんですよ」と話している。

スーザンさんは当時、あまりの悪臭に思わず泣き出してしまったとのことだ。

 

2人は吐き気が止まらず、すぐに近くにあったセルフ洗車場に向かい、洗車用のホースから噴射される水で自分達の身体も洗ったという。だが災難はそれだけでは終わらなかった。

スーザンさんは悪臭のために胃が気持ち悪くなり、翌日には目がゴルフボールほどの大きさに赤く腫れてしまったため病院に行かざるを得なかった。

大ごとにはしたくなかったが…

これだけの被害を受けたにもかかわらず、スーザンさんはおおごとにすることは望んでいなかったという。

しかしメディアのインタビューに対応する彼女の意図は、苦情を申し入れたケロウナ国際空港の対応が真摯的なものではなかったためでもあろう。

同空港のシニア・オペレーション・マネージャーであるフィリップ・エルチェッツ氏(Phillip Elchitz)は「確認したところでは当時、我々の飛行機はその周辺を飛行しておりません」と答えている。しかし後に、このように声明を変更した。

「その時間は3機飛行していたものの、2機はその現場から離れた場所におり、もう1機はその周辺を飛行していました。しかしその機は大型ではなくトイレのない小さな飛行機で、現場の上空を飛んでいたのは事故が起きたとされる30分前になるのです。このようなことが発生したことがないので何が原因かはわかりませんが、鳥の糞の可能性も考えられます。」

これに対してスーザンさんは「こんなうんざりするようなことは騒ぎにしたくなかったのです。でも私の車は糞便で覆われていたので、彼らにきちんと綺麗にしてもらいたい。それと腫れていた目の治療に関してもきちんと補償をしてくれるような真摯的な謝罪をして欲しいものです。本当にこんなことは他の人にも起こってほしくありません」と明かしている。

 

カナダ運輸省では今回の件を調査しており、スポークスマンのダニエル・サボイ氏(Daniel Savoie)は「各航空会社のオペレーターは航空規則に従って航行の安全を確保する責任があります。規則によれば飛行中の航空機から物を落下させ人や建物などに危害を加えてはなりません」と声明を発表した。

 

調査によって、今回の空から落下した糞便が航空機からの物であれば、法的措置を取られる可能性があるという。

空から糞便が降るという衝撃のニュースに世間『あの国しかないだろ?』

【海外発!Breaking News】旅客機から? 空から降って来た糞便を浴びた女性、病院へ(カナダ) | Techinsight(テックインサイト)|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

屋外で鳥の糞が降ってくることはよくある話だが、このほどカナダで空から降って来た糞便を顔に受けてしまった女性がいた。それが大量だったことから、旅客機からではないかと疑いを持たれている。『Global News』『New York Post』などが伝えた。 糞便を顔に受けてしまったのは、カナダのブリティッシュコロ


大韓航空



これ上空からもの凄い速度で落下してきたわけだろ
光の速さまではいかないけど、それでも人間がケガしないんだな
てことは光の速さでウンコしても地球は問題なさそうじゃね



病原菌の塊だろ、バイオテロじゃね?



うんこ直落としタイプの旅客機って存在するの?



神様「ごめん」



飛んでる飛行機から落とせるもんなのか…



昔は列車と同様に垂れ流し

だから今も古い型などは・・・・・・・・



読んでるだけで吐きそう



ウンコ爆撃だ。



命中



嫌すぎる
口のなかにも入ってきそう



現実問題糞便攻撃はイヤだな
朝鮮人の得意技だけど



日本人なら大喜びしとるんだがな



運がついたってかw



クソー!



どこのキャリアかは想像つく

スポンサーリンク

昔は落としてたらしいよな
ただ、上空10000mから落とすから途中で蒸発するとか
今は落とすようなことはしないと聞いたが



上空からばらまいてもわかるほどの塊じゃ落ちてこないだろ
別の犯人がいるんじゃないのか



youtuberがトラックの上から撒いたとかかな



あらー 普通海の上で捨てるのかと思ってた でもカナダって自家用飛行機が普通だと聞いた 凄い量の飛行機が飛んでるのかな



本当にあんなものが飛行機から落ちてきたら大粒のひょう並みの被害が出てもおかしくなさそう。
誰かがいたずらでドローンでも使って落としたんじゃね?



ベトナム戦争時代、ベトコンは矢に糞便を塗りたくってボウガンで米兵を狙った。
これにやられた米兵の中からは破傷風を発症する者が頻出し、米軍は散々悩まされたと言う。

つまりウンコも立派な生物化学兵器と言う訳ですねwww



航空会社も膨大な賠償金払いたくないからごまかしてるな



ウンが悪かったな



こんなもんさっさと賠償金払うべきだろ



いい加減にしとけよ朝鮮人



構造的にウンコ漏れる事故って簡単に起こりそう

気圧差で吸い出すタンクの空気を
フィルターで濾過してるらしいけど
見えないレベルでは常時ウンコのミストを放出してそう



申し訳ないがたまたま開けてたサンルーフからクソが入って来ちゃって車の中がクソまみれになった状況を想像するとおかしくて仕方がない



>翌日には目がゴルフボールほどの大きさに赤く腫れてしまったため病院に行かざるを得なかった。

うんこが目に入ったら腫れるのか
どんな病状なんだろう



細菌感染による炎症だろう



フライトレコーダー提出させれば一発で嘘バレるな



ウンコう記録が残ってるもんな

マイルを爆発的に貯める”秘密”を覗いてみませんか? マイルを貯めて旅に出よう

『ビジネスクラスでハワイに行ったよ!』
『ファーストクラスに乗っちゃった!』

これはどこのお金持ちの話かって?
いえいえ、ごく平均的な会社員の一家に起きた出来事です。

ただ1つ違うのは、この家族が1年間に30万オーバーもの大量マイルを貯めて豪華な旅行を繰り返す『陸マイラー』であるというコト。

ー 30万マイルで出来ること -

  • 憧れのファーストクラスやビジネスクラスの利用
  • 年2回・夫婦2人でビジネスクラスを利用してハワイ旅行
  • 年1回・夫婦2人でファーストクラスを利用してニューヨーク旅行
  • 世界一周旅行
  • 年4回・家族4人で沖縄旅行
  • 年何回でも・日本全国どこへでも  …and more.

30万マイルがあれば、これだけの・これ以上のコトが自由に実行できるようになるんです。
もちろん、詐欺的行為や危ない事は一切なし。そして余計な出費もほとんどありません。

貯めにくい・貯まらない,それゆえ使えない!というイメージが先行しがちな『マイル』を誰にでもできる方法で爆発的に生み出し、贅沢する方法…

その秘密を、ちょっとだけ覗いてみませんか?

30万マイルの秘密を知る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

国有地売却問題

日本航空学園理事長が国有地の格安売却報道に『政治家の口利き「まったくない」』

ANA777・エンジンオイル・緊急着陸

全日空機(ANA)がエンジンオイル量低下で羽田に緊急着陸|計器不良か?乗客乗員5...

アメリカン航空CAが客を毛布泥棒と誤認

CA「毛布盗んだろ!」乗客「違いますけど…」|黒人バスケット選手の乗客が『誤解』...

サッカーサウジアラビア代表が乗った飛行機がエンジン炎上

あわや世紀の大惨事!開幕戦大敗のサッカー・サウジアラビア代表の航空機が上空でエン...

イチゴアレルギーの乗客がCAに暴言を吐かれる

英CA・ストロベリーアレルギーの女性客に暴言|「降機して他の方法で帰ればいい」

中国で社会信用度が低い人の航空・鉄道利用を制限

中国で「社会信用度の低い国民」の鉄道・航空機利用を制限へ