ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

トランプワイキキで驚愕の間取り体験!トランプホテルのプレミアム・オーシャンビュースイートに泊まるハワイ旅行でセレブ気分を味わう

トランプワイキキの正面ロゴ

トランプワイキキホテル(正式名称:トランプインターナショナルホテルワイキキ(Trump International Hotel Waikiki))といえば、ハワイ・ワイキキの高級コンドミニアムタイプのホテルとして有名ですよね。

本記事では、宿泊先としてトランプインターナショナルホテルワイキキをお考えの方に向けて基本的な情報をまとめると同時に、アップグレードによって獲得したプレミアム・オーシャンビュースイートルームでの宿泊記をお送りいたします。

トランプインターナショナルホテルワイキキの基本情報

トランプホテルワイキキの外観

トランプインターナショナルホテルワイキキは、ビーチウォーク地区にそびえる5つ星の高級ホテル。ビーチウォークの名の通り、ビーチにとても近いのはもちろんのこと、ワイキキのメインストリートともいえるカラカウア通りにも近く、海遊びやマリンスポーツ・食事にショッピングに大変便利な立地になっています。

トランプホテル・オープンエアのロビー

トランプインターナショナルホテルワイキキは、6階の部分がチェックイン/アウトロビーとなっています。ロビーは海を望むオープンエアーになっており、爽やかな風に吹かれながら、海の青そして隣接するフォート・デルッシー公園の緑を感じることができます。

同じく6階のフロアにはインフィニティ・プールIN-YO CAFÉがあります。

到着時はひとまずスーツケースを預けただけでしたので、高級感と贅沢感があふれるロビーに心の中ではしゃぐだけでしたが、のちにスイートへのアップグレードでもっと驚くことになります。

トランプインターナショナルホテルワイキキ 予約時のクラスは『デラックス・ステューディオ・オーシャンビュー』

今回のハワイ旅行では、ハレクラニとトランプインターナショナルホテルワイキキのホテルホッピングで旅程を組んでいました。

ハレクラニではダイヤモンドヘッドオーシャンフロントで大奮発しましたので、後半は抑え目にすることに決め、トランプインターナショナルホテルワイキキは『デラックス・ステューディオ・オーシャンビュー』で予約を行っていました。*1

デラックス・ステューディオ・オーシャンビューの間取り・レイアウト

デラックス・ステューディオ・オーシャンビューの間取り図

デラックス・ステューディオ・オーシャンビュールームはトランプインターナショナルホテルワイキキの8階から23階にかけて配置されており、広さは約46平米で、トランプインターナショナルホテルワイキキの平均的なお部屋タイプになります。

2人で泊まるのであればお部屋の広さは十分ですし、オーシャンビューにしたことで海も見える。宿泊予約はエクスペディアを介して行いましたが、たまたまセールの案内が出ており、宿泊代は1泊6万円強と許容範囲。我々としては十分なレベルと考えていました。

www.trumphotelcollection.com

トランプインターナショナルホテルワイキキ チェックイン時にアップグレードの提案

ホテルのチェックインカウンター

実はアップグレードの提案が多いというトランプホテル。これは宿泊してから知ったことですが、まさか自分たちがその恩恵に預かれるとは思ってもみませんでした。

チェックイン時、カウンターでパスポート確認とクレジットカードの登録を済ませた段階で、『お部屋をアップグレードしますが、高層階と低層階、どちらがよろしいですか?』というようなことを尋ねられました

とりあえず『Yes, please.』と回答してみた*2ところ、『お部屋の準備ができたらメールでご連絡いたします。』と伝えられ、しばし観光(ハワイ出雲大社)へ。

このアップグレードでまさかプレミアム・オーシャンビュースイートルームをアサインされようとは夢にも思ってみませんでした。

これがトランプインターナショナルホテルワイキキのプレミアム・オーシャンビュースイートルーム♡

『お部屋のご準備ができました』とのメールを受信し、再びトランプインターナショナルホテルワイキキへ。部屋は13階のルームナンバー1311です。

エレベーターを降りたところにある客室案内図を見て少し固まります。『あれ?なんかウチの部屋、他の部屋2コ分になってない?』

恐る恐る部屋を開けると、そこは広―――いプレミアム・オーシャンビュースイートルームでした。

プレミアム・オーシャンビュースイートルームの間取り・レイアウト

プレミアム・オーシャンビュースイートルームの間取り図

プレミアム・オーシャンビュースイートルーム(トランプインターナショナルホテルワイキキでの正式名称:プレミアム・1ベッドルーム&デン・オーシャンビュー・スイート)は、8階から34階に配置されており、広さは約104平米と、元々予約していたデラックス・ステューディオ・オーシャンビュールームの2倍以上。

間取り・レイアウトを見ていただければわかりますが、リビングとベッドルームそれぞれにラナイがあり、デン(DEN)という書斎のスペースもあります。2人だけで使うにはもったいないくらい広くて贅沢なお部屋です。

www.trumphotelcollection.com

プレミアム・1ベッドルーム&デン・オーシャンビュー・スイート お部屋探訪

リビングダイニングスペース△広々としたリビングダイニングが広がります。

 

キッチンスペース△キッチンスペースは対面式で広さも十分すぎるほど。

 

電子レンジ・オーブンレンジ・IHクッキングヒーター△電子レンジとオーブンレンジ、IHクッキングヒーターのコンロ。

 

棚に詰まった食器類△棚にはお皿などの食器類がぎっしり詰まっています。包丁やキッチンペーパー、湯沸かしケトルもありますね。

 

大きな冷蔵庫△巨大な冷蔵庫も備え付けです。

 

たくさんの調理器具

トースターやミキサー類△お鍋や各種トースター、ミキサーなどの調理器具が『ないものがない』というくらい充実しています。

 

コーヒーと紅茶のセット△コーヒー・紅茶などのセット。

 

シンク下にはゴミ箱と食洗機△シンク下にはゴミ箱。そして食洗機も完備しています。

 

ワインセラーの外観△シンク向かい側(ダイニング側)にはワインセラーもありました。

 

書斎(DEN)スペース△書斎(DEN)スペース。

 

書斎側のクローゼット△DENスペース奥にもクローゼットがあります。

 

書斎のデスク上△デスクの上には電話とマニュアル関係。

 

ソファーコーナー△ソファコーナー。ものすんごいフカフカで、トランプワイキキ版の『人をダメにするソファ』感がハンパない*3です。

 

リビング側から書斎側を見た図△リビング側からDEN(書斎)方向を臨んだところ。この広さが伝わるでしょうか?

 

リビング側のラナイ△リビング側のラナイ。目の前にはフォートデルッシー公園と海が広がります。

 

お部屋入り口側のバスルーム△お部屋入り口側にあるバスルームです。こちらのトイレはウオシュレットなし。

 

お部屋入り口側のバスルームのシャワー△シャワーはヘッドが一応動かせますが、結構高い位置にあります。

 

マスターベッドルーム△ベッドルーム。ベッドサイズはキングサイズです。

 

ベッドルームのテレビ△ベッドルームにもテレビが備わっています。(結局一度も見ませんでしたが)

 

ベッドルームのラナイ△ベッドルームのラナイから。

 

クローゼットと洗濯機・乾燥機△クローゼットスペースの脇には洗濯機と乾燥機が備わっています。

 

メインの洗面台△ベッドルーム側の洗面台は2シンクタイプです。これなら大人数でも困りませんね。

 

メインバスルームのバスタブ・シャワー△メインのバスルームにはバスタブも付いています。ついでに、ベッドルームとつながる窓?があります。

 

トランプホテルのバスアメニティ△バスアメニティ関係は全部がトランプ印。

 

メインバスルーム側のトイレ△メインバスルーム側にもトイレ(個室タイプ)があります。

 

ウオシュレットのリモコン△こちら側のトイレにはウオシュレットが付いていて快適。

一通りご紹介しましたが、写真を撮るにも一苦労。とにかく広いです。正直なところ、あまりにも広くて夫婦2人、安住のポジションを求めてウロウロしてしまいました。笑

トランプインターナショナルホテルワイキキのプールはジャグジー付きで嬉しい♪

インフィニティ・プールの基本情報

インフィニティプールの外観

トランプホテルのインフィニティ・プールは6階のフロアに位置しています。午前10時から午後6時までの時間はプールサイド・サービスが利用でき、ドリンクからお弁当スタイルのランチも楽しむことができます。

デッキチェアーの利用は無料で、従業員の方にお願いするとタオルをセッティングしてくれます。

トランプインターナショナルホテルワイキキのプールはジャグジー付き

トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ・ウォークのインフィニティ・プールにはジャグジーがあります。爽やかなプールでのひとときも良いですが、冷えた体を温めてくれるジャグジーはとっても嬉しいポイントです。

トランプインターナショナルホテルワイキキのプール・ジャグジーは深さに注意!

夜のインフィニティプール

トランプホテルワイキキのプール・ジャグジーはどちらも結構な深さがあります。入り口にも注意書きがありますが、監視員もいませんので、特にお子さん連れの場合は目を離さないように気を付けて遊んでください。

大人の場合でも、プール・ジャグジーに降りる階段の部分が、最後の段でいきなり深くなります。注意していないと思わぬケガをするかもしれません*4ので、くれぐれもお気を付けくださいね。

トランプインターナショナルホテルワイキキに宿泊してわかった良い点

トランプインターナショナルホテルワイキキは海へのお出かけが超楽チン

トランプホテルのビーチバッグ

トランプインターナショナルホテルワイキキは、ビーチにとても近いのはもちろんのこと、ビーチお出かけの準備までやってくれるのでとっても楽チンです。

そのお出かけの準備というが、TRUMPのロゴが入った黒いトートバッグ。中には大判タオルハンドタオルボトルウォーターフルーツ(リンゴ・オレンジ)が人数分入っています

海に行くときはグランドフロア(1階)のコンシェルジュデスクで申し出ると一式を借りることができ、タオルを抱えていく手間が省けます。

また海から帰ってきた時は、コンシェルジュデスクに一式を戻すだけ。荷物をひとまとめにしているだけ…のように見えますが、この『ひとまとめ』にするのがメンドクサイ!ので、非常にメリットを感じることができます。

トランプインターナショナルホテルワイキキは日本語対応可能なスタッフが多い

トランプインターナショナルホテルワイキキには随所に日本語対応可能なスタッフがいますので、英語が不安な方でも安心して利用可能です。

チェックイン/アウトの手続きも、希望すれば日本語対応可能なスタッフに応対してもらえます。

コンドミニアムタイプでキッチンが充実しており、家族での長めの滞在で真価を発揮?

家族旅行

プレミアム・1ベッドルーム&デン・オーシャンビュー・スイートのお部屋の模様からもおわかりいただけるかと思いますが、キッチン設備の充実度がハンパではありません。

これだけ設備があれば、家族などちょっと多めの人数で滞在する際に、外食だけでなく中食も可能で、さらに滞在中の自由度が高く、楽しめるのではないかなと感じました。

まとめ

トランプホテルからフォートデルッシー公園を臨む

思わぬアップグレードの提案により、トランプインターナショナルホテルワイキキのプレミアム・オーシャンビュースイートルームを体験することができました。

トランプホテルはコンドミニアムタイプのホテルとの前情報通り、キッチン設備がかなり充実していて、長期滞在にももってこいのホテルです。

海と街の両方に近く、また、日本人スタッフも多い環境ですので、便利で安心快適に滞在することができます。

ハワイ・ホノルルに『無料の』ANAビジネスクラスで行ってきました♪

このハワイ旅行は、ソラチカカードとポイントサイトを駆使して獲得したANAマイルを使い、ビジネスクラスで超贅沢に行ってきました♪ 

ANAビジネスクラスで行くハワイ♡マイル特典航空券で初めて体験するビジネスクラス搭乗記(成田→ホノルル:B767-300)

 

ビジネスクラスなんて、ごく普通の会社員である私には到底使えるはずもないほどに高価なもの。それが、ANAのマイルを利用して特典航空券をゲットすれば、ほぼ無料になってしまうんです。

ソラチカカードを持っていないあなたが逃す年間216,000もの大量ANAマイル|まだ知らずに損し続けるの?

ソラチカカードの詳細についてはこちらを参照ください。読むだけならタダなんですから、絶対に見ておいてくださいね。

 

ソラチカカードを作成したら、あとはひたすらにポイントサイトを駆使してANAマイルをどんどん貯めて行きます。

クレジットカードが大得意!ちょびリッチを活用して大量マイルを獲得しよう!

ポイントサイトってどんなところ?という方は、1例として『ちょびリッチ』をご紹介しますので、こちらもお見逃しなく。

 

誰でも・必ず・間違いなく、年間30万マイルを本当に貯めることが可能です。

www.uridayo.com

知ってる?年間30万を超えるANAマイルの貯め方|始めた人だけが得をする陸マイラーのシステムを公開します

この方法は、もちろん合法。怪しいことは一切ありません。

始めるか始めないかは人それぞれですが、『始めた人だけが得をする』大量マイルを爆発的に貯め続ける手法が、間違いなくここにはあるんです。 

関連記事

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

 

*1:本当はもっとグレードを下げたい気持ちもあったのですが、せっかくハワイに居るのに海が見えないというのが我慢できませんでした。

*2:実はこの時英語がきちんと聞き取れず、Upper Floor? Lower Floor?だけかろうじて聞こえたところで何となくYesと回答していました。笑 チェックインの手続きが終わった後、妻から「さっきアップグレードって言ってたよね?」と聞かれて初めて会話の意味を理解し、有償なのか無償なのかわからないのにYesって言っちゃったどうしよう!とガクブルしていたのはここだけの秘密です。結果として杞憂に終わるのですが。

*3:宿泊初日の夜、何気なく座っていたら寝落ちしてしまい、ターンダウンに来た従業員さんにお部屋の入口からにっこり笑顔付きで『ルームサービース』を連呼され起こされました。

*4:「プールはそんなに深くないだろう」とタカをくくって勢いよく階段を降りたところ、想定外の深さで見事に沈み、焦りました。また、ジャグジーでは「今度は失敗しないぞ~」と降りたのに、またしても想定外の深さで体制を崩してヒザを強打しました。