読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

クレジットカードの解約に手こずってしまったらコールセンターの『紛失』窓口を活用するのも一つの手段〜私とイオンカードの長い戦いの記録

ワタミふれあいカードが解約できない怒り

クレジットカードをポイントサイト経由で発行する行為。

この行為が、ソラチカカードを駆使し、陸でマイルを貯める者にとって絶対的に必要不可欠であることはこれまでに何回もご説明してきたところです。

www.uridayo.com

そのようにして発行したクレジットカードはもちろん普通に使用しても良いのですが、枚数が多くなってくるとさすがに整理(=解約)が必要になってくる*1もの。

概ね1年くらいをめどに、ほとんど使用していないカードは整理している私ですが、今回解約に大変手こずる場面がありました。

これは、私とイオン・ワタミふれあいカードとの約1週間に渡る戦いの記録です。(大げさ)

どうしてワタミふれあいカードなんて作ってしまったの?

イオン・ワタミふれあいカード

さて、普通に生活しているとそうそう出会いそうにもないこの『ワタミふれあいカード』。私も陸マイラーを始めてから、初めて知ったカードです。

  • 年会費無料
  • 入会特典でワタミグループ1,000円分のお食事券
  • お誕生日にワタミグループ2,500円分のお食事券
  • ワタミグループ店舗利用時にいつでも5%オフ
  • イオングループ対象店舗利用でときめきポイント2倍

と、名前からしてそうですが、もうほぼ『WATAMI』グループに特化したクレジットカードといえますね。

最近はワタミもあまり利用しないので、陸マイラーでなければほとんど作る理由はない1枚ですが、ポイントアップしていた時にハピタス経由で申込しました。

www.uridayo.com

確か7,000円相当のポイント程度だったと記憶していますが、現在でも6,000円相当の還元額で案件としてはあるようですね。

どんどん上がる限度額に不安を覚える…

ワタミふれあいカードを作ってからというもの、ちょびちょび少額決済に使ったりもしていましたが、次第に頻度は減り、2017年には完全に死蔵カードに収まってしまっていました。

自分で言うのもアレですが、カード作成からこれまでに、おそらく2,000円も決済していないと思います。

ところがですね、なぜかカードの限度額が上がる上がる。当初は40万円程度だった限度額が、あれよあれよと言う間に100万円までに増大。

 

そもそもメインカードでもないものにそんなに与信枠は要らないと思っていますので、度々不安に思うことがありました。年会費はかかりませんが、冒頭で述べたように、やはり余計な心配のタネは少ない方がいいですしね。

ちょうど作成から1年が経ちましたし、ここいらでオサラバかな!と決心したのが1週間ほど前の出来事です。

繋がらないコールセンターに絶望…そして感情は『怒り』へ

ワタミふれあいカードに対する感情は怒りへ!

クレジットカードの解約はいたって簡単で、カード裏面に記載してある電話番号に電話し、オペレーターさんに『解約したいです』と伝えるだけ。早ければ3分もかかりません。

カードによっては、自動音声対応で解約までできるモノもあり、全くヒトと話すことなく解約できてしまうものもあります。

解約したクレジットカードはハサミで切って破棄・もしくはクレジットカード会社に返送をすることで退会処理が完全に終わります。*2

 

ところがですね、カード発行元であるイオン銀行のコールセンターに電話がまぁぁああ繋がらない!

お昼休みの時間はもちろんのこと、朝イチで掛けてもダメ、夕方もダメ、仕事をちょいと抜けて日中でもダメで、無慈悲な保留中の案内メッセージが流れ続けます。

『こうなったら根比べ』と、スピーカーホンにしながら10分程度粘ったこともありましたが、それでもやはり繋がらない。

かつてひ○り電話のサービス解約に難儀したことがありますが、手口的には一緒なんでしょうかね?*3

 

俺はただこのカードを解約したいだけなのに…

繋がれ!繋がれ!とだけ願っていた感情は、次第に怒りへと変化していきました。

最終手段はコールセンターの『紛失』メニュー窓口

正攻法で臨んでも一向に状況が変わりそうにもないので、思い切って最終手段的に『『紛失』メニュー窓口のオペレーターに繋ぐ』と言う手を使いました。

本来であればこうした担当窓口違いのところへわざと掛けるのはマナー違反かと思いますが、1週間毎日毎日電話して、それでもダメであった私の心はもう限界に達しておりました。

ダイヤル案内で、『カードの紛失』メニューを選ぶと、ほどなくしてオペレーターさんが!!!

これ程までにオペレーターさんとお話したいと思ったことがあったでしょうか。(いやない)

 

念のため*4、開口一番に『解約したくてずっと電話してるけど繋がらないからコッチに掛けた!』とお伝えしましたが、お詫びされたのち、その場でカードの解約を受け付けてくれました。

時間にしてわずか2分ほど。この1週間で費やした時間(+電話代)って…。

 

ともあれ無事にワタミふれあいカードは解約することができました。

実はネット解約の申込方法が取れるようです

ワタミふれあいカードとの戦いを終え、呑気に勝利のツイートをしたところ、だいちぃ様 (id:traveler_da1) から有用な記事をご教示いただきました。

www.traveler-da1.com

私が今回苦心したワタミふれあいカードもイオン銀行発行のカードですので、イオンスクエアメンバーとなることで、ネットから脱退届(解約届)を取り寄せすることが可能だったようです。

下記リンク先に掲載のカード一覧に掲載のクレジットカードは対象になりますので、もし同様なケースに陥っている方がおりましたらご参考まで。

カード一覧|暮らしのマネーサイト

 

自分自身でもネット経由の解約方法がないか調べたつもりでしたが、甘かったか、怒りで周りが見えなくなっていたのか…。笑

コールセンターが繋がりにくいクレジットカードは怖い

電話が繋がらないと万一の事態に不安

クレジットカードを盗まれてしまった時、紛失した時、不正に利用された形跡がある時、ユーザーが真っ先に駆け込むのはカード会社のコールセンターですよね。

大抵、そうした『緊急』な窓口は24時間電話が可能で、即時対処をしてくれます。

しかし、今回のコールセンター、実は『紛失』の窓口ですら保留でしばらく待たされました。さすがに1分1秒を争うのに!!とまでは言いませんが、緊急窓口まで待つ羽目になるのでは、万が一の際に非常に不安で、怖くもあります。

超ネット社会の今ですが、やっぱり緊急事態の時は電話が一番早くて確実ですからね。

まとめ

陸マイラーにとってクレジットカードの整理も大事なオシゴトの1つですが、思わぬ形で手こずる場合もあります。正攻法でダメな場合には、違う窓口に掛け合うと言うのも一つの手段です。

また、一見インターネット経由の解約ができなさそうに見えても、イオンカード系列のように脱退届(解約届)を取り寄せできる場合もありますので、もう一度よく調べてみる・人に聞いてみると言うのも有効ですね。

関連記事

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

*1:不正使用など、防犯上の観点からも、適切に処理するのがベターです。

*2:カードごとに違いますので、オペレーターさんからの指示を確認してください。

*3:解約させたくない=コールセンターに繋がらない(ようにしている?)

*4:万が一のたらい回しに備えて