読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

メトロポイントからANAマイルへのポイント交換手順を解説!いよいよ待望の18,000マイルがやってきます!

メトロポイントからanaマイルに交換して特典航空券で飛行機に乗る

ポイントサイトのポイントをメトロポイントに集約できたら、いよいよANAマイルまでの最終段階『メトロポイントからANAマイル』への交換です。

この移行手順が完了すれば、あとは来月の10日頃を待つばかり。お待ちかねの18,000マイルにたどり着けます。

本記事では、メトロポイント→ANAマイルの実際の交換手順と注意事項についてお送りします。

メトロポイントからANAマイルまでのポイント交換・ステップを確認

メトロポイント→ANAマイルの具体的な交換手順に入る前に、交換ステップを再度確認しておきましょう。

ソラチカルートのステップを確認

ハピタス(ポイントサイト)から数えて第3段階目にあたるこの交換では、いよいよANAのマイルが付与されます。

メトロポイントからANAへの交換倍率は脅威の0.9倍! メトロ10,000ptがANA9,000マイルになる非常識なレート*1です。

この交換をもって、いわゆる『ソラチカルート』が1周回った格好になります。

 

第1段階目のハピタス→ドットマネーの交換手順は以下の記事を。

第2段階目のドットマネー→メトロポイントの交換手順は以下の記事をご参照ください。 

メトロポイントからANAマイルの実際の交換手順

それでは、メトロポイント→ANAマイルの実際の交換手順を確認していきましょう。
初めての方は特に、分かった気にならないで、画像を確認しながら着実に進めてくださいね。

 

東京メトロ会員サイトにログイン東京メトロ会員サイトトップページから、お客様番号とパスワードを入れてログイン

*お客様番号はソラチカカード左下に記載のある11桁の番号です!

 

メトロポイント移行申請をクリックメトロポイント移行申請をクリック。

 

anaマイレージへ移行ANAマイレージへの移行をクリック。

 

移行するメトロポイント数を入力△移行するメトロポイント数を入力します。この時、移行メトロポイント数は、1回の交換上限数である20,000ptを入力するようにします。

 

移行申請ポイントとマイル数を確認して送信移行メトロポイント数が20,000ポイント,マイル換算が18,000マイルになっていることを確認し、送信するをクリック。

 

メトロからanaへ交換申請完了△以上でメトロポイントの移行申請が完了しました。

 

anaマイルへ移行申請中の表示△再度メトロポイントの移行申請画面に戻ると、ANAマイレージには申請中の赤文字が表示されています。

あとは翌月10日頃までしばしの待機です。18,000マイルまではもう少しですよ!

 

anaサイトでメトロからの移行マイルを確認△月が明けて、ANAのWebサイトやスマホアプリなどで確認すると東京メトロポイントの移行マイルが反映しているはずです。

ANAマイル移行が反映してもすぐには交換申請できない

『無事メトロポイントからANAマイルへの移行が反映したー!』と思って、再び東京メトロ会員サイトに戻っても、すぐには当月分の交換申請ができません

交換は終わっていても、東京メトロ会員サイト側で『申請中』となっているためですね。

この申請中表示、だいたい月の10日頃を過ぎると解消され、再度メトロポイント移行を申請できるようになります

微妙なタイムラグがありますが、うっかり申請し忘れることのないよう注意してください。

毎月のスケジュールに外れると、ANAマイルの付与まで、2か月程度ものすき間が空いてしまいます。

関連記事

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

*1:いずれレートが改悪される恐れもあります。