ANAファーストクラス行くNY♡(1日目)大感動のファーストクラス搭乗とNY到着!

2017NY1日目

ANAの国際線ファーストクラスでニューヨークへ行ってみたい。

ボンヤリとこんな夢を抱えてから1年ちょっと。ついにこの日がやってきました♡

本記事では、ANAファーストクラス行くNY♡(1日目)として、日本出発からニューヨーク到着、そして1日目夜のプチ観光についてお送りいたします。

片道100万円以上のファーストクラスにほとんどタダで乗れちゃうなんて…こんな世界が本当に広がっているんですね。

▽30万マイルを貯めて実現したこの旅行の秘密はこちらから☆

30万ANAマイルの貯め方
リスクなしで無料の海外旅行をゲットできますよ! 突然こんなコトを言われたら、恐らくほとんどの方が『ウソだ』『詐欺かもしれない』と感じるでし...

台風一過の大混雑

台風接近中

時は2017年秋。例年どおりに遅めの長期休暇を取り、夢のニューヨークファーストクラス旅行を控えていた我々夫婦は、季節外れも甚だしい台風の襲来に戦々恐々としていました。

 

『これではマズい…中止になったらどうしよう…』

 

なーんて心配は、突如としてスピードアップした台風氏のおかげで杞憂に終わるのですが、当時は毎日祈るような気持ちで経過を見守るしかありませんでした。

 

大混雑の仙台空港

出発はおなじみの仙台→成田から。無事台風は通過したものの、様々な影響がまた残っていたのか、ANAのチェックインカウンターはご覧のとおりの大混雑。

これではせっかくのANAプラチナステイタスも活かせないわけでして、仙台空港には早く優先のチェックインカウンターや優先の保安検査レーンなどを設けていただきたいなというのがホンネです。

▽ANAプラチナステイタスについてはこちらの記事で詳しく解説しています☆

ANAプラチナステイタス
ANAプラチナメンバーステイタスは、全日空のお得意様ポイントともいえるプレミアムポイント(PP)50,000 pt到達で獲得することのできる、A...

 

出発1時間以上前に空港には居ましたが、結局保安検査を抜けたら搭乗案内開始5分前。

ですがさすがにちょっと水分が欲しいので、ANAラウンジへちょい寄り。ドリンクを急いで流し込んだら成田へ向けて出発です。

仙台→成田のフライト 仙台-成田B735

わずか50分弱の飛行時間。ホント成田は近いなぁ。

国際線は台風では欠航しない?

冒頭で書いたとおり、台風に怯えていた我々は、万が一への備えとして欠航の場合の対処について調べていました。

インターネットで調べられることは端折りますが、個人的に新しいなと思ったのが『国際線は台風ではよほどのことがない限り欠航しない』というものです。

これはANA国際線デスクと電話で話していて得たことなのですが、コレがわかると事前に準備すべき事項がはっきりして分かりやすくなります。

とにかく国際線出発空港への移動手段を考えておく

国際線が飛ぶなら、我々が考えるべきは非常に単純。
『どうやって成田や羽田などの国際線出発空港に行くか』
だけです。

例えば我々の場合で言うと、全体の往路旅程は【仙台→(国内線)→成田→(国際線)→ニューヨーク(JFK)】となっていたのですが、欠航リスクを考える必要があるのは仙台→(国内線)→成田のみ。

主な対処法は以下の2通りです。

  1. 国内線部分を後続便へ振替
  2. 地上移動で成田空港まで移動

 

まずは定石の後続便への振り替え。天候不良のための欠航であれば、空席があることを条件に無料で振替対応してくれます。

次いで、鉄道やバスなど地上交通手段を用いての移動。こちらは追加の費用が発生しますが、『飛ぶの?飛ばないの?』という心配を考える必要がありません。

我々の場合、成田滞在の時間をたくさん確保したかったため、万一の際には鉄道移動で成田へ向かうこととしていました。

 

なお、こうした欠航の際の代替手段等の案内についてはANAデスクに電話することでも対応いただけます。

ただし、当日だと電話が混みあう恐れもあるので、欠航リスクがある際は事前準備しておくのが良いかもしれません。

▽ANAデスクに素早く電話をかけられるようになる裏ワザはこちらで紹介しています☆

ANA携帯番号認証サービス
時として苛烈な戦いを強いられるANA特典航空券の争奪戦。その戦いの中で、Webサービスだけではなく『電話』を使う機会もきっとあるはずです。 ...

ANA SUITE LOUNGEで出発前から贅沢気分

スイートラウンジでシャンパン

無事に成田へ到着したら予約しておいたWi-Fiを受け取り、外貨両替をしてチェックイン,非制限エリアにはもう用事がありませんので、そのまま出国してしまいます。

あとはラウンジでゆーーーっくりするだけなのですが、今回はファーストクラス利用のため、ANA国際線の最上ラウンジであうるANA SUITE LOUNGEに入室できます。

▽成田空港ANAスイートラウンジの全てはこちらでご紹介しています☆

ANAスイートラウンジ成田
ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)は、ANAが誇る国際線最上位のエアラインラウンジ。 利用対象者はANAファースト...

シャンパンほかお酒飲み放題、軽食以上の食事付き、景色良好と言うことがありません。
結局スイートラウンジはしごもしてたっぷり満喫。搭乗開始10分前になったら移動です。

ANAファーストクラスは至れり尽くせり超快適♡

ANAファーストクラスでの極上時間

そしてお待ちかねのANAファーストクラスへ搭乗。乗った瞬間からなんでも至れり尽くせり・超快適な空間は、もはやこの項目だけでは語り切れません。

▽詳しい搭乗レポートはこちらの記事をぜひご覧になってみてください。

ANAファーストクラス搭乗券
ANAのファーストクラス… 泣く子も黙る国際線最上級クラスにこの私が乗(れ)ることになろうとは、以前の私には想像もつきませんでした。 ...

 

ニューヨークまでは時刻表でいうと片道13時間ほどかかるんですが、ほぼ疲れを感じていないと言っても過言でないほど。

長時間のフライトでも疲れないというメリットは計り知れませんよね。

 

唯一デメリットといえばお食事などを欲張りすぎるととにかく満腹になっちゃうところ。贅沢な悩みですかね?笑

 

定刻より遅れてjfkに到着

到着地の天候は曇り時々風雨。視界不良でニューヨークJFK空港の滑走路が1本閉鎖になって着陸待機。結局1時間のディレイとなって到着しました。

ニューヨーク到着!入国審査と税関申告は自動のキオスク端末でOK

アメリカ入国審査

ファーストクラス利用者は降機も最優先。空港設備の関係で専用ブリッジからではありませんでしたが、ビジネスクラス側のドアから優先降機です。

ニューヨークJFKのターミナルはそこまで大きくありませんので、降機して少し歩くとすぐに入国審査場に到着。

ESTA(エスタ)1)アメリカの電子渡航認証システムのこと。詳細はhttps://www.uridayo.com/entry/application-of-estaでご確認ください。での2回目以降の入国者の場合には自動のキオスク端末にて入国審査・税関申告を行うことが可能です。

 

パスポートを読み取らせ、質問事項に回答。

最後にその場で顔写真を撮影したら、お札大のレシートが出てきます。(1人1枚) なお、端末は日本語にも対応しています。

 

バゲージクレームで預け入れの荷物を回収したら、最後にこれを係官へ渡し、二三受け答えをして終わり!まさかの30分以内でアメリカ入国を果たしました。

一番早く降機・荷物も最速というファーストの威力って、こうゆうところで如実に現れるんですよね。

同行家族は代表者と一緒に登録

キオスク端末は基本的に1人1台での手続きが必要になりますが、ESTA申請をグループで行っていると家族の扱いになる模様です。(実際、妻1人ではエラーが出て操作が行えなかった。)

こうした場合は、代表者の作業が終わったあとに続けて同行者登録を行うモードが出てくるので、それを用いて作業します。

スタッフが常駐して立っていますので「Family(ファミリー)」などと伝えても良いかもしれません。

スポンサーリンク

マンハッタンへの移動は定額タクシーで

爆速で入国を果たしたら、JFK空港からニューヨーク中心部まで移動。今回の移動手段はタクシーです。

空港周辺にはとにかく白タク(無許可タクシー)の客引きがたーくさん。『Taxi?』などと声をかけてきますが、絶対に乗ってはいけません。

 

JFKのタクシー乗り場

空港出口を出ると、道路をはさんで中洲のあたりに黄色いイエローキャブの車列ができているはずなので、必ずこれを利用します。

タクシー乗り場に近づくと係員が目的地を聞いてきますので、住所を伝えて乗るタクシーを指示してもらいましょう。

あとは運転手に再度目的地の住所とホテル名などを伝えればOKです。

 


77th ストリート・5thアベニュー ザ マークホテル

この時、目的地はきちんと『○○th ストリート・○○アベニュー』という、番地と通りの名称を伝えるようにしてください。

 

マンハッタンまでの料金は、基本料金52ドルの定額+Tollという有料道路の料金+チップで、だいたい75ドル~80ドル弱といったイメージ。

少し高く感じますが、大きなスーツケースを抱えて移動する必要がないうえ、乗り合いバスのように時間がかかることもなく、費用対効果は悪くないと思います。

イエローキャブは現金・クレカどっちもOK

なお、支払いは現金・クレジットカードどちらも問題ありません。

ザ マーク(The Mark)ニューヨークへチェックイン

ザマークのエントランス・ロビー・客室・サプライズ

ジョン・F・ケネディ国際空港からタクシーに揺られること約1時間。今回の宿となるザ マーク(The Mark)ニューヨークへ到着です。

▽詳しいお部屋のレポートなどはこちらの記事をご覧になってみてください☆

ザマークNY
ザ マーク(The Mark)ニューヨークは、77丁目とマディソンアベニューの角に建つ歴史のあるホテル。 ただし、内部は完全に新しくリニュ...

The Markはデザイナーズ系のとにかくおしゃれな5つ星ホテル。

ポップな色使い、先進的なパッキリしたデザイン、歴史を感じる造りなど、様々な要素が絶妙に整ったホテルです。

 

サクッとチェックインしたら、とりあえず初めてのお出かけです。

シティパス(City PASS)引き換えを兼ねてロックフェラーセンターへ

ニューヨークシティパス・ロゴ

ニューヨーク観光に便利でお得な『シティパス(City PASS)』

事前購入でニューヨークの主要なランドマーク6か所を回れるこのバウチャーチケットをゲットすべく、ホテルから一番最寄りのロックフェラーセンターへと向かいます。

シティパスは、Webで購入後、初めて使用する際にはチケット冊子への交換が必要になります。

観光に行くと同時に交換しても良いのですが、チケットブース混雑などによって時間をロスする可能性もあることから、こうした空き時間にやっちゃえ!との行動でした。

ファンキーなチケットブース姉さん現る

ロックフェラーセンターのトップオブザ・ロック展望台チケット売り場に到着。
我々の対応をしてくれたのは、ファンキーなお姉さん2人組でした。

 


シティパスに交換して。

ID見せてね~

 


あら、あなたの名前、なんて読むの?

”うり”だよ~

うり!?なにそれ超キュートじゃない?

ホントね~ もう一回言ってみて?

 


うり。U・R・Iでうり。

本当にキュートだわ~。覚えちゃった。

さ、サンキュー(苦笑い)

 


ところで今日はこれから展望台に登る?視界ゼロだからやめといた方がいいと思うけど。笑 別の日にする?

うん、じゃあ日を改めるよ。ありがとう。

じゃあこれシティパスね~。またね!

 

時間も遅く、視界が悪くてお客もほぼゼロ。こんな感じだったためか、スタッフ2人に応対いただきました。

とにかく私の名前がキュートキュートと連呼され、うりは大変困惑。返答に困って苦笑いしかできません。

こんなカタチで無事に(?)サクッとシティパス引き換えが完了しましたが、この2人との出会いが後日あんなことになろうとは、この時点では想像もつきません。

地下鉄・バス乗り放題のメトロカードを購入

NYメトロカード

ニューヨークの移動には、地下鉄(メトロ)とバスを使い倒すのが本当に便利。どうせ沢山乗るなら、乗り放題のアンリミテッドカードを購入してしまうのがお得です。

買い方は『ニューヨーク メトロカード 買い方』などで検索すれば山ほど出ますのでこちらも端折りますが、どこの地下鉄駅にも設置してある自動券売機で購入可能です。

 

7日間版だと33ドル(乗り放題料金32ドル+発行代金1ドル)で地下鉄もバスも乗り放題。
現地滞在日数3日以上で、沢山動く予定があるなら間違いなく『買い』ですね。

ニューヨークの地下鉄・バスはどこまで乗っても1乗車2.75ドル。単純計算で12回以上乗ればモトはとった計算です。

 

慣れてくると、地下鉄やバスのちょい乗りもやるようになると思うので、気にせず使えるよう備えておくのが安心ですね。

ここまでで時刻はもう22時過ぎ!疲れてはいけないので、ホテルに戻ったら支度を整えて明日からの観光に備えます。

▽2日目はこちらから☆

フェリーから自由の女神を望む
ニューヨーク旅行は2日目に突入。 ▽1日目の模様についてはこちらからご確認ください☆ https://www.uridayo.c...

   [ + ]

1. アメリカの電子渡航認証システムのこと。詳細はhttps://www.uridayo.com/entry/application-of-estaでご確認ください。
マイルを爆発的に貯める”秘密”を覗いてみませんか? マイルを貯めて旅に出よう

『ビジネスクラスでハワイに行ったよ!』
『ファーストクラスに乗っちゃった!』

これはどこのお金持ちの話かって?
いえいえ、ごく平均的な会社員の一家に起きた出来事です。

ただ1つ違うのは、この家族が1年間に30万オーバーもの大量マイルを貯めて豪華な旅行を繰り返す『陸マイラー』であるというコト。

ー 30万マイルで出来ること -

  • 憧れのファーストクラスやビジネスクラスの利用
  • 年2回・夫婦2人でビジネスクラスを利用してハワイ旅行
  • 年1回・夫婦2人でファーストクラスを利用してニューヨーク旅行
  • 世界一周旅行
  • 年4回・家族4人で沖縄旅行
  • 年何回でも・日本全国どこへでも  …and more.

30万マイルがあれば、これだけの・これ以上のコトが自由に実行できるようになるんです。
もちろん、詐欺的行為や危ない事は一切なし。そして余計な出費もほとんどありません。

貯めにくい・貯まらない,それゆえ使えない!というイメージが先行しがちな『マイル』を誰にでもできる方法で爆発的に生み出し、贅沢する方法…

その秘密を、ちょっとだけ覗いてみませんか?

30万マイルの秘密を知る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハワイ旅行記5

【ANAビジネスクラスで行くハワイ♡4日目】トランプインターナショナルワイキキと...

キリンビール仙台工場

キリンビール仙台工場の見学ツアーに参加!お散歩気分で気軽に『大人の』お勉強♡工場...

THE METから始まる3日目

ANAファーストクラス行くNY♡(3日目)THE METなど美術・博物館めぐりと...

NY4日目の朝

ANAファーストクラス行くNY♡(4日目)MoMAと街ブラ&セントラルパーク

ハワイ旅行記1

【ANAビジネスクラスで行くハワイ♡】わくわく・ドキドキの仙台→成田と日本出国編...

2016ハワイまとめ

ANAビジネスクラスで行く2016年ハワイ旅行記まとめ♪8ヶ月で実現できたマイル...