ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

ハレクラニ・ダイヤモンドヘッドオーシャンフロント宿泊記♪天国にふさわしい館で過ごすハワイ♡

ハレクラニから見るダイヤモンドヘッド

ハレクラニという言葉の意味は、『天国にふさわしい館』。ハワイ・ワイキキでも屈指の高級ホテルです。実際に泊まってみると、まさにその名にふさわしい天国でした。

本記事では、スタンダードルームの最高峰!ダイヤモンドヘッドオーシャンフロントルーム宿泊記としてお部屋情報をお送りするとともに、ハレクラニのプールやオーキッズでの朝食などをレポートします。

 

ハレクラニのオーシャンフロントには『ダイヤモンドヘッドオーシャンフロント』と『オーシャンフロント』の2種類がある

オーシャンフロントとダイヤモンドヘッドオーシャンフロントの比較画像

スタンダードルーム | ハワイのホテル | ワイキキ | ハレクラニ 【公式】

一口にオーシャンフロントと言っても、ハレクラニのスタンダードルーム・オーシャンフロントには『ダイヤモンドヘッドオーシャンフロント』『オーシャンフロント』2種類があります。それぞれの違いを見ていきましょう。

『ダイヤモンドヘッドオーシャンフロント』『オーシャンフロント』お部屋の作りなど基本的な部分に違いはない

『ダイヤモンドヘッドオーシャンフロント』と『オーシャンフロント』、客室料金が違いますのでお部屋の造りやサービスにも何か違いがありそうですが、基本的な部分には違いがありません

 

ハレクラニ

ダイヤモンドヘッドオーシャンフロント

オーシャンフロント

料金帯

$840 / $960

$785 / $890

アメニティ

オリジナルバスアメニティ(バスジェル、ボディーローション、コンディショナー、シャンプー)

タオル、バスタオル、バスローブ、スリッパ、ヘアドライヤー

深めのコーラー社製バスタブ、シャワーブース

40 インチLCD フラットパネルTV

iPod/iPhoneアクセス対応アラームクロックラジオ

冷蔵庫

セーフティーボックス

体重計

エアコン(温度調整可能)

無料高速インターネット接続

ハレクラニ自家製のチョコレートとフルーツのウェルカムアメニティ

ランドリーサービス

ターンダウンサービス

ルームサービス

ポーター等を呼べるコントロールパネル

市内電話・新聞無料

オリジナルバスアメニティ(バスジェル、ボディーローション、コンディショナー、シャンプー)

タオル、バスタオル、バスローブ、スリッパ、ヘアドライヤー

深めのコーラー社製バスタブ、シャワーブース

40 インチLCD フラットパネルTV

iPod/iPhoneアクセス対応アラームクロックラジオ

冷蔵庫

セーフティーボックス

体重計

エアコン(温度調整可能)

無料高速インターネット接続

ハレクラニ自家製のチョコレートとフルーツのウェルカムアメニティ

ランドリーサービス

ターンダウンサービス

ルームサービス

ポーター等を呼べるコントロールパネル

市内電話・新聞無料

間取り

 

f:id:uriuridayo:20170106231548j:plain

 

f:id:uriuridayo:20170106231603j:plain

 

公式サイトから得られる情報を並べてみましたが、見事なまでに一緒ですね。笑 同じスタンダードルームだからもちろんではあるんですが、きちんと並べて比較してみるとわかりやすいですよね。

ではこの価格差はいったい何からくるのか。ワイキキにあるホテルの大正義ポイント『ダイヤモンドヘッドが臨めるか』という点に尽きるということです。

オーシャンフロント

ハレクラニ・オーシャンフロントルームの配置図

ハレクラニのオーシャンフロントルームはマウカタワー側に位置しており、お部屋の向きは南側です。マウカタワーの目の前には遮るものが何もありませんので、文字通りの『オーシャンフロント』となっています。

一方で、マウカタワーに向かって右側(=東側・ダイヤモンドヘッドの方角)にはシェラトンワイキキの巨大なタワーがそびえ立っていますので、ダイヤモンドヘッドを臨むことは非常に難しいと思われます。

ハレクラニのオーシャンフロントルームからの眺望はハレクラニの公式サイトからも確認できますし、様々なブログ等にも宿泊記としての写真を確認できます。せっかくハワイに来たのなら、その眺望さえも楽しみたいもの。最低でも海が見えればいいのか、それともダイヤモンドヘッドもお部屋から臨みたいのか、このような点からお部屋のグレードをチョイスされることをオススメいたします。

ダイヤモンドヘッドオーシャンフロント

ハレクラニ・ダイヤモンドヘッドオーシャンフロントルームの配置図

ハレクラニのダイヤモンドヘッドオーシャンフロントルームはエヴァタワー側に位置しています。お部屋の向きは東側、ばっちりダイヤモンドヘッド方向です。

エヴァタワーはお部屋のラナイ(ベランダ)に出れば南側に海も広がって見えますので、広々としたオーシャンビューも確保。文字通りのダイヤモンドヘッドオーシャンビューとなります。

ただし、ダイヤモンドヘッドオーシャンビューとはいえ、お部屋の位置によっては隣接するシェラトンワイキキの巨大なタワーがかなり目に入る場合もあるかと思います。お部屋のリクエストをしてみるのであれば、なるべく高層階で、かつ海側を希望するのが良いでしょう。

今回は普段宿泊しないようなハイグレードなホテルをチョイスしますし、ハワイに来たのであればやはりダイヤモンドヘッドが見えるお部屋が良い…ということでダイヤモンドヘッドオーシャンビューを予約しました。

これがハレクラニのダイヤモンドヘッドオーシャンフロント♡

それではハレクラニのダイヤモンドヘッドオーシャンフロントを見ていきましょう。レセプションでパスポート確認とデポジット用のクレジットカード登録を済ませたら、お部屋へと案内されます。

エレベーターでエヴァタワーを上がるさなか、案内の方から「一番良いお部屋ですよ~^^」とのお言葉をいただき、期待が膨らみます。
お部屋はエヴァタワー16階の一番海側の角部屋でした。

ダイヤモンドヘッドオーシャンフロントルームの窓ごしのダイヤモンドヘッド

お部屋に入った瞬間、『おぉー♪』という歓声を上げてしまったことを今でも覚えています。これがハワイ、これぞハワイ。写真で見るような景色が目の前に広がっていました。ルームナンバーは1613、本当に最高のお部屋をアサインしていただけました。

ラナイ前のデスクでチェックイン

ラナイの窓を開けていただき、爽やかな風を感じながらお部屋でチェックイン。こんなに贅沢なことがあっていいんでしょうか。

 

それではお部屋の中を探索していきます。

キングサイズのベッド

△ベッドはキングサイズ。

サイドテーブルの電話・リモコン

△ベットサイドには電話とリモコン。操作方法は日本語でも書かれています。

ソファーコーナー・テーブル

△ソファーコーナーからは腰掛けたまま海を見ることができます。

ウエルカムフルーツ

△ウエルカムフルーツが置いてあります。なんとなーく冷やした方が美味しいかなと思い、一旦冷蔵庫に入れてからいただきました☆

青い小箱にはチョコレートだった・・かな?

クローゼットは余裕の広さ

△クローゼットはウォークインと言っていいんでしょうか。大きめなスーツケースも余裕で入ります。

ヘアドライヤーとスリッパ・体重計

△ヘアドライヤーはここに。室内スリッパと体重計。

セーフティボックス

△中にはセーフティBOXも。

アイスペール

△アイスペールには氷が毎日補充されます。

冷蔵庫とお水

△冷蔵庫には毎日ボトルウォーターが補充されます。

バスルーム概観

△バスルーム。全面鏡にになっている左側は引き戸になっていて、ベッドルームと繋がります。

洗面台

△洗面台

深めのバスタブ

△バスタブは深めのタイプ。(結局使いませんでしたが)

シャワーブース

△シャワーは固定ヘッドと一般的なタイプの2種類

ウオシュレットなしのトイレ

△お手洗い。ウォシュレットはありません。

ハレクラニ・ウオシュレット付きのトイレは1F

△1Fのトイレはウオシュレット完備ですのでご参考まで。

ラナイにあるてデッキチェア

△ラナイのデッキチェア。写真で見ると硬そうですが、表面はナイロンぽいメッシュになっているので大丈夫。

ラナイのテーブルと海・ダイヤモンドヘッド

ラナイからはダイヤモンドヘッドが目の前にひろがります♡もうなんだかニマニマしちゃいませんか?

ハレクラニのプールで過ごす贅沢な時間

基本情報

ハレクラニのプール公式イメージ

ビーチ&プール | ハワイのホテル | ワイキキ | ハレクラニ 【公式】

  • 設 備:長径25×短径14mの楕円形温水プール、ラウンジチェア、
  •     バリアフリーの入水用設備、シャワーなど
  • 時 間:7:00~19:00(3/1-10/31)7:00~18:00(11/1-2/28)

ハレクラニの象徴のようなプール。大きなカトレア模様は、1枚1枚がナンバリングされた120万枚ものガラスのタイルの組み合わせでできているとのことで、見た目にも非常に美しく、優雅な感じがしますよね。

プールから見るワイキキの夕景

デッキチェアーに横になり、心地よく爽やかな風を感じながら過ごす時間は本当に贅沢で、あっという間に過ぎてしまいます。

日中も素晴らしいですが、夕暮れ時もなかなかのもの。段々と空が赤みがかり、美しい情景に暮れていく空を眺めながら、ハウスウィズアウトアキーから流れてくるハワイアンミュージックに身をゆだねる…今こうして記事を書いていても、「あぁー、またあの時間に浸りたい!!」という欲求にかられてしまいます。

プールのデッキチェアーは無料で使用することができます。使用したい時は、プールサイドにいる従業員の方にお願いすれば、希望する場所のデッキチェアーにタオルをセッティングしてもらえます。

このハレクラニのプールですが、エヴァタワー側に行くに従って段々と深くなる造りになっているようです。プールの注意書きにもありますが、監視員はおりませんので、入る際は十分に注意するようにしてください。

ハレクラニのオーキッズ(Orchids)で朝食を楽しむ

オーキッズの公式イメージ

オーキッズ | ハワイのホテル | ワイキキ | ハレクラニ 【公式】

ハレクラニといえばオーキッズ(Orchids)での朝食もなかなか人気がありますよね。朝の爽やかな風を受けながらテラスで摂る朝食は、こんなにも心穏やかにしてくれるのかと満足すること間違いなしです。

ハレクラニのオーキッズ(Orchids)の朝食

オーキッズのバターミルクパンケーキ

△オーキッズ(Orchids)・バターミルクパンケーキ

オーキッズ・朝食メニュー

モーニングのメニューはたくさんありますが、その中からバターミルクパンケーキ(13ドル)をチョイス。サイズ感もちょうど良く、お味もなかなかでした。

ハレクラニ・オーキッズで眺めの良い席を希望するならオープンテーブルが簡単・確実

せっかくオーキッズのようなテラスのあるレストランに行くなら、眺めの良い席で景色と食事を両方楽しみたいですよね?そのためには、来店の予約はもちろんのこと、リクエスト情報の伝達も重要になってきますが、そんな時は、オープンテーブル(Open Table)という予約サイトを使うのが一番簡単・確実です。

ハワイのレストラン| OpenTable オンライン予約

我々の例でお話しすると、オーキッズ利用の2日前にオープンテーブルで予約を行い、一番海沿いのテラス席から2列目という結果でした。さすがに直前では最前列とはいきませんが、景色と風は感じれますし、なかなか悪くない結果だと思いませんか?

ハレクラニの宿泊客はオーキッズの朝食メニューをお部屋のラナイで楽しめる

ハレクラニの宿泊客はオーキッズの朝食メニューをルームサービスで提供してもらうことが可能です。しかも、室内はもちろんのこと、お部屋のラナイにセッティングしていただくこともできます

我々はルームサービスは利用しませんでしたが、ダイヤモンドヘッドオーシャンフロントのラナイで朝食なんて、もう贅沢過ぎてなんと表現してよいかわかりません。いつかはやってみたいですねー。

ハレクラニの宿泊客でなくてもオーキッズは利用できる

オーキッズはハレクラニ内にあるレストランですが、宿泊客以外でももちろん利用できます。ホテルはグレードを少し落としてしまったけど、食事は贅沢気分を味わいたい…という方でも安心して使うことができます。

宿泊客であればお会計をお部屋に付けておいて、チェックアウト時に清算という処理が可能ですが、それ以外に扱いなど、特段違いはありません。

<基本情報>
  • 朝食 (月曜日~土曜日、アラカルトメニュー) 7:30~11:00
  • 昼食 (月曜日~土曜日) 11:30~14:00
  • 夕食 17:30~21:30 サンデーブランチ (日曜日) 9:00~14:30
  • アフタヌーンティー (月曜日~土曜日) 15:00~16:30
  • ドレスコード:
  • 朝食とランチは、リゾートの装いでお越し下さい。ディナーは、男性のお客様は襟付きシャツと長ズボンの着用をお願いいたします。ビーチサンダルの着用はご遠慮ください。

ダイヤモンドヘッドオーシャンフロントにして良かった!『旅行』だからこそ『贅沢』してみては?

『ダイヤモンドヘッドオーシャンフロント』と『オーシャンフロント』の客室料金差は1泊約100ドル

この料金差をどう捉えるか、その価値があるかのかと問われたら、私は『価値がある』と即答します。宿泊するまでは果たしてどうなのか?やっぱり無駄だったか?と心配していましたが、そんなものは杞憂でした。

「海と山が見えるだけじゃん」と言っていた妻がラナイからの景色にどハマり

日中ホテルにはいないし、海とダイヤモンドヘッドは外に出れば見える。つまりホテルの部屋からの眺望などにお金はかけなくともよいのではないか?というのが私の妻の持論でした。

しかし、いざ絵画のような景色を目の前にすると現金なもの。意味もなく窓を開けたり、ラナイのチェアーで寛いだり、スマホでシャッターを切りまくったり…すっかりハマってしまいました。

私自身もそうですが、朝の景色、日中の景色、夕暮れ~夜の景色、どれをとっても美しく、また絵になる風景がいつも目の前にある幸せ・贅沢の感覚は忘れられません。

ダイヤモンドヘッド星景写真

△夜は星も見えますので、星景写真も撮ってみました☆

たまの海外旅行だからこそ、ホテルはリッチにしたい・贅沢したい。こんな考えからハレクラニのダイヤモンドヘッドオーシャンフロントを利用しましたが、本当に正解でした。

普段節約志向で、贅沢したいけど本音を隠してしまいがちな妻が本気で喜んでくれたことに、私自身もとても嬉しく感じました。ハレクラニのダイヤモンドヘッドオーシャンフロントにして良かったと心の底から思っています。

ハレクラニ・ダイヤモンドヘッドオーシャンフロントの体験が旅行全体を良い思い出にしてくれる

旅行に出かけた際、宿泊するホテルの内容がイマイチだったことありませんか?しかも、その記憶と合わさって、旅行中の悪いエピソードがずーっと残っていたりしませんか?

旅行中には良いこと・悪いこと含め、様々な出来事が起きると思いますが、宿泊するホテル、つまり旅行中の家の居心地が良いそれだけで旅行全体が良い思い出に統一されるのではないでしょうか。

ハレクラニの宿泊予約もポイントサイト経由を忘れずに!

ハレクラニといえばハワイ・ワイキキでも屈指の高級ホテル。冒頭にも記載しましたが、紛れもない事実です。ですが、せっかくの旅行だし、ハレクラニに泊まろう!という決心がついたのであれば、予約はぜひポイントサイトを経由して行ってくださいね。

いちばんのオススメはやっぱりハピタス。日常の活動ほぼ全てをお得に変えてくれる素晴らしいサイトです。

ハピタスの魅力とそのメリットについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

www.uridayo.com

支払いが高額になるんですから、しっかりと還元ポイントをゲットして、また次の旅行へとつなげていきましょう♪

ハピタスで貯めたポイントをマイルに交換してビジネスクラスでハワイに行きました!

今回のハワイ旅行は、ANAマイルを使って夫婦2人でビジネスクラスに乗って行ってきました!

www.uridayo.com

出発前の空港から、飛行機の中、そして到着後まで、実に優雅で余裕のある時間が待っているビジネスクラス。普通に購入すれば、1人あたり40万円を超える衝撃のお値段。

しかし、当ブログで紹介しているANAマイルの貯め方を使えば、ほぼ無料で乗れてしまうんです。

知らない人だけが損をする。こんな世界が現実に広がっていますよ?

関連記事

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com