ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

Youはどうしてこの道へ?クレカ還元率の調査から始まったANA陸マイラー2年間の歩みを振り返ります

ana陸マイラーになったきっかけ

ANA陸マイラーとは、ソラチカカードと呼ばれるクレジットカードとハピタス・ちょびリッチなどの各種ポイントサイトを駆使して『飛行機に乗らずに大量マイルを貯める』人々のことを指します。

www.uridayo.com

知ってる?年間30万を超えるANAマイルの貯め方|始めた人だけが得をする陸マイラーのシステムを公開します

私自身もまさにその陸マイラーなワケですが、この道へと入ってくるまでには、実は様々な葛藤がありました。

『マイルは貯まる!最高だ!』と、インターネット上でどんなに記事を読んだって、最初は誰でも半信半疑。怪しい感じも相まり、抵抗があって当然です。

本記事では、ANA陸マイラー2年間の歩みとして、クレカ還元率の調査から始まった私自身の思考・行動の変遷をご紹介いたします。

『この人はどうやってこの道へ?』というポイントを知れば、あなた自身の背中を押すきっかけの1つになるかもしれません。

きっかけは三井住友VISAカードのポイント

三井住友visaクラシックカード

社会人となったことをきっかけにクレジットカードを積極的に使うようになった私。メインカードにしていたのは、三井住友VISAカードの『クラシックカード』でした。

クレジットカードといえば、毎月の利用実績に応じて各種ポイントがバックされますよね。三井住友VISAカード系ではおなじみの『1,000円で1ポイント付与』、ベース還元率は0.1%です。

クレジットカードで払えるものは全てクレジットカードで処理することを心がけていると、私の場合、おおよそ1年半程度で4,000ptを貯めることができていました。

クレカのポイントは商品券化が一番…?

vja商品券

そうして貯めにためた三井住友VISAカードのポイントは、さまざまな景品へと交換することが可能です。

交換先の商品は、食器・家電・生活雑貨などのいわゆるモノ類から、プリペイドカード・電子マネー・商品券などの金券類など多岐に渡りますが、一番使い勝手が良く、かつ最終還元率が高い*1のはやっぱり金券類…ということで、2万円分のVJA商品券へと交換するのが至高だ!と凝り固まった考えをしていました。

VJA商品券は使い勝手も良いので、実際にお買い物やレストランで利用したりして、それなりにお得だなぁとも実感していましたし。

もっともっとポイントが欲しい!けど『利用額のカベ』は超えられない

およそ1.5年に1回・2万円の商品券のルーチンが完成すると、段々と欲が出てきてしまうもの。次第に2万円では満足できなくなり、『もっともっとポイントを獲得して大量の商品券をゲットしたい!』と思うようになっていきました。人間ってホントに欲深いですよね。笑

そこで、三井住友VISAクラシックカードでもっとポイントを貰う方法を改めて調べたのですが、ポイント還元率を上げるためにできることはマイ・ペイすリボを使うことくらい。

www.uridayo.com

マイ・ペイすリボ臨時増額手続きの手順と手数料を1円にするための考え方~カードが届いたその日からできるボーナスポイント獲得の準備

それ以外に関しては、クレジットカードとして当然ですが、自分自身のカード利用額を増大させる以外手段がないことに、改めて気づかされたんです。
なお、当初はリボも怖くて怖くて、まったく利用していませんでした。

www.uridayo.com

リボ払いとは?陸マイラーが避けて通れないクレジットカードの支払い方法『リボ払い』を理解してポイントサイト活動をしよう!

リボ払いは、仕組みの概要を理解しておけば、決して怖いものではないんですけどね。

ポイントの価値を考える

クレカポイントの価値を考える

クレジットカードのポイントは増やせないなら、せめてもっとベースのポイント還元率が高いクレジットカードに変更しようか?とも考えましたが、これまで数年かけて築いてきた三井住友VISAカードでのクレジットヒストリー*2は大事にしたいので、却下。

すると必然的に考えるのは、ポイントをもっと有利に・高価値なモノへ交換できないか?という点でした。

クレカ1ポイント=5円を超える唯一の可能性:航空マイル

anaマイルだけが価値を大きくできる

三井住友VISAカードのポイントは、前述したVJA商品券へ交換することで1ポイント=5円で利用できたことになります。

1ポイントが5円でも、冷静に考えるとなかなかの還元率なワケですが、インターネットで様々な情報を調べた結果、コレを超えることができる唯一の可能性を有するのが、航空マイルという結論に至りました。

www.uridayo.com

三井住友VISAカードのポイントで夢を買う!交換先にマイルを選んで価値最大化を図ろう!

三井住友VISAクラシックカードでも、ポイントの交換先に『マイル』を選択することが可能。

マイルを使って、無料の航空券をゲットできれば、たちまち数万円~数十万円分の還元を受けたのと一緒。非常~に夢がありますよね。

マイルには当初全く興味がありませんでした(笑)

クレジットカードのポイントを最大価値で活かす方法は理解しましたが、最初はどうにも食指が動きませんでした。

というのも、クレジットカードのポイント数程度では、せいぜい1万数千マイルが関の山。これではギリギリ国内で1人が往復できる程度のわずかなマイル数ですから、『価値は分かるが現実味がない』というのが本音でした。

www.uridayo.com

まだANAカード『だけ』でマイルを貯めますか?クレジットカードのみでは旅行すら実は怪しいという悲しい現実をお見せします

飛行機は年に数回程度利用しますが、航空券は旅作などのお得なパッケージで手配しますし、わざわざマイルを使うことも想定しづらい…というのもありました。(そもそもどこのマイレージプログラム*3にも登録していませんでした。)

万が一きちんとマイルを消費できなければ、それこそ宝の持ち腐れ・ムダになってしまいますからね。

ここで思考は逆戻り。また当てのない高ポイント還元クレジットカード探しの旅が始まってしまいます。

ソラチカカード×ポイントサイトとの出会い

ソラチカカードとポイントサイト

相変わらず、『もっとポイントもらえるクレジットカードないかなぁ』という当てのないネットサーフィンを繰り返していたある日、私は、今や常識中の常識となっている『ソラチカカード×ポイントサイト』で大量のANAマイルを貯められる!という事実を紹介している記事に出会います。

貯めることができるマイルは、毎月18,000マイル×12か月で216,000マイル(!)私にとっては衝撃の事実でした。

www.uridayo.com

ソラチカカードを持っていないあなたが逃す年間216,000もの大量ANAマイル|まだ知らずに損し続けるの?

20万マイルオーバーでできることは実に多彩・上級クラスも利用可能 

20万マイルでできることは、実に多彩。
しかも、国際線であればビジネスクラスやファーストクラスなどの上級搭乗クラスも利用できてしまいます。

www.uridayo.com

マイルの価値を考える〜ANAマイルの最も合理的な交換先と使用方法とは?

www.uridayo.com

ANAのマイルを特典航空券に交換したらいったいどこへ行ける?乗り換えなしで初心者もきっと安心!国際線直行便就航都市まとめ

もちろん、当時はここまで調べていませんでしたが、ANA直行便就航都市だけを見ても実に44都市も行先が存在。

『夢が膨らむってこうゆうコトなんだな』と感じました。

ただしポイントサイトは『嫌』だし怪しい

ポイントサイトは怪しい感じがした

マイルの可能性や夢については頭でよ~く理解できたのですが、ポイントサイトを使い倒し、案件を沢山利用していく…という行為にえも言われる抵抗感があったのは事実です。

個人情報を垂れ流しているような怖さもありますし、これまで関わらずに生きてきた(これた)のですから、可能であれば正直接触も減らしていきたいですしね。

夢が膨らみ、興味も日に日に増す一方で、抵抗感もある。こんなちょっぴり悶々とした感情を持ったまま2か月ほどが経過した時、私は1つの決心をしました。

1年間限定の『陸マイラー』を決意

ana陸マイラーを決意

陸マイラーについて調べれば調べるほど出てくる贅沢なお話。とりわけ、ビジネスクラスやファーストクラスといった国際線上級クラスの搭乗記などは、私の心をくすぐり続けました。

『やらない後悔よりやる後悔』が信条のわたくし。だまされたと思って、以下の目標と制限を設け、陸マイラー活動に取り組んでみることにしました。


  • ハワイビジネスクラス特典航空券:約14万マイル
  • ポイントサイト登録・活動は『ハピタス』のみ

 

目標とするのはやっぱり憧れのハワイ。しかも、ビジネスクラスです。

リゾートにビジネスクラスなんて、恐らくハネムーンくらいしか利用する機会がなさそう*4ですが、お金のかからない特典航空券であれば悩む必要もありません。

陸マイラー活動の嫌な部分。特に『ポイントサイト』に沢山登録したくない!ことに関しては、サイトを『ハピタス』に限定するだけで解消しました。

www.uridayo.com

ハピタスは陸マイラー最後の砦!大量ポイントの貯め方・攻略法を知って楽にマイルを貯めよう!

ソラチカカードを利用すれば、毎月18,000マイル。8か月だけ我慢すれば、18,000×8=144,000マイルですので、1年以内で終わります。

『コレっきりだと思えば陸マイラーなんて楽勝!』気分はこんな感じでした。

ついにANAビジネスクラスでハワイへ!

ハワイ・ワイキキビーチとダイヤモンドヘッド

ANA陸マイラー必携のクレジットカード・ソラチカを発行し、ハピタス経由で各種クレジットカードや、FXなどの高額案件をこなしながら8か月。ついに保有マイルが14万を突破し、ハワイ・ホノルル行き、憧れのANA国際線ビジネスクラス特典航空券をゲットしました。

特典航空券を予約・発券したのは、たまたま早起きしたとある朝の出勤前。『本当に取れちゃった…』と軽く放心していたことを今でも覚えています。

と同時に、これから初めて体験するラウンジやビジネスクラスという未知の世界への期待がどんどん膨らんていくのを感じましたね。

www.uridayo.com

ANAビジネスクラスで行く2016年ハワイ旅行記まとめ♪8ヶ月で実現できたマイル特典航空券旅行!

8か月でゲットしたANA国際線ビジネスクラス・ハワイ旅行についてはこちらの記事にくわしくまとめていますが、本当に贅沢で、楽しい時間を過ごすことができました。

ネットには詐欺まがいの情報(または情報商材)がゴマンとありますが、陸マイラーについては一つもウソがないという点を、身をもって体感しました。

順調すぎるANAマイルの貯まり具合に自信を持つ

マイル貯金に自信を持つ

ANA国際線ビジネスクラス特典航空券を取得後もなお、ハピタスには潤沢なポイント残高があり、私のANAマイル口座にも順調に毎月18,000マイル以上が積みあがっていきます。

この順調すぎるANAマイルの貯まり具合に驚くと同時に、『これからも続けられる』『もっと上、ファーストクラスも狙える』というように、はっきりした自信を持つことができました。

登録ポイントサイトを増やして効率アップ

大量のマイルを獲得するには、大量のポイントサイトのポイントが必要になります。そのためには本来ポイントサイトの使い分けが欠かせません。

www.uridayo.com

どこ得?でカード・FX・お買い物の際に経由すべき本当のポイントサイトを知って効率良い陸マイラー活動を!

 

当初はハピタス1本だったポイントサイトも、GetMoney!(ゲットマネー)ちょびリッチmoppy(モッピー)Gポイントなど、次第に増やすことができました。

 

それぞれのポイントサイト、特に陸マイラー登録必須のものについては、以下の2記事で詳しく解説しています。

www.uridayo.com

陸マイラーが必ず登録すべき必須ポイント(中継)サイトとは?(1):.money・PeX・Gポイント

www.uridayo.com

陸マイラーが必ず登録すべき必須ポイントサイトとは?(2):ハピタス・ポイントタウン・GetMoney!・ちょびリッチ・モッピー

そして増えたポイントの管理はポイ探で。こんなにたくさん登録していても、管理はとっても楽ちんにすることができます。

www.uridayo.com

『ポイ探』は陸マイラー活動を快適にしてくれる便利サイト♪使い方・活用法を知って1歩前に出よう!

外食モニター案件で遊びながら・楽しみながらポイント還元

ファンくるやGpointなどで募集されている、現実のお店への覆面訪問調査。(いくつか指示はありますが)ただお店へ行って、飲食を行い、アンケートに回答するだけで、飲食代金がポイントバックされます。

www.uridayo.com

外食モニターは誰でも実践可能な大量マイル獲得手段!ポイントサイトの覆面調査で実質無料のお食事+大量ポイントをゲットする方法

 

ご紹介している記事では飲食代金の50%還元でしたが、モノによっては100%以上の還元がある場合もザラ。飲食代金が実質タダ以上になって返ってくるんですから、こんなにお得かつラクなものはありません。

基本となるポイントサイト案件+外食で、陸マイラーとして完璧な体制が構築できました。

妻とのダブル・ソラチカ体制で異常なほどに貯まるANAマイル

家族の協力でもっと貯まる

ソラチカカードで貯めるANAマイルは、ANAカードファミリーマイルの仕組みを利用して合算することが可能です。

www.uridayo.com

1マイルも無駄にするな!ANAカードファミリーマイル登録で家族間のマイルを合算・有効活用する方法

すでにご承知のとおり、ソラチカは毎月18,000マイル×12か月で216,000マイルが獲得できる魔法のカード。

これが夫婦2人分あるということは、216,000×2=432,000マイル(!)もの驚異的な数字が獲得できる計算になります。

私自身が陸マイラー活動を始めた頃には難色を示していた妻ですが、一度マイルの『味』がわかると反応も違うもの。今では好きな物・得意なジャンルで、ポイント活動に励んでいるようです。

ちなみに、私の場合はこうして協力体制を構築していきました。

www.uridayo.com

家族はもっとも手強いプレゼン相手!実録陸マイラーになった私が妻の協力を得るまでの軌跡を紹介します

まとめ

陸マイラーを知ったきっかけ、悩んだ時期、実際にやってみた結果、そして今…という、これまでの歩みをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今では当ブログを通じて人さまに発信させていただく立場になった私ですが、誰にでも初心者の時期・はしりの時期というものは存在するんです。

こうした思考・行動の変遷を紹介することで、みなさんの背中をほんの少しでも押すことができたら幸いです。

大丈夫、安心してマイルを貯めてみてください。

関連記事 

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

*1:商品券交換後の還元率は0.5%となる。

*2:いわゆる個人の信用情報。きちんとカードを利用して、きちんと確実に支払いをしている記録は、今後のクレジットカード発行やローン審査において重要な資料となる。

*3:「マイル」と「マイレージ」は意味が異なる。詳細についてはこちらの記事を参照のこと。

【マイルとは?】これからマイルを貯める人に送る8つの基礎知識

*4:そんなハネムーンでも、私の場合実際には「ビジネスクラス」なんて差額が凄すぎて使わなかった。