ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

ソラチカルートを最速で回せ!ムダのないポイント交換スケジュールで効率良くANAマイルを集める方法

ソラチカルートを最速で回す方法

ソラチカルートは最速で回すコツがある

公式にはどこにも記載されていない情報ですが、知っていると知らないとでは、最悪ANAマイル獲得までに4か月以上のタイムロスが発生してしまいます。

ソラチカカードを作り、ハピタスなどのポイントサイトでポイントも貯まったら、基本的には順次ポイント移行を進めていくだけです。ただし、適当に交換してしまうと、1年間の獲得マイルが減ってしまう原因になりかねません。

年間216,000マイルを生み出す必携カード・ソラチカについては以下の記事を必ずチェックしてくださいね。

www.uridayo.com

本記事では、ソラチカルートを最速で回していくための、ムダのない最適なポイント交換スケジュールについて解説いたします。

 

ソラチカルートって実は交換に時間がかかるんです

『ソラチカルート』という単語。

当ブログをはじめ、陸マイラー界隈ではさらりと使われていますが、ANAマイルに至るまでの標準交換日数が実は結構長いんです。

ポイ探でのソラチカ交換ルート日数

ポイ探で、ハピタスからソラチカカードのメトロポイントを経由し、ANAマイルに至る交換ルートを表示させてみました。

画像の下部に、交換期間が表示されていますが、なんと全部で125日(!)

  • ハピタス ⇒ ドットマネー:5日
  • ドットマネー ⇒ 東京メトロ:60日
  • 東京メトロ ⇒ ANAマイル:60日

1か月を30日として約4か月もの長い期間を要することになっています。

陸マイラーって、こんなに時間のかかるコトやらなきゃいけないの?と心配になったり、面倒に感じてしまうかもしれませんが、あくまでこれは標準*1の期間。

最適なポイント交換スケジュールをきちんと知っていれば、1か月で18,000マイルを毎月、獲得し続けられます。

www.uridayo.com

ソラチカルートを最速で回す交換スケジュール:鍵は毎月12日

ソラチカルートを最速で回していくためには、各ステップでのポイント交換締め切り・交換反映日を知っておく必要があります。


  1. ハピタス ⇒ ドットマネー:毎月1日に交換すると、5日程度で反映*2
  2. ドットマネー ⇒ 東京メトロ:毎月15日までに交換すると、翌月11~12日頃反映
  3. 東京メトロ ⇒ ANAマイル:毎月15日までに交換すると、翌月3~10日頃反映

公式にはどこにも掲載されていませんが、東京メトロへ交換・東京メトロから交換には、毎月15日という共通した締日があるんです。

この日までに交換申請を行えば、翌月の12日頃までにはすべてのポイント移行が完了します。

さて、本項では、なぜメトロの締日は15日なのに、カギが12日と言ったのか。それは、『毎月12日になれば、即座に交換申請が行える状態になっているから』です。

毎月12日に東京メトロ→ANAの交換を必ず済ませる:最速かつ切れ目のないソラチカルートの完成

ソラチカルートは切れ目なく回すのがコツ

ソラチカルートを使ったANAマイルへの交換では、前月分の処理が完了しないと、次のポイント交換申請が行えません。

その模様は、メトロポイントからANAマイルへの実際の交換手順記事でも紹介していましたね。

 

毎月12日になれば、即座に交換申請が行える状態になっていますから、その日にきちんと申し込みを行えばメトロ締日の15日に間に合い、切れ目なく翌月にもマイルが獲得可能になります。

 

ソラチカで18,000マイルを毎月獲得していくためには、交換締め切り日(毎月15日)に間に合うよう、順次ポイントを流し続ける必要があります。

  • ANAマイルに交換するために、毎月12日に東京メトロから2万ポイントが必要
  • 東京メトロに交換するために、毎月12日に.money 2万マネーが必要
  • 毎月12日まで.money 2万マネーが集まるよう、ハピタスからポイント交換が必要

この3つの必要事項を満たせるよう、ポイント案件をこなし、交換作業を行っていくのみなのです。

万が一忘れたとしても毎月15日までは猶予がある

もし12日にメトロからANAへ交換申請をし忘れたとしても、締日は15日ですから、3日の猶予があります。

しかし、ここを過ぎると交換完了は翌々月になってしまいますから、くれぐれも注意してくださいね。

忘れっぽい方はスマホの『リマインダ』機能を活用しよう

ソラチカルートの交換作業は、次の申請まで約1か月の間隔があいてしまいます。

忙しくしていると、ついつい忘れてしまう恐れがありますから、忘れっぽい方はスマホの『リマインダー』機能(iPhone)や『カレンダー』機能(Android)を活用して、自動的に通知が来るようにしてしまいましょう。

ソラチカ交換を忘れないためのリマインダー設定・実際の手順

iPhoneのリマインダーを例に、通知設定の実際の手順を紹介いたします。毎月スマホで通知が見えれば、ポイント交換を失念することもなくなるはずです。

リマインダー起動して行をタップ△リマインダーアプリを起動したら、+マークのついた行をタップします。

 

毎月12日に通知設定・繰り返しも設定通知の項目を入力したら、横にある青い『i』マークをタップし、詳細設定を行います。指定日時で通知をオンにし、アラームを『12日』に設定後、繰り返しを『毎月』に設定して、右上の完了をタップ。

 

リマインダーの設定完了と実際n実際の通知△以上でリマインダーの設定が完了しました。指定日時が来ると、画像右のように通知が現れるようになります。

ソラチカルートで1年間に216,000マイルを稼ぎ続ける

ソラチカルートは全部で3つのステップを踏みます。マイル活動を始めてすぐの頃には何かと煩わしく・複雑に感じてしまいますが、慣れるまでに時間はかかりません。

大切なのは、ソラチカルートの流れを切らさないこと。毎月18,000マイルを積み重ねると、1年間(12か月)で216,000マイルもの大量マイルが獲得できます。

たった1年で、国際線のビジネスクラス・ファーストクラス特典航空券をゲットできるくらいの大量マイルです。 

www.uridayo.com

私は8か月で約14万マイルを貯めて、実際にハワイ旅行に行ってきました。

ポイントサイト→ソラチカ→ANAマイルの仕組みを知っている私たちには、これがずっと続いていくことになります。

まとめ

ソラチカルートを最速で回す交換スケジュールには、毎月12日(~15日)がカギになっています。

この日にすべての交換を終えられるよう、ポイントサイトや中継サイトから、忘れずに移行などを済ませておいてくださいね。

関連記事

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com 

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

*1:『最大』と表現しても良い

*2:厳密には直接交換ではなく「ドットマネーギフトコード」を介した交換になる。