ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

ちょびリッチからドットマネー(.money)へのポイント交換手順を詳解!

ちょびリッチからドットマネーへのポイント交換手順

マイルを大量に獲得し続けていくためには、ポイントサイト→中継サイト→ソラチカカードの流れ:ソラチカルートを切れ目のないよう回し続けることが必要です。

なかでも、ちょびリッチ×ドットマネーは、ポイント中継手段に直接交換とギフトコード交換の2種類の選択肢があり、状況に応じて使い分けが可能な有能サイトです。

本記事では、ANAマイル大量ゲットに不可欠なポイントサイトの1つ・ちょびリッチからドットマネー(.money)へのポイント交換手順について解説していきます。

ちょびリッチについてはこちらの記事で詳しく解説しています!

www.uridayo.com

クレジットカードが大得意!ちょびリッチを活用して大量マイルを獲得しよう!

ちょびリッチはクレジットカードが得意なポイントサイト!

陸マイラーにとって、大量マイルを獲得するためにポイントサイトの活用が必須であることは、もはや常識中の常識。

なかでも『ちょびリッチ』は、クレジットカード案件に強く、陸マイラー初期にスタートダッシュを決めるためには登録必須なサイトと言っても過言ではありません。

www.uridayo.com

クレジットカードが大得意!ちょびリッチを活用して大量マイルを獲得しよう! 

また、以降でご紹介するように、ドットマネーへのポイント交換(中継)方法が2通りあり、ユーザビリティも高いポイントサイトなんですね。

ドットマネー(.money)への交換方法は2種類

ANAマイルを目指してポイント交換を進める場合、中継させるべきサイトはドットマネー(.money)一択の状況。

これは、.moneyだけが有する、交換手数料が0円という圧倒的なメリットによります。

www.uridayo.com

ドットマネー(.money)はソラチカルート強化・マイル交換効率アップ能力を備えたポイント交換サイト!陸マイラーは必ず登録です!

そんなドットマネーに対し、ちょびリッチは以下の2通りの交換方法を選択可能。


  1. money口座への直接交換
  2. ドットマネーギフトコードによる交換

 

最終的な結果はすべて同じですが、それぞれに長所・短所があるんです。

1.直接交換は反映最速かつ一番楽チン♪

.money口座への直接交換は、その名のとおり、ちょびリッチのアカウント上から自分のドットマネー口座を指定し、交換申請する方法です。

申請からドットマネー口座への反映は即時
そのため、『今すぐ交換したい』という需要にも応えてくれるんです

一度ににまとまった量のちょびポイントを交換申請でき、その後も即座にメトロポイントへの交換を進めることが可能ですから、工程としては一番手間がない方法になります。

ただし、交換先に指定できるドットマネー口座は本人名義のもののみ*1ですから、家族を含め、基本的に他人へポイントを移行・譲渡することは不可能となります。

2.ギフトコードも即時反映だが少し面倒

ちょびリッチでは、ポイント交換の手段に『ドットマネーギフトコード』を選択することが可能。

.moneyギフトコードへ交換すると、定型のコード番号が発行され、それを入力することでドットマネー上のポイント(マネー)に反映・交換完了となります。

ドットマネーギフトコードのメリットの1つが、ポイント交換が即時である点です。
ちょびリッチポイントからのギフトコード発行は即時でなされますから、こちらもまさに『欲しい時・すぐに』マネーをゲットすることができるんですね。

ただし、ちょびリッチからのギフトコード発行の場合、発行後のコード単位が500マネー刻みという非常に細かいものとなっています。

すなわち、ちょびリッチで20,000pt(1万円相当*2)をドットマネーギフトコードに交換する場合、発生するコードは20件。これをチマチマ・ポチポチ処理しなければいけませんので、若干面倒な側面も有しています。

ちなみに、同じくドットマネーギフトコードが使えるハピタスはコードの単位が大きいので、そこまでの手間は発生しません。

www.uridayo.com

ハピタスは陸マイラー最後の砦!大量ポイントの貯め方・攻略法を知って楽にマイルを貯めよう! 

ギフトコードだからできる複数ソラチカルートという裏ワザ

ポイント交換に若干面倒な部分が残るドットマネーギフトコードですが、コードさえ分かれば赤の他人でさえもマネー加算が可能

すなわち、実質的なポイントの譲渡が実現します。

ポイント譲渡が可能になると、実はソラチカルートが2倍以上に増やせます。
家族間であれば、ANAカードファミリーマイルという仕組みを使い、それら複数ソラチカルートで貯めたマイルを一挙に集約、1年・夫婦であれば432,000マイルもの大量マイルだって不可能ではありません。

www.uridayo.com

1マイルも無駄にするな!ANAカードファミリーマイル登録で家族間のマイルを合算・有効活用する方法 

実はギフトコードの最たる利点はここに集約されると言っても過言ではありません。

ちょびリッチからドットマネー(.money)へのポイント交換手順

それではここからは実際に、ちょびリッチからドットマネー(.money)へのポイント交換手順を確認していきましょう。

.moneyへ直接交換

ちょびリッチ・ポイント交換△ちょびリッチにログインしたら、ポイント交換をクリック。

 

交換先にドットマネーへを選択ドットマネーをクリック。

 

ドットマネーへ交換申し込みをする交換申込みするをクリック。

 

初回の認証作業△初回の交換の場合、ドットマネー口座との認証作業が発生しますので、認証するをクリック。(2回目以降は無くなります。)

 

ドットマネー口座へログイン△ドットマネー口座にログインします。

 

ポイント交換数を選択△認証が完了するとちょびリッチ側の交換画面に戻りますので、交換するポイント数を選び、次の画面へをクリック。

 

交換ポイント数を確認して交換申請△ポイント交換数などを確認して、ポイント交換申請をクリック。

 

交換申請完了△以上でポイント交換申請が完了しました。

 

登録アドレス宛への交換申請内容通知△登録メールアドレス宛にも、ちょびリッチでの交換申請内容がメールで到着します。

 

ドットマネー口座への反映△ドットマネーの口座を確認すると、交換内容が即時で反映しています。今回はちょびポイント50,000pt(=25,000円相当)が25,000マネーとなって反映しました。

▽この次は、.moneyから東京メトロへの交換となります。

www.uridayo.com

ドットマネー(.money)から東京メトロポイントへの交換手順を解説!ANAマイルまではあと少し! 

.moneyギフトコードを使って交換

ちょびリッチトップページからポイント交換△ちょびリッチにログインしたら、ポイント交換をクリック。

 

ドットマネーギフトコードを選択ドットマネーギフトコードをクリック。

 

ギフトコードへ交換申し込み交換申し込みをするをクリック。

 

秘密の質問に回答△秘密の質問に回答し、次へをクリック。

 

交換するポイント数を選択交換するポイント数を選び、次の画面へをクリック。

 

交換ポイント数を確認して交換申請△ポイント交換数などを確認して、ポイント交換申請をクリック。

 

ドットマネーギフトコードへの交換申請完了△ドットマネーギフトコードへの交換申請が完了しました。

 

メールからギフトコードurlの確認△登録メールアドレス宛に、ドットマネーギフトコード交換申請に関するメールが到着するとともに、ギフトコード確認用のURLが到着します。

 

ちょびリッチ上でギフトコードを確認△メールのURLをクリックすると、ちょびリッチ上でギフトコードが確認できます。

 

ドットマネー・マネーをためる△引き続き、ドットマネー口座にログインして、マネーをためるをクリック。

 

ギフトコードを使うドットマネーギフトコードを使うをクリック。

 

ちょびリッチ上のギフトコードをコピぺ△先ほど確認したドットマネーギフトコードをコピー&ペーストし、確認画面へをクリック。

 

ギフトコードを交換する交換するをクリック。

 

1コード分の交換完了△1コード分の500マネーが交換されました。(あとは交換数に応じて、この作業を繰り返し行なっていきます。)

▽この次は、.moneyから東京メトロへの交換となります。

www.uridayo.com

ドットマネー(.money)から東京メトロポイントへの交換手順を解説!ANAマイルまではあと少し! 

 

ソラチカルートはスケジュール通りにきっちり回すべし

どんなにポイント交換を完璧にできたとしても、最終的な目標:ANAマイルを欠かさずに獲得していくためには、適切なスケジュールのもとにソラチカルートを回していくことが肝心です。

www.uridayo.com

ソラチカルートを最速で回せ!ムダのないポイント交換スケジュールで効率良くANAマイルを集める方法  

基本は毎月5日と12日ごろ。これさえ忘れずにいれば、毎月18,000マイルが確実に蓄積されていきます。

関連記事

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

*1:ちょびリッチでの交換申請の際、他人名義の.money口座を入力することも可能ですが、最終的に名義の不一致などで交換が不承認となることが想定される。最悪、交換申請分のポイントが失われるリスクを考慮すると、やらない方が賢明。

*2:ちょびポイントは1pt=0.5円単位。