ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

マイルの貯め方に初心者向け・上級者向けの区別なし!大量ANAマイルを貯める基本手順を再確認しよう

大量anaマイルを貯める基本手順

マイルの貯め方を調べると、最近ではポイントサイトの活用を提唱しているものがほとんどですよね。

しかしながら、複数のポイントサイトを使いこなし、様々な交換サイトを経由していくその過程は、初めて目にする方にとっては実に複雑怪奇に写るもの。『コレってなんかマニアックで上級者向けだなぁ』と感じる方もいらっしゃると思います。

けれど、それは大きな認識の誤り!マイルの貯め方に初心者向け・上級者向けの区別はなく、元を辿ればやっていることはみんな一緒です。

本記事では、沢山の情報を得て少し熱くなったあなたの頭を少しだけクールダウンさせられるよう、大量ANAマイルを貯める基本手順をシンプル化して再確認していきます。

基本となるマイルの貯め方:ベースはポイントサイト活動とソラチカルートを使った交換

ポイントサイトからソラチカルートを使って交換

すべてのANA陸マイラーに通じる基本作業はこのたった3点だけ。

ポイントサイトで活動・ソラチカカードを使ってポイントをマイルに交換する。この作業を毎月ひたすらに繰り返しているだけなんです。

  1. ポイントサイトで活動
  2. ソラチカカードにポイントを集める
  3. マイルに交換する 

飛行機に乗らずにマイルを貯める『陸マイラー』の存在を知ってからというもの、恐らく沢山の情報収集をされてきたのだと思います。

インターネットで検索すれば、やれハピタスだちょびリッチだ、ドットマネーだメトロポイントだと、横文字のオンパレード。これでは『マイルを貯めるのって超マニアックな世界なのでは?』と誤解してしまうのも無理はありません。

しかし、この仕組みを極限までシンプル化すると、やっていることって実は超単純であるということがわかります。

複雑に見えるのはそれぞれの作業ごとに異なるサイトを使う場合があるから

行っている作業・動作自体は実に単純なのに、なぜ複雑に感じてしまうのか。それは、前項1と2、それぞれの作業ごとに、異なるサイトを使う場合があるためです。

ハピタス→ドットマネー

ファンくる→pex

例えばポイントサイト:ハピタス を使う場合には、.money(ドットマネー)を経由するのが王道ですが、モニターサイト:ファンくる を使う場合には、PeXを経由してからANAマイルへとたどり着きます。

 

ハピタス→pex

もっと細かく言えば、ハピタスはPeXを経由することも可能なので、実はルートは2通り選べることになっています。

このように、それぞれの作業で異なるサイト名が当たり前のように出てきますので、なんだか複雑に感じてしまうんですね。

でも大丈夫、それを解決する1つの方法があります。

初心者は複数のサイトを使わなくてもOK

1つのサイトパターン固定でok

ANA陸マイラーを始めたばかりの方にこそオススメしたい方法ですが、陸マイラーのシステムが複雑に感じてしまうなら、複数のサイトではなく、いっそのこと使うサイトを1つに固定してしまえば良いのです。

  1. ポイントサイトで活動:ハピタス(or ちょびリッチ)
  2. ソラチカカードにポイントを集める:.money(ドットマネー)
  3. マイルに交換する:ソラチカカード

例えば絶対的に王道となりうるのはこの組み合わせ。ここさえハズさなければ、毎月確実にANAマイルをゲットし続けることが可能になります。

どうでしょう?非常にシンプルになりましたよね?これなら、登録するサイトも少なくて済みますし、まさに初心者向け…とも言えますね。

慣れてきたら使うサイトを増やすというペースで全く問題なし

大量マイルを獲得するには、ポイントサイトで大量ポイントを獲得することが必要。そのためには、『ポイントサイトの使い分け』が必須であることは当ブログでも確かに説明しています。 

どこ得?でカード・FX・お買い物の際に経由すべき本当のポイントサイトを知って効率良い陸マイラー活動を!

 

しかしながら、陸でマイルを貯め始めたばかりの方にとって、コレは非常に辛いハナシです。サイトごとに円換算したポイント価値(1pt=何円になるのか)は違うし、交換ルートだってソラでは言えません。

こんな中で、無理に複数のサイトを使い分ける必要は一切なし!すっかり慣れた頃合いを見て、使うサイトを増やすことでも全く問題ありません。

 

陸マイラー活動の本当の核は『継続』です。毎月きっちりとポイントを交換し続ける…実に単純ですが、これが肝心なんですね。

なお、もし扱うサイトが増えたら、ポイ探で管理していくようにしましょう。

『ポイ探』は陸マイラー活動を快適にしてくれる便利サイト♪使い方・活用法を知って1歩前に出よう!

マイルの貯め方に上級者向けがあるとするなら…

基本的に、陸マイラー上級者(経験が長い人)であってもやっている行動は初心者と一緒。ポイントサイトで稼ぎ、そのポイントをマイル化する。たったこれだけです。

マイルの貯め方に上級者向けがあるとすれば、複数のサイトを使い分けることだとか、マイルを買って貯めるとか、そういった細かな点になってきます。

ANAマイルがヤフオクで買える!?バイマイルの基本と活用例の解説・購入レポート

 

積極的に勉強したい方であれば決して止めませんが、興味がないうちは別に覚えなくとも良いこと。ゆっくりで大丈夫です。

ハピタス1本でハワイに行けた!

ハピタスだけでハワイ

この記事で『初心者は複数のサイトを使わなくてもOK』と断言するのには、ちゃんと根拠があるんです。

それは、私自身が、ポイントサイトをハピタス1本に固定して陸マイラー活動を行い、ANAビジネスクラスでハワイに行けたから。 

ANAビジネスクラスで行く2016年ハワイ旅行記まとめ♪8ヶ月で実現できたマイル特典航空券旅行!

 

多分に漏れず、私も当初は複雑そう(+怪しそう)なイメージを持っていて、とにかくサイト数は少なく!頭もそんなに使わず!ということを考えた結果の行動でしたが、余裕で14万マイル以上を貯めることができました。

ポイントサイトを絞ることは実はかなり効率的! 

ポイントサイトを1つに絞ると、貯まるポイントも1種類だけ。当然ですが、これによって、ポイントの交換のしやすさが格段に向上します。

例えば、最低交換基準にあと数ポイントだけ不足しているような状況を思い浮かべてみてください。こんな場面があると、ポイントサイトを1つに統一しておくことで、どんなに小さなポイントであっても、積もれば生かすチャンスが訪れることがわかるはずです。

大量ANAマイルを貯めるにはポイントサイト活用以外ない

ここまで読み進めた方であれば、混乱した頭の中も大分すっきりしているはず。それと同時に、陸マイラー上級者であっても、やっていることは非常に単純かつ全く同じであることが再認識できたと思います。

また、マイルの貯め方に初心者向け・上級者向けの区別なし!大量ANAマイルを貯める基本はポイントサイトを使うこと!は間違いありませんし、これからも揺らぐことはありません。

年間21万6千もの大量ANAマイルを生み出すソラチカカードを作ったら、ポイントサイトに登録して、ひたすらポイントを稼ぐのみです。

ソラチカカードを持っていないあなたが逃す年間216,000もの大量ANAマイル|まだ知らずに損し続けるの?

クレジットカードで貯め(ま)るのウソ

クレジットカード決済だけでは貯まらない

マイルを貯めようと思うと、必ずと言っていいほどクレジットカードの話が出てきますよね?中には未だに『マイルはクレジットカードで貯めよう!』と謳うサイトすらあります。

これは、ある側面から見れば正解ですが、ANAマイルに関して言えば完全に誤り!クレジットカードで貯まるマイルなんて、貯め方としてはサブ的なレベルになります。

  • あなたのメインクレジットカードはマイル還元率何%ですか?
  • 1年間の決済額はいくらですか?
  • それでこれまでどのくらいマイルが貯まりましたか?

ポイントサイトとソラチカカードを使えば年間216,000マイルですが、きっとコレには遠く及ばないですよね?時間をかけて*1貯めたとしても、一般的な家庭では、せいぜい10万マイル程度が限界かもしれません。

まだANAカード『だけ』でマイルを貯めますか?クレジットカードのみでは旅行すら実は怪しいという悲しい現実をお見せします

 

最大マイル還元率1.72%をたたき出すANA VISAワイドゴールドカードをもってしても、年間300万円の決済利用で51,600マイル。

300万円も使って、たったの5万マイル程度しかもらえないのです。

クレジットカードは、あくまで陸マイラー活動のサブ!クレジットカードで貯め(ま)るはウソなのです。

まとめ

陸マイラーは一見複雑そうに見えますが、基本となるマイルの貯め方はポイントサイト活動とソラチカルートを使った交換で、これには初級も上級も一切ありません。

あえて初級と上級の区分をするなら、サイトの使い分けをするか否かですが、無理に複数のサイトを使わなくとも、きちんと大量のANAマイルを貯めることが可能です。

マイルの貯め方に初級も上級もないからこそ導けるのが、大量ANAマイルを貯めるにはポイントサイト活用以外ないという点。

クレジットカードはあくまでサブにしかなり得ないことは間違いがありません。

関連記事

*1:マイル有効期限の範囲で