ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

マネックスFXでの取引で大量ポイントをいただく!FXトレード手順を画像付きで詳しく解説します!

マネックスfxのイメージ

FX口座開設・取引の案件は、陸マイラーにとって避けては通れない大量マイルの源です。

初めてのFXトレードは何かと不安もあると思いますが、FX歴10年以上の私が、画像付きでトレードの手順・操作などを詳しく解説いたします。

これからポイントサイトで申込みをする方・これから取引を始める方、どちらにとってもお役に立つ内容です。

本記事では『Monex(マネックス) FX』について解説しています。

Monex(マネックス) FXの取引を始める前にもう一度条件確認を!

ちょっと待った!

ほとんどの方がポイント目的に手を出すFX案件ですが、口座開設通知書が届いたらすぐに始めるのではなく、一旦落ち着いてポイント付与条件を再確認しておきましょう。

本記事執筆時点(2017年1月末)、Monex(マネックス)口座開設・取引の案件はポイントサイトのPONEYやPeXで募集されていますが、例として、PeXでの付与条件を確認してみましょう。

pexでのマネックスfxポイント付与条件

※マネックス証券株式会社口座を初めて利用され、WEB申込後90日以内に口座開設し、10万通貨以上の取引が確認された方が成果対象となります。

 

条件を間違えたり、未達になるとせっかくのポイントが獲得できません

FX案件は1人1回のみしか利用できません。解約して再度申し込みをしてやり直しても、ポイントは獲得できません。

『急がば回れ』の精神が大事です。

本項で記載したポイント付与条件は、あくまで本記事執筆時のものです!
ご自身で取り組まれる場合には、必ず自分の利用したポイントサイトの条件をご確認ください!

Monex(マネックス) FXのトレード手順

ポイント付与条件をきちんと確認したら、早速、マネックスFXでの実際の取引手順について画面付きで解説していきます。

*お手元にMonex FXから到着した口座開設通知書をご用意ください

マネックスfxトップページマネックスFXの公式サイトから、口座開設通知書を参照してログインします。

 

マネックスfx初期画面△マネックスFXの初期画面が表示されます。FX口座に入金がお済でない方は、口座管理・設定→クイック入金から、このタイミングで取引に必要な証拠金を入金します。

入金は、24時間リアルタイムで口座処理可能なクイック入金がオススメです。ジャパンネット銀行などの口座があれば、日中お忙しい方でも楽チンです。 

 

fx発注メニュー△画面左下にある発注メニューから注文を行います。

 

マネックスfx発注画面通貨ペアはUSD/JPY(ドル円)を選択*1注文数量は10,000と入力します。

内容を確認したら、赤い『買い』のボタンをクリック。

ここで即時発注がなされます!

 

ポジション一覧画面

△注文が確定し、買いポジションが表示されます。今あなたは1万米ドル相当を買いで保有していることになり、円安になれば利益・円高になれば損失が発生する状況ですので速やかに決済します。

建玉(たてぎょく)一覧をクリック。

 

一括決済を選択△ポジションの一覧画面になりますので、一括決済をクリック。

 

一括全決済を選択△成り行き(現在のレート)での即時決済の確認画面になりますので、一括全決済をクリック。

 

マネックスfx1万通貨取引完了△決済結果が表示されます。これで1lot(1万通貨)売買の一往復が完了しました。

 

例えば、ポイントサイトのFX案件で『15万通貨の取引完了』というようなポイント獲得条件標記があった場合、これを15回繰り返せば条件達成です。

もちろん、1回に15万通貨を取引する方法でも、3万通貨で5回取引する方法でも、最終的にのべ15万通貨の取引が完了すれば問題ありません。

*一度に15万通貨の米ドル円ポジションを持つ場合には約75万円の証拠金入金が必要となります。さらに、急変動のリスクもありますから、ポイント目当てのFX取引の場合にはオススメはできません。

おわりに

  1. ポイント付与条件をきちんと確認しておく
  2. ポジションを持ったら即決済する

この2点に気をつけて、ここまで説明したトレード手順を確認しておけば、誰でも問題なく取引ができるはずです。

関連記事 

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

*1:通貨ペアは基本的に関係ありませんが、初心者の方にも馴染みがあり、またスプレッド(手数料)の安さからドル円としています。