読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

GポイントはANAマイルを貯める者が登録必須のポイント中継サイト!ANA VISAワイドゴールドカードの還元率アップだけじゃない使い方とは?

gポイントでanaマイルを貯める

Gポイントは、各種ポイントの中継役をさせながら、自身でポイントを稼ぐこともできるとってもマルチなサイトです。

とりわけ、ソラチカカードを使い、年間21万6千もの大量マイルを貯めるANA陸マイラーにとっては切っても切れない関係。いずれ必ず登録する必要が出てきます。

本記事では、Gポイントの基本情報、登録の手順などを解説しながら、『なぜGポイントが必要なの?』という疑問にお答えしていきます。

GポイントはANA VISAワイドゴールドカードのマイル還元率1.72%に絶対不可欠

GポイントがなぜANA陸マイラーにとって不可欠な存在なのか。

それは、ANA VISAワイドゴールドカードの最大マイル還元率1.72%を達成するために、ANA VISAのポイントをGポイント経由で移行する必要があるためです。

www.uridayo.com

具体的には、三井住友VISAのマイ・ペイすリボ特典の仕組みを活用して獲得したボーナスポイントを、Gポイント経由でANAマイル化。これにより、ボーナスポイントを直接ANAマイル化するのに比べ、実に約1.5倍も交換率をアップすることが可能になります。

陸マイラー活動のコツは『原則的にクレジットカード決済に頼らないこと』ですが、毎月18,000マイルの王道を補強するのには十分戦力になります。

また、マイ・ペイすリボ特典によって思った以上にボーナスポイントも蓄積していきますから、1.5倍が大したことない…と誤解していると、あとあと泣きを見るかもしれません。

Gポイントは『ポイントサイト』としても優秀な側面を持つ

gポイントでポイント沢山ゲット

Gポイントは、ANA VISAワイドゴールドカードのボーナスポイント移行専用サイト…ではありません。実は、ポイントサイトとしてのGポイントも十分に魅力的な部分があるんです。

商品購入・店舗利用モニターが充実し大量ポイントが期待できる

Gポイントで見逃せない一番のポイントが、商品購入・店舗利用モニターが充実しているという点。

Gポイントでは、『Gポイントまる得調査団』という商品購入・店舗利用モニター(覆面調査)に応募することが可能です。

時に利用金額の100%還元案件も展開されており、これを利用すると、商品購入代金やお食事の代金分が全額ポイントバック。実質的に無料で商品やサービスを受けとることが可能になります。

www.uridayo.com

実際私もちょくちょく利用していて、サービスを受ける+ポイントも受け取る、料金をカード決済すればクレジットカードの決済ポイントも貯まる…で、まさに一石三鳥な状態です。

クレジットカード発行・FX取引などの王道案件も健闘

陸マイラーが大量ポイントをゲットする王道手法はやはりクレジットカード発行・FX取引などの大型案件ですよね。

これらの案件が台頭してくるのはやっぱりハピタスやちょびリッチ、ゲットマネー(Getmoney!)などの王道ポイントサイトですが、Gポイントもなかなかの健闘を見せています。

時折、王道ポイントサイトを凌ぐ高額還元を提示してくる案件も出ることがありますので、どこ得?をチェックしながら機を見計らっていきましょう。

Gポイントの基本情報

Gポイントは、ジー・プラン株式会社(英文社名:G-PLAN INC.)が展開するポイント/ポイント中継サイトです。

プライバシーマーク取得、SSLの導入、日本インターネットポイント協議会(JIPC)へ加入等、利用者への安全対策も十分になされています。

Gポイントの1ポイント(1G)は1円の価値を有していて、何かと複雑化しがちなポイント換算も楽に行うことができます。

Gポイントのデメリットは交換手数料

重要なポイント中継サイトかつ、自身でポイントも貯められるGポイントですが、唯一のデメリットが交換手数料です。

gポイントからanaマイル移行で手数料が取られる

陸マイラーの生命線であるソラチカルートの一部:Gポイント→メトロポイントの交換時に『交換額の5%』にあたる手数料が徴収されます。

定額ではなく、パーセンテージであるため、一回の交換額が大きいほど取られる手数料も大きくなります。

例えばアンケートサイトのマクロミルの場合、ANAマイルへ交換を進める際には、ポイントの移行先をPeXとGポイントの2つから選ぶことができます。

手数料がかかるのはどちらも一緒ですが、仮に1万ポイント分を交換する場合、実に10倍の開きが出てしまいます。

  • PeX:50円相当(何pt交換しても定額)
  • Gポイント:500円相当*1

ポイント交換手数料分はGポイントの広告利用で後日バックされる

一方、Gポイントの交換手数料は取られっぱなしではありません。
実は、Gポイントの広告案件を利用することで、交換手数料分が後日バックされてくるのです。

つまり、『Gポイントは交換手数料が実質無料』と、このように考えることもできます。

しかしこの後日バックのシステムはよく考えられていますよね。登録者にもっと自社サイトを使って欲しい!という想いが具現化したかのようです。笑

Gポイント登録の手順

Gポイントの必要性とメリット・デメリットをご理解いただいたところで、早速Gポイントの登録を済ませてしまいましょう。

いずれにしてもマイラー活動にはなくてはならないサイトの1つですから、いざという時にサッと利用できるよう、準備をきちんとしておきましょうね。

 

Gポイント

△まずはこちらのバナーからGポイントへ移動します。

 

gポイント・基本情報の登録△基本情報の入力を行います。ポイントサイトを安全に利用するために、パスワードの使い回しはしないようにしましょうね。

www.uridayo.com

 

規約に同意して登録△入力が完了したら、規約に同意して登録するをクリック。*自動ログイン設定はお好みに応じて設定のチェックを入れてください。

 

入力内容を確認して仮登録△入力した内容を確認したら、仮登録するをクリック。

 

gポイント仮登録の完了△仮登録が完了しましたので、登録メールアドレス宛に届くメールを確認しましょう。

 

仮登録メールのurlをクリック△仮登録完了のメールから、Gポイント会員登録完了URLをクリック。

 

gポイントの登録完了

△以上でGポイントの会員登録が完了しました。

まとめ

GポイントはANA VISAワイドゴールドカードのマイル還元率最大化に必須なだけでなく、ポイントサイトとしても十分に優秀な側面を持っています。

交換手数料も実質的に無料と考えられますから、陸マイラーは是非とも登録を済ませておいて、活用していくようにしましょう。

Gポイントの登録は↓↓コチラ↓↓からどうぞ☆

Gポイント

△ここからご登録いただくことで50G(50円相当)がもれなくプレゼントされます♪

関連記事 

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

*1:10,000G*0.05=500G=500円相当