ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

ハワイで初めてのレンタカー 国際免許は?どこで借りる?気を付けることは?こんな疑問に全て答えます!

レンタカーでのドライブ

ハワイでレンタカーを借りるぞ!と決意したあなた。

いざとなると「国際免許はどうすればいいの?」「どこで借りるのがお得?」「運転その他で注意すべき点は?」「用意しておくものはある?」などという疑問がたくさん湧いてきますよね?

しかしながら、出発も間近に迫るとこんなことを調べるのもイチイチ面倒。なんか1つにまとまったものないのー?とお困りなのではないでしょうか。

本記事ではそんなあなたに向けて、ハワイで初めてレンタカーを借りる際のギモンに全てお答えいたします。

ハワイのレンタカーは国際運転免許証不要

国際運転免許証はげ原則不要

ハワイは海外・外国です。そうなると当然、車の運転には国際運転免許証が必要になるのでは?と思うかもしれませんが、結論から言うと原則的に国際免許証は必要ありません

なぜなら、ハワイ州ではアメリカに入国して1年以内に限り、日本の有効な運転免許証があれば、国際運転免許証がなくても車を運転できることになっているから。逆に国際免許証のみでは運転できませんので、日本の有効な免許証は必ず携帯してください。

国際運転免許証が活躍するのは事故やトラブルが起きた時

交通事故

ハワイでのレンタカー運転に原則国際免許証不要ということなら、国際免許証って所持しているとどんな効果があるの?と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

そもそも国際運転免許証は、所持している運転免許証の、他国向け翻訳版という性質を持っています。

万が一交通事故などに遭った・起こした場合、現地警察官に免許証の提示を求められますが、この際日本の運転免許証を提示しても、当然言語が理解できませんので、最悪の場合無免許運転で処理されてしまう恐れがあります。

こんな時に国際運転免許証があれば、きちんと有効な運転免許証を有し、運転能力があることを証明できます。つまり、いわゆる『保険』として国際運転免許証を所持するのは悪くない…ということになります。

国際運転免許証は有料かつ申請~返納までが少し面倒

国際運転免許証はお金がかかる

『保険』として国際運転免許証を所持しておくのは悪くないのですが、いかんせん国際運転免許証の取得にも申請手数料(2,400円)が発生します。

また、申請は指定の警察署または運転免許センターで、平日・日中に行わなければなりません。*1

加えて、国際運転免許証の有効期限は取得から1年間で、有効期限が切れた後は返納が必要になります。この一連の作業を面倒だ・無駄だと感じるか、心配だから必要だ・仕方ないと感じるかは人それぞれです。

私の場合は時間の関係もあって国際運転免許証は申請しませんでした。『持っておけば安心』とはいえ、ハワイで事故に遭った・起こしたとなれば、その旅行が台無しになるのは確実。日本国内以上に安全運転に努めようという心構え・注意力を持って臨むこととしました。

ANAマイラーならダラーレンタカー一択

ハワイならダラーレンタカー

ハワイでレンタカーを借りると決めて次に悩むのが『どのレンタカー店を利用するか』という点ですが、ANAマイラーであれば、ダラーレンタカーが特にオススメです。

ANAマイルが貯まる

ダラーレンタカー利用の場合、レンタカー利用1回で300マイル (ANA SKY WEBから予約の場合は100マイル)が加算されます。300マイルといえばANAマイル還元率1%のカードで3万円分の決済ポイントに相当しますから、これがタダでもらえるのは嬉しいですよね。

加えて、レンタカー利用代金をクレジットカード決済すれば、その分のポイントも還元されますから、さながらマイルの2重取りです。

ダラーレンタカーの「らくらくプラン」がお得過ぎる

ダラーレンタカーのらくらくプラン

ダラーレンタカーのプランには、『らくらくプラン』という任意保険・諸税を含み、車両返却時のガソリン満タン補給不要という魅力的なプランがあります。

これで1日78ドル(7,800円)~*2ですから、非常にお得ですよね。

万が一に備えて任意保険だけは必ず付けておきたいですし、また慣れない外国でのガソリン給油も避けれるのであれば避けたい…こんなワガママが一気に叶えられるプランです。 

www.uridayo.com

ハワイでのダラーレンタカー予約と借り出しの実際の手順や注意点についてはこちらの記事を是非ご覧になってみてくださいね。

ハワイでの運転における注意点

レンタカー申し込みが済んだら、ハワイでの運転における注意点を予習しておきましょう。ハワイは海外ですから当然日本と異なるルールも数多くあります。しかし、日本国内で習慣的にハンドルを握っている方であれば、問題なく順応できると思います。

車は左ハンドル・道路は右車線

左ハンドル車

ハワイはアメリカですから、当然のように車は左ハンドル・道路は右車線を走行します。最初は違和感があると思いますが、早ければ数十分で慣れてきます。

気をつけなければいけないのが右左折の際。間違えて反対車線に進入しないよう注意しましょう。

合言葉は『右(折)は右(車線)・左(折)も右(車線)

右左折の度に呪文のように唱えていれば、間違いありません。

加えて、日本とは動きが逆になりますから、左折の際の対向直進車にもくれぐれも注意してください。

蛇足ですが、ウインカーとワイパーのレバーも逆になっています。右左折時に間違えてワイパーを起動してしまっても、焦らないでくださいね。笑

歩行者は絶対的に最優先

横断歩道を渡る人

ワイキキの街を歩いていると実感しますが、信号のない大きな通りの横断歩道でも、きちんと車の運転手さんは停車して渡らせてくれます。これはすごいなぁと思うのですが、レンタカーでドライバーになったら、自分もきちんと歩行者最優先を守って、周囲に気を配りながら走行してください。

ハワイ横断歩道の標識

横断歩道が設置してある場所にはこのような標識が立っています。歩行者最優先のルール上、『車は必ず止まる』と思っている歩行者もいますので、確認は怠らないようにします。

スクールバスは大正義!停車していた場合にはこちらも停車!

アメリカンなスクールバス

街中でみかけることのある黄色いスクールバス。このスクールバスが停車して子供達が乗降している時は、バスの後に停車。絶対に追い越してはいけません

これは、中央分離帯がある道路を除いて、対向車線の車も同様に停車しなければなりません。子供達は車は来ないものだと思って道を横断してきます。『スクールバスが停車していたら必ず停止』これに気を付けてください。

道を間違えても絶対に焦らないこと!

慣れない海外、右側通行、数の多い車線…ただでさえ緊張しているさなか、道を間違えてしまうことも多々あります。

特にフリーウェイの分岐も最初は分かりづらく、気を付けていても間違える可能性が高いです。

でも大丈夫!カーナビがあれば必ず元のルートに戻してくれますから、決して焦らないでください。怖いのは、焦って無理をして、事故などを起こしてしまうこと

楽しい旅行を台無しにしないよう、とにかく焦らず、安全運転を心がけてください。焦らないために、時間に余裕を持った行動も共に心がけましょう。

日が暮れる前にワイキキへ戻ろう

夜の運転イメージ

日中の走行が問題なくても、日が暮れたあとは様子が違ってくるもの。郊外では街灯も少なく、暗くなりますので、運転にはさらに注意が必要になります。

加えて、夕方のワイキキ市街もかなり渋滞し、事故の危険性も高まりますので、なるべく早いうちにワイキキへ戻るようにしましょう。

ハワイの主要な道路標識

全く標識を知らなくとも、ある程度意味が読み取れたり、周囲の車の動き・これまでの経験から推測できることもありますが、主要な道路標識を確認していきましょう。

 

道路標識

意 味

 f:id:uriuridayo:20170108234306p:plain

『STOP』

一時停止

 f:id:uriuridayo:20170108234316p:plain

『YIELD』

ゆずれ

 

f:id:uriuridayo:20170108234325p:plain

『ONE WAY』

一方通行

 f:id:uriuridayo:20170108234340p:plain

『NO PARKING ANY TIME』

駐停車禁止

 f:id:uriuridayo:20170108234350j:plain

『SPEED LIMIT ○○』

制限速度*3

  f:id:uriuridayo:20170108234405j:plain

『MINIMUM SPEED ○○』

最低速度

 f:id:uriuridayo:20170108234437j:plain

『RIGHT TURN ON RED AFTER STOP』

赤信号の時でも一時停止後に右折可能

 f:id:uriuridayo:20170108234449p:plain

『NO TURN ON RED』

赤信号時の右折禁止

 f:id:uriuridayo:20170108234459j:plain

『 LEFT TURN YIELD ON GREEN』

青信号時のみ左折可能

 f:id:uriuridayo:20170108234512p:plain

スクールゾーン

 

日本人に一番なじみがなさそうなのが、『赤信号の時でも一時停止後に右折可能』の標識でしょうか。普通、赤信号は停止を意味しますが、右側通行のハワイでは、ほとんどの交差点で赤信号での右折が可能です。

慣れると気にならなくなりますが、一方で”NO TURN ON RED”の標識で禁止されている交差点もありますので、注意が必要です。

レンタカーを使う際に用意すべきもの

国際運転免許について理解し、レンタカーを予約し、ハワイ交通ルールについて学んだところで、最後にレンタカーでの旅に安心を与えるアイテムについてご紹介いたします。

この項で紹介するのは、スマートフォンでGoogle Mapなどのナビを利用する方にとって特に重要な、実体験に基づくオススメアイテムです。

シガーソケットUSBチャージャー

スマートフォンアプリのナビではGPSで位置情報を利用しますので、かなり電池を消耗します。海外での外出(しかもレンタカーでの遠出)では、スマートフォンは何をするにもある意味生命線。充電が切れないよう、乗車中には適宜充電できるようにしておきます。

併せて、Google Mapでのリアルタイムの地図情報取得にはデータ通信が発生しますから、ポケットWi-Fiの電池にも注意が必要です。

シガーソケットUSBチャージャーを購入する際には、安物買いをしないように気を付けてください。最近では100円ショップでも購入できますが、インターネットの口コミを見ると「充電できない」「壊れた」といった情報も見受けられます。

慣れない異国の地では特に確実性が重要です。帰国してから日本国内でも使えますので、この機会に1,000円弱の投資と思って購入しましょう。

私が使っているのはANKERです。2口タイプですが、容量も大きく、安心して使用することができます。

最近では車にUSBソケットがあって電源を取れる車種もありますが、どのレンタカーに当たるかわからない以上、備えは大事です。
なお、ハワイでもABCストアなどで購入できますが、日本国内で購入して行ったほうが安く済みます

スマートフォン用の車載ホルダー

ダッシュボードorフロントガラス取り付けタイプのスマートフォン用車載ホルダーがあると、余裕を持ってカーナビを確認できます。

実は私、初めてのハワイレンタカーを利用する際に、『助手席でスマートフォン持ってもらってナビするから、車載ホルダーは要らない』と思って用意しなかったんです。そうしたらコレが結構難しい!

慣れない海外ということもあるんでしょうが、地図を見ず、声だけを頼りに運転するのが大変で、何度も道を間違えてしまいました。*4

自分で地図画像を見ていれば、微妙なところも補完して運転し、快適にドライブできたのではないかと考えています。

SmartTap オートホールド式 車載ホルダー EasyOneTouch2 ( 伸縮アーム 粘着ゲル吸盤 ) HLCRIO121

SmartTap オートホールド式 車載ホルダー EasyOneTouch2 ( 伸縮アーム 粘着ゲル吸盤 ) HLCRIO121

 

関連記事

www.uridayo.com

*1:地域によっては土日祝も受付している場合もありますので、詳細は各都道府県警察のHPなどを参照してください。

*2:1ドル=100円として計算。また、金額は車両クラスにより変化します。

*3:速度はkmではなくmile(マイル)なので注意。時速60kmが約40マイルです。

*4:助手席のナビ役がペーパードライバーなせいもあるのかもしれませんが、案内声掛けのタイミングや、『次は右折するから右車線』などの補足案内が悪く、いざという時に身動きできない…ということが多々ありました。下手をすると要らぬケンカのタネにもなりかねませんので、運転関係は運転手で完結する方が精神的にも安心です。