読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

ネットマイルはレートアップキャンペーンが狙い目!ポイント交換率を引き上げるその方法とは?

ネットマイルのmロゴイメージ

ネットマイル(NetMile)はドットマネーやPeXと同様、ANAマイルへと続くポイント交換(中継)サイトの1つです。しかしながら、ソラチカルートで常用されるドットマネー(もしくはPeX)と違い、普段使いされることはあまり多くありません。

一方で、ネットマイルでは頻繁にポイント交換レートアップキャンペーンを行っており、交換のお得さという観点で、時として各ポイントサイト→ドットマネー(もしくはPeX)→メトロポイントという黄金ルートを上回る場合があります

本記事では、ドットマネーやPeXに代わる(こともある)第3のルートとしての『ネットマイル』活用法についてお送りいたします。

ネットマイルからメトロポイントの交換が20%アップ!レートアップキャンペーンは威力抜群

2016ネットマイル→メトロ交換レートアップキャンペーン

2016年7月1日~2016年8月31日のおよそ2か月の期間に渡って、ネットマイルからメトロポイントの交換レートが20%アップするキャンペーンが展開されていました。

実例に基づいて、レートアップキャンペーンの具体についてみてみます。

最終的なマイル還元率を1.2倍にしたレートアップキャンペーン

当時展開されていたネットマイルからメトロポイントの交換20%レートアップキャンペーンですが、たかが20%と侮るなかれ。

ポイントサイト(GetMoney!)で10,000円相当のポイント(100,000ポイント*1)を保有し、ANAマイルへと交換する場合の推移を、ポイ探の機能を使って追ってみましょう。

 

anaマイルpexルートの交換推移△通常のANAマイルへの交換推移

通常のANAマイルへの交換の場合は、PeXを経由するルートで最終的に9,000マイル獲得できます。
10,000円相当のポイントが9,000マイルに変わり、交換レートは0.9倍。おなじみのソラチカルートですね。

 

anaマイルネットマイルルートの交換推移

ネットマイルを経由する場合も、結果は同じく9,000マイルとなりますが、そもそもネットマイルへ交換できるポイントサイトはそこまで多くありません
従ってポイント集約先として旨みがないため、普段はあまり利用されていないのです。

 

ネットマイル交換レートアップ時の交換推移△交換レート20%アップ時のポイント交換推移*2

交換レート20%アップ時、ANAマイルへ向かって交換を行う場合は、ネットマイルを経由するルートで最終的に10,800マイル獲得できます。

10,000円相当のポイントが10,800マイルに変わり、交換レートは1.08倍で、通常時の1.2倍*3の変換効率をたたき出したことになります。

また、通常のPeXルート比で交換時との差は1,800マイルとなりました。1,800マイルといえば、マイル還元率1%のカードで18万円分の決済ポイントに相当します。これがタダで上乗せされるのですから、逃す手はありませんよね。

ネットマイルのレートアップキャンペーンは頻出ではないけれど…

『おいしい話』がいつも湧いてくるわけでははもちろんありませんが、ネットマイルでは度々こうした交換レートアップキャンペーンを展開しています。

ネットマイルの交換レートアップキャンペーン一覧*4

2016年のネットマイル交換レートアップキャンペーン一覧

昨年、同時期に行われていた交換レートアップキャンペーンは、ドコモdポイント25%の増量,nimocaポイント交換レート3倍,ANAマイル交換レート30%アップ,メトロポイント交換レート20%アップの4つでした。

数パーセントなら誤差ですが、20%以上の増量はかなりの破格レート。期待しながらまた次の機会を狙っていきたいですね。

ネットマイルからメトロポイントへの交換は少し注意が必要です!

ネットマイルからメトロポイントへの交換を行う場合、申請方法が交換口数(200mile=1口)単位になっています。

www.uridayo.com

普段使う機会が少ないからこそ、いざという時のために、きちんとポイント交換の際の注意点を確認しておきましょうね。

ネットマイルのレートアップは毎月1日に注目

ネットマイルは毎月1日に注目

『頻出ではない、けれどネットマイルのレートアップは活用したい』というのは誰しもの願いだと思います。

ネットマイルのレートアップは毎月1日スタートであることが多いので、気になる方はネットマイルのWebサイトをチェックしてみてたり、メールマガジンなどに目を通してみてください。

 

一番お手軽なのは にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ ブログランキングなどを覗いてみて、最新情報をゲットする方法です。

こうしたキャンペーンのお話は、情報収集・発信に余念がない陸マイラーブロガーさんから新着情報としていち早く出回ります。
あわせて得られる情報も非常に有用ですし、自らいちいちネットマイルに訪問しなくとも済む可能性もあります。

ネットマイルへのポイント交換がお得なのは『ゲットマネー(GetMoney!)』のみであることに注意!

陸マイラーに必要不可欠なサイト『ポイ探』の逆サーチ機能を使って、ネットマイルへのポイント交換ができるポイントサイトを調べてみます。

ネットマイルへ交換可能なポイント一覧

陸マイラーが使うであろうポイントサイトは、ハピタス・ゲットマネー・チャンスイットの3つですが、結論から言うと、ネットマイルへのポイント交換が等価(円貨換算で1:1)であるのはゲットマネーのみです。

チャンスイットこそ交換倍率0.9倍ですが、陸マイラーの必須サイト・ハピタスに至ってはなんと交換倍率0.5倍(!)当然使う価値はありません。

こうなると、実質的にネットマイルへ交換できるのはゲットマネーのみですから、先ほどの具体例でもポイントサイト(GetMoney!)と表記したんですね。

ゲットマネー(GetMoney!)はFXやクレジットカードで大量ポイントをゲット可能

ゲットマネー(GetMoney!)は、ポイント還元額の特別アップを頻繁に行っており、FXやクレジットカード案件を使って一撃で大量ポイントをゲット可能です。 

www.uridayo.com

ゲットマネーでは、初回のポイント交換が現金のみに限られるという注意点があります。 

いつかまたやってくるであろうレートアップキャンペーンを見越して、早めにポイント案件に取り組んでおくのが良いでしょう。

ポイ探に表示されない『モッピー(moppy)』からの交換ルート

 

ポイ探のポイント逆サーチや、交換ルート探索にはなぜか表示されませんが、ポイントサイトのモッピーからネットマイルにもポイント交換が等価(円貨換算で1:1)になっています。

ただし、通常の場合であれば、モッピー→ANAマイルの間には、最強のポイント中継サイト『ドットマネー(.money)』が利用できますから、わざわざ交換手数料を取られるネットマイルへ交換することはありません。

一方で、レートアップキャンペーンがあればお話は別!ANAマイルへ変換すれば、最終的な収量を増加させることができますから、積極的に活用したいですね。

ネットマイルとは

ネットマイル(NetMile)は、株式会社ネットマイルが運営するインターネット市場におけるユニバーサルポイントプログラムサービスです。

複数のポイントサービスに散らばったポイントを、ネットマイルで『Mile(マイル)』へと1つに集約。ご紹介したメトロポイント(続くANAマイルへの交換)への交換や、JALマイル、Amazonギフト券、T-Point、現金など、様々な特典に交換することが可能です。

ネットマイルの評判や安全性

ネットマイル(NetMile)はプライバシーマーク取得済みであり、会員情報の適正な管理がなされています。

また、JIPC(日本インターネットポイント協議会)加盟で、ポイントの不正獲得などの不正行為排除の理念を持ち、健全なインターネットポイント事業を展開しています。

スパムのメールもなく、ネットマイルの利用明細通知と週刊ネットマイルというメールマガジンがちらほら届く程度で、登録していても全く負担がありません。

まとめ

  • ネットマイルのレートアップキャンペーンは威力抜群
  • ネットマイルのレートアップキャンペーンは毎月1日に注目
  • ネットマイルへのポイント交換がお得なのは『ゲットマネー(GetMoney!)』(もしくはモッピー)だけ
  • ネットマイルは安心して登録できるポイント交換・中継サイトの1つ

通常時であればPeXに敵わない*5ネットマイルですが、キャンペーンなど、ここ一番の時に威力抜群の交換効率をたたき出しますので、いざという時にサッと使えるように準備しておきましょうね。

関連記事

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

Photo credit: francoisaix via Visual Hunt / CC BY-NC

*1:ゲットマネーでは1円=10pt換算

*2:説明のため合成した画像を使用

*3:1.08/0.9=1.2倍

*4:過去の情報ですのでご注意ください

*5:ポイント交換「元」の豊富さという観点から