読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

デルタ航空のニッポン500ボーナスマイルキャンペーンを少しでも意識していたら今すぐ会員登録を!

2017.3.31更新

デルタ航空の飛行機

ニッポン500ボーナスマイルキャンペーンとは、デルタ航空が展開する『国内線1フライトにつき500スカイマイル*1をプレゼントする』という、何ともお得なキャンペーンです。

しかも、1年間(4/1〜3/31)の旅行期間のうちであれば、ANAやJALなどの航空会社の制限やクラス、路線制限もなにもないという、実にフリーで簡単なシステム。

お仕事でたくさん飛行機に搭乗される方はもちろんですが、特に回数をこなすANAのSFC修行僧にとっては見逃せないキャンペーンです。

www.uridayo.com 

私も2017年SFC修行を行なっておりますので、いざこのキャンペーンに乗っかって無料のマイルを獲得しよう!と諸々の手続きを行ったのですが…

私は根本的なミスを犯していました

ニッポン500マイルキャンペーンの概要

デルタニッポン500ボーナスマイルキャンペーン

私のお話に入る前に、デルタ・ニッポン500マイルのキャンペーン概要について確認しておきましょう。

すべての日本国内線で、1フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイルをご獲得いただけます。JAL(日本航空)、ANA(全日空)、スカイマークなど日本国内線であれば、航空会社、路線、クラスは問いません

旅行期間:2016年4月01日〜2017年3月31日

対象となるフライト:日本国内定期路線(すべての航空会社・運賃・クラス)

ボーナスマイル獲得:片道フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイル。期間中、スカイマイル・メダリオン会員の方は、お一人様最大40フライト分(合計20,000ボーナスマイル)まで、スカイマイル一般会員の方は、お一人様最大10フライト分(合計5,000ボーナスマイル)までのボーナスマイルをご獲得いただけます。

ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン

2017年キャンペーンの公式Webサイトより、概要を引用しました。

1回の片道フライトにつき500マイル、スカイマイル一般会員の場合には最大5,000マイルまで、完全無料でボーナスマイルを獲得することができます

対象となるフライトはすべての航空会社・運賃・クラスですから、もちろんマイルを使って発券した特典航空券でもOKです!

 

なお、スカイマイル・メダリオン会員*2とはデルタ航空の上級会員プログラムのこと。

ANAのプレミアムメンバーになるのと同様、普通はたくさんデルタの飛行機に乗る必要がありますが、実は『デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード』に入会すれば、即シルバーメダリオン会員になることができます。

ただし、年会費12,000円+税が必要となりますので、ご注意ください。

ニッポン500マイルキャンペーンの参加方法

こんなにお得なキャンペーンなうえに、参加方法もいたってシンプルになっています。

【キャンペーン参加方法】

500ボーナスマイル加算申請フォームをプリントアウトし、必要事項をご記入ください。当フォームは Fax ボックスサービス 03-5972-7009 からもご入手いただけます。(IP 電話からは使えないことがあります。また、海外への FAX 送信、0990への FAX 送信にはご利用いただけません。)

ご利用になった搭乗券(半券)のコピーを貼付してください。

フォームおよび搭乗券(半券)のコピーを下記までお送りください

デルタ航空
送付先:ニッポン 500 マイル・キャンペーン
FAX(03-3505-2721または03-3505-2751)
郵送(P.O. Box 823 Tsuen Wan Post Office Hong Kong)。

ご旅行が終わってから 2ヵ月以内に送付してください。

専用のフォームをダウンロード・内容記載し、フライトで利用した搭乗券(半券)を貼り付け、FAXを送るだけ。

FAXというのがイマドキ地味に面倒ではありますが、インターネット上には無料FAXサービスが数多くありますから、自宅に機械がなくとも大丈夫です。

ニッポン500マイルキャンペーン・専用フォーム作成作業は無料のAdobeリーダーを使って楽チン化する

このキャンペーン参加のヤマ…というか一番の作業が前項で説明した専用のフォームの作成です。

正攻法で取り組めば、毎回フォームに手書きして、搭乗券を貼って、FAXのあるコンビニまで行って…となりますが、PCやスマホに慣れた現代っ子はそんな面倒なこと本当はしたくありませんよね。

5star-traveler.com

デルタのキャンペーンは実は毎年のように開催されていて、その分先輩方がたくさんいらっしゃいます。

私は5STAR TRAVELERさんの記事を参考に、PC上でフォームの作成を行いました。

直接紙に記入するのではなく、電子データでフォームを記載することにより、前回入力データを使いまわしたりできて、大変便利です。

 

参考記事では搭乗券をスマホアプリを使ってPDFに貼り付けていましたが、私は搭乗券はiPhoneで写真を撮影、iCloudを介して画像データをPC上に取り込み*3、Photoshopで貼り付けを行いました。

この方が工数が少なくて済みますので、より手数を減らしたい方のご参考になれば幸いです。(Photoshopを持っていなくとも、無料のPDFを扱える画像編集ソフトはたくさんあります。)

 

ニッポン500マイル専用フォーム記載イメージ

専用フォーム1枚に記載できるフライトは最大で4つ。超えた分は次のフォームへと順々に作成していきます。

用意ができたらあとはFAXで送るだけです。

5star-traveler.com

ニッポン500マイルキャンペーンの参加にはデルタ会員であることが必須

2016年4月1日〜2017年3月31日のあいだに日本国内線へ搭乗し、専用フォームに記載してFAXするだけ。

一見、キャンペーンの条件はコレだけのように思えますが、私は『デルタ航空の会員に登録しておく』という根本的なことを忘れていたんです。

ニッポン500ボーナスマイルが付与されなかった

対象の旅行期間中であれば問題なく適用されると思っていたのに、無慈悲な文字が並んでいます…。

普通、日本の航空会社のキャンペーン等だったなら、『会員になっていてかつ対象期間中の搭乗が必要です』といった注意書きが付されそうなものですが、これが海外仕様なんでしょうか。笑

1時間ほどを費やし、とにかく上限いっぱいになるよう送った10フライト分全部、当然ながら承認されませんでした。

デルタ航空の会員登録手順

私のような目に遭わないよう、デルタ航空会員への登録手順を確認していきましょう。作業は簡単な3ステップのみですから、迷ったら入っておく!ぐらいの気持ちで良いと思います…本当に。笑

それでは、まずデルタ航空のWebサイトへ入ります。

 

デルタ航空入会はこちら△画面右上のご入会はこちらをクリック。

 

登録情報を入力△フォームに従って、登録情報を入力していきます。なお、画面右上に小さ〜く書いてありますが、基本的に全てアルファベットで入力してください。

また、パスワードの使い回しは厳禁です。

www.uridayo.com

 

デルタ航空からのメール通知設定△メールでの通知サービスの要否などを選択(後で変更可能)したら、登録完了をクリック。

 

デルタ会員登録完了△以上でデルタ航空の会員となることができました。スカイマイル会員番号はニッポン500マイル専用フォームの記載に必要になります。

少しでも興味があればまずはデルタに登録を!

マイルがもらえなくて泣けた

キャンペーン条件に注意記載がなかったことから勝手に勘違いし、ボーナスマイルを逃してしまったわたくし。

この経験から言えるのは、少しでも興味があればまずはデルタに登録をしておこう!ということ。

当初このキャンペーン情報を知った時には、そんなに飛行機乗らないし、SFC修行もしないし、自分には関係ないと決めつけていたのですが、もらえたはずのモノがもらえなかった悲しみは半端ないです…。

 

特段会員資格の維持にお金がかかるワケでもありませんし、マイル自体の有効期限もありません

無料で貯め続け、それなりのマイル数になれば、のりさん(id:norikun2016)さんの記事などを参考にすれば、私でも活用の道があるはずです。

www.seize-one-world.com

…と思ったのですが、どうやらJTBクーポンに交換するにはデルタ上級会員資格が必要になるようですね。

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードで即シルバーメダリオンになれますが、果たしてそこまでする費用対効果はあるのかな?という点に関してはやや疑問が残ります。

 

とりあえず2016年度のニッポン500マイルキャンペーンはもうすぐ終わりますが、2017年度も継続して実施することが決定しました!

 

有効期限のないマイルですから、とりあえず気長に貯めてみて、アジア近距離でいつか特典航空券が発券できたら…という妄想をしておきます。笑

子どもの会員登録は一手間かかるのでお早目に!

デルタの会員登録は子どもの分についても行うことができますが、親権者のサインが必要など、通常より一手間かかる模様です。

shimajiro-mobiler.net

会員間でのマイル移行も可能ですから、ニッポン500ボーナスマイルキャンペーンで貯めた無料のスカイマイルを統合して使用することも可能となります。

ただし、トランスファーマイルというデルタ独自のマイル移行システム、移行手数料が発生することには若干注意が必要でしょうか。

  • 1マイルあたり0.01ドル
  • 1回の手続きごとに30ドル

例えば、デルタ一般会員がニッポン500マイルで貯めることのできる5,000マイルを移行することを考えると、(5,000 × 0.01)+ 30 = 80ドル(1$=100円として8千円程度)かかることになります。

https://ja.delta.com/buygftxfer/displayTransferMiles.action

関連記事

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com 

www.uridayo.com

Photo credit: Riik@mctr via Visual hunt / CC BY-SA

*1:デルタ航空のマイルは『スカイマイル』という。

*2:シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドメダリオンの4区分

*3:Androidの場合は、画像をメールソフトを使ってPCへ転送するのが楽チンです。