ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

ANAプラチナステータス基準に到達!SFC修行2017年の後半を振り返る!

anaプラチナステイタス

2017年6月、ANAプレミアムメンバーの基準となるプレミアムポイント(PP)が50,000を突破し、ついにANAプラチナステイタスを獲得することができました!

1月半ばから開始したいわゆる『SFC(スーパーフライヤーズカード)修行』。途中、ANAブロンズステイタスのわずかな恩恵にあずかるために中断していましたが、到達してみると5万PPって本当にあっという間ですねー。

ANAブロンズメンバーの特徴とメリット・デメリット!プレミアムメンバー事前サービスが始まったら何か変わる?

SFC修行と言うだけあって、本当の意味での修行の終わり(=解脱)はSFCカードの発行ですが、本記事ではANAプラチナ基準に到達までの、SFC修行2017年の後半などを振り返っていきたいと思います。

スーパーフライヤーズカード(SFC)で生涯続くANA上級ステータス|陸マイラーにとって本当に必要なもの?特典とメリットは?

ANAブロンズステータス基準に到達!SFC2017年修行の前半を振り返る!

 

ANAプラチナなのにブロンズのまま!?という例の画面をご覧ください…

anaプラチナ基準なのにブロンズ_pc

それではまずは何を差し置いてもこの画面、わたしの『ANAプラチナなのにブロンズのまま!?』をご覧ください。

解脱(最終)フライトの翌日に最後のプレミアムポイント(PP)が反映し、5万オーバーなのにブロンズのままという例の画面とついにご対面することができました♪

anaプラチナ基準なのにブロンズ_スマホ

ANA SKY WEBの画面だけでなく、スマホアプリ版の方もどうぞどうぞ。笑 アホらしいかもしれませんが、個人的には嬉しくってしょうがないんです。

 

anaプラチナステイタス画面

で、その翌日にはステイタスの表示もきちんとANAプラチナのものになり、晴れてANAプラチナメンバーの仲間入り*1と相成りました。

AMC一般会員のロゴと同じような色に見えますが、深みが違いますよね(錯覚)

いやーしかし、こんな私がANA上級会員の仲間入りを果たすとは。1年前には全く想像もしていませんでした。

ANAプラチナステイタス到達(50,000PP突破)までのフライト記録など 

日付

便名

機材

発着地

出発

到着

所用

時間

運賃

区分

運賃

(円)

PP

PP

単価

2017/1/15

732

76P

仙台→伊丹

8:00

9:25

1:25

P28

18,930

1,390

13.62

2017/1/15

765

772

伊丹→那覇

11:20

13:40

2:20

P28

23,600

2,247

10.50

2017/1/15

1864

76P

那覇→仙台

14:45

17:10

2:25

P株優待

32,000

3,225

9.92

2017/1/17

732

76P

仙台→伊丹

8:00

9:25

1:25

P28

19,500

1,390

14.03

2017/1/17

765

76P

伊丹→那覇

11:20

13:40

2:20

P28

22,900

2,247

10.19

2017/1/17

1864

76P

那覇→仙台

14:15

16:50

2:35

P28

29,000

3,225

8.99

2017/1/22

732

76P

仙台→伊丹

8:00

9:20

1:20

P28

19,500

1,390

14.03

2017/1/22

765

772

伊丹→那覇

11:35

13:55

2:20

P28

23,600

2,247

10.50

2017/1/22

1864

76P

那覇→仙台

14:30

16:55

2:25

P株優待

32,000

3,225

9.92

2017/1/29

732

76P

仙台→伊丹

8:00

9:20

1:20

P28

19,500

1,390

14.03

2017/1/29

765

772

伊丹→那覇

11:50

13:50

2:00

P28

23,600

2,247

10.50

2017/1/29

1864

738

那覇→仙台

14:30

17:00

2:30

P株優待

32,000

3,225

9.92

2017/2/5

732

76P

仙台→伊丹

8:00

9:20

1:20

P28

19,500

1,390

14.03

2017/2/5

765

772

伊丹→那覇

11:20

13:40

2:20

P28

24,800

2,247

11.04

2017/2/5

1864

76P

那覇→仙台

14:25

16:45

2:20

P株優待

32,000

3,225

9.92

2017/2/9

732

76P

仙台→伊丹

8:00

9:25

1:25

P28

19,500

1,390

14.03

2017/2/9

765

78P

伊丹→那覇

11:20

13:40

2:20

P28

24,100

2,247

10.73

2017/2/9

1864

76P

那覇→仙台

14:58

17:25

2:27

P28

31,100

3,225

9.64

2017/4/28

3144

CR7

仙台→中部

8:45

10:00

1:15

包括運賃

 

322

0.00

2017/4/28

579

738

中部→石垣

10:50

13:35

2:45

包括運賃

 

1,044

0.00

2017/4/30

1762

735

石垣→那覇

8:10

9:05

0:55

包括運賃

 

247

0.00

2017/5/1

1864

763

那覇→仙台

14:05

16:40

2:35

包括運賃

 

1,130

0.00

2017/6/6

1221

735

仙台→千歳

8:20

9:30

1:10

旅割45J

13,200

502

26.29

2017/6/6

1693

738

千歳→那覇

10:35

14:40

4:05

P28

35,600

3,892

9.15

2017/6/6

1862

76P

那覇→広島

15:35

17:20

1:45

P28

16,100

2,025

7.95

2017/6/6

3140

CR7

広島→仙台

19:35

21:00

1:25

旅割55M

13,100

769

17.04

 

52:32

-

525,130

51,103

10.28

 

ANAプラチナステイタス基準に必要なプレミアムポイントは5万。その手前のブロンズ基準が3万ですから、差引たったの20,000 PPしかありません。

以前に公開したANAブロンズ基準到達!の記事でも同様の表を掲載していますが、そこから増えたフライトはたったの10レグだけです。

 

ほとんど飛行機に乗っていなかった時であれば『うへー、10回も乗るの!?』という感じですが、今現在であれば本当にあっという間なイメージ。実質の搭乗時間って短いですしね。

なお、最終フライトは『華麗に決めてやるぜ!』という意気込みを見事に砕かれ、ちょっぴりグダグダな長~い1日となりました。

詳しくは改めて別記事で☆

どうしても乗りたかったB787

ANA JA818A

B787ってカッコいいですよね。ANAがローンチカスタマーとして導入して以降、ずっと乗ってみたかった機体に、SFC修行を言い訳にしてついに搭乗することができました。

ANAボーイング787搭乗記♪自分の地域じゃ飛んでない?じゃあ飛んでるとこから乗っちゃえばいいじゃない!【NH765:伊丹→那覇】

 

私の修行スタイルは『国内オンリー・サッと・安くプラチナ』
計画当初はこんな動機で予約を入れるとは思ってもみなかったのですが、予約画面に現れた78Pの機材表示につい飛びついてしまいました。

飛行機に乗ることが目的のうちの修行。大人になってから尚更に思うことですが、やりたい時に・やってみたい事を・我慢しないでやってみるって本当にたっのしー☆ですよね。笑

ANAプラチナまでのPP単価は10.28・総費用約53万円

ANA修行僧なら誰でも気になるPP単価*2ですが、全フライトを終えた最終結果は10.28円/PPとなりました。

なお、今回の修行には、石垣・那覇旅行の際のフライト分も含まれていますが、ANA旅作で手配したこと(包括運賃であること)と、我が家毎年お約束の旅行であることから純粋な修行費用からは除いて計算しています。

やっぱり最後はANAの旅作!私はこうして『旅作・パッケージツアー・旅割』の中から選びました!

 

手持ちのANAマイルは潤沢だったので、国内線の特典航空券でも旅行することは可能でしたが、プレミアムポイントを無駄にしないようにという考えからの旅作チョイスです。

もともと私のベースである仙台空港は、PP単価に優れた優秀な路線というものがほぼありません。旅行分の費用を除く…というちょっとズルい計算ですが、基準となるPP単価は10.0・費用50万円と言われるところ、概ね近い数値を出せたと考えています。

ANAマイルをSKYコイン化して現金支出を抑える

航空券のみの総費用は525,130円ですが、ANAマイルをSKYコイン化して充当することにより、実際の現金支出は約10万円ほど抑え、総額43万円程度に収まっています。

ANAスカイコインをANAマイルから生み出すメリットと実際の交換手順 

 

このANAマイルは、ポイントサイトを駆使し、ソラチカルートで交換して生み出した、元手ほぼ0円のマイル。無料のマイルを使って航空券代に充当してSFC修行って、すごいシステムですよねー。

理論的には約32万マイルで50万円分のSKYコインを生成できますから、やろうと思えば完全無料でANAプラチナステイタス・SFCということも現実に可能です。

なお、私の場合はANAプラチナサービス特典を享受するため、マイルはほぼ温存の方針でした。

ANAプラチナを目指すSFC修行50万円の是非

さらっとANAプラチナステイタス・SFC:50万円!と言っていますが、冷静に考えれば結構な金額。大人の趣味・遊びと言ってしまえばそれまで*3ですが、決して安いとも言えません。

仕事関係の出張で貯まるPPの足しにして…といった方であればですが、そうでない方はやはり家族の理解なども必要になってくるかもしれません。

SFC修行で生涯のANAステータスを目指す人に読んで欲しい5つのコト。

 

最近では家族にナイショで修行する『隠密修行僧(尼)』も沢山いらっしゃいますが、不測の事態に備え、やはりあらかじめ伝えておくのが良いのでは?というのが個人的な持論です。

ANAプラチナ達成後の予定は?

長いようでものすごく短かったANAプラチナステイタス到達までの時間。達成後に考えている『やりたい事』は主に3つあります。

①ANAファーストクラスでのニューヨーク旅行(マイル特典航空券)

anaファーストでny

2016年、初めてのマイル特典航空券旅行となったハワイ・ホノルル以降に目標としていた、ANAファーストクラスでのニューヨーク旅行を実現させたいと考えています。

東京-NYのANAファースト特典航空券はそこまで苛烈な競争ではない*4と聞いていますが、うっすらと考えているシーズンはやはり空席待ち。

そんな時、ANAプラチナサービス特典のパワーがどれくらい効いてくるかな?というポイントを確かめたい思いもありますね。

もちろん、純粋にファーストクラス旅行を楽しみたい思いももちろんあります。こんな普通のサラリーマンでは絶対に届かない世界。うーん、今からワクワクしますねー。

②ANAプラチナサービス特典を試してみる

anaプラチナ特典を享受

ANAプラチナメンバーになると、ブロンズとはケタ違いな特典・メリットを享受できます。

ついに、国内線普通席利用でも様々な空港での優先、ANAラウンジの利用が可能になりますから、エコノミーな旅行の際も快適に過ごすことができそうです。

ANAプラチナメンバーからが真の上級会員!?サービス内容・メリットからSFC会員との違いまで徹底解説!

 

特に興味があるのは国際線プレミアムエコノミーへの無償アップグレード特典。普通に購入すると結構なお値段のANAプレミアムエコノミーにタダでUPしてもらえるなんて…お得過ぎます。

せっかくプラチナメンバーになったんですから、これからの2年弱を有意義に過ごしたいですね。

③日本国内47都道府県制覇の推進

日本47都道府県制覇の旅

ANA陸マイラーになる前から進めている我が家の日本国内47都道府県制覇の旅

これまでは比較的に行きやすい地域に偏って進めてきましたが、ANAプラチナ到達(のちのSFC取得)により空港・飛行機利用が格段に快適になるはずですから、遠くの地域にだってグッと訪れやすくなるはずです。

もちろん、マイルを使った特典航空券でも良いですし、お得に旅割などを利用した旅でも、空路が面倒でない存在になったことで、より目的達成へ向けた気力もみなぎってきた気がしています。

ともあれ、ANAプラチナステイタスは『また新しいスタート地点』という感じですかね。

まとめ

ついにanaプラチナに到達しました

2017年SFC修行を完遂し、約半年の時間をかけてANAプラチナステイタスへと到達しました。PP単価は10.28・航空券代は約53万円でしたが、ANAマイルをSKYコインへ交換して充当することによって、現金支出はやや抑えることができました。

ANA上級会員の特典を享受できるようになることで、これからの旅はきっとこれまで以上に良いものになるに違いありません。

ANAプラチナという『新しいスタート地点』から、私の旅が始まります。

関連記事

*1:厳密には事前サービス期間。

*2:ピーピー単価:1 PPを得るのにいくらかかったかの指標。

*3:例えば車の趣味,カメラの趣味など、高額な費用を要する趣味は世の中に沢山存在する。

*4:実際、ANAマイレージクラブ一般会員時代でも、時期を選べば国際線ファーストクラス特典航空券2席は予約可能であった。