ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

知ってる?年間30万を超えるANAマイルの貯め方|始めた人だけが得をする陸マイラーのシステムを公開します

30万anaマイルの貯め方

リスクなしで無料の海外旅行をゲットできますよ!

突然こんなコトを言われたら、恐らくほとんどの方が『ウソだ』『詐欺かもしれない』と感じるでしょう。

しかし、それが本当だとしたら…?あなたが知らないだけだったとしたら…?大げさな話でなく、人生を損しているのかもしれません。

私はこの記事で紹介する方法を使い、実際に大量のANAマイルを貯め、無料でビジネスクラスの航空券をゲットして豪華なハワイ旅行を楽しんできました。そして今現在も30万を超えるANAマイルを保有し、様々な土地への旅行を計画しています。

30万マイルがあれば、国内はもちろん、海外だって行けない土地はほぼありません。
ここから先、読み進めるかどうかはあなたの自由。けれど、『理解して得する人』になれるのは、最後までお読みになっていただけた方だけです。

30万ANAマイルがもたらす驚異の世界

大量anaマイルがもたらす驚異の世界

「マイル・マイル」と連呼しても、恐らくきちんと知っている方は結構限られているはず。
貯めに貯めた30万ANAマイルがどれだけ凄いモノなのかを理解するには、『何ができるのか』を見てみるのが一番です。

マイルは我々を旅費負担から解放してくれる

マイルは旅費負担を無くす

  • 憧れのファーストクラスやビジネスクラスの利用
  • 年2回・夫婦2人でビジネスクラスを利用してハワイ旅行
  • 年1回・夫婦2人でファーストクラスを利用してニューヨーク旅行
  • 世界一周旅行
  • 年4回・家族4人で沖縄旅行
  • 年何回でも・日本全国どこへでも
  • 低負担でスーパーフライヤーズカード(SFC)修行

30万マイルでできることを、思いつく限りで書き出してみました。

いきなりファーストクラスやビジネスクラスの利用から始まっていますが、貯めたマイルを利用して国際線特典航空券を獲得すれば、普通の会社員には手が届かない飛行機の上級クラスを、当たり前にほぼ無料で利用することが可能になります。

▽私は往復約40万円近いハワイビジネスクラス航空券をゲットしました♪

www.uridayo.com

ANAビジネスクラスで行くハワイ♡マイル特典航空券で初めて体験するビジネスクラス搭乗記(成田→ホノルル:B767-300)

 

例示ではハワイやニューヨークを挙げましたが、もちろんこれ以外だって好きに渡航することが可能ですし、なんなら世界一周旅行にだって出発できます

国内に目を向けてみれば、こちらも全国各地どこへでも・無料で行き来が可能。旅行に帰省に追っかけにと、大きな負担なく自由な移動手段を獲得できます。

旅行にかかる費用で避けられないのが航空券代などの移動費用ですが、これらを実質無料化できるのです。これって本当にすごいことだと思いませんか?

無料のビジネスクラスやファーストクラスで優雅な旅行

ビジネスやファーストで優雅な旅行

飛行機にはエコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスの主に3つのクラス*1が設定されていることはご存知ですよね。

エコノミークラスは狭いし人口密度が高く、寝れば首や腰が痛くなり、機内食も貧弱…こんなイメージの方が多いと思います。

一方、ビジネスクラスやファーストクラスとなればもう完全に別の世界
何をするにも優先・優先、出発前には快適なラウンジで寛ぎ、搭乗後には広くて余裕があるシートに座り、最新機材ではベッドのようにして休むことも可能。また機内食や飲み物も、エコノミークラスとは一線以上を隔したものが提供されます。

▽ANAラウンジってこうゆうところ。もう出発前に死んだ目をして待つ必要は一切ありません。もちろんマイル特典航空券*2があれば無料で利用可能です。

www.uridayo.com

ANAラウンジ国際線♪成田空港国際線ANA LOUNGEで出発前から最高の時間を♡

 

当然、普通に航空チケットを購入すれば、ビジネスクラス:数十万円以上・ファーストクラス:数百万円以上という驚異のお値段。普通の会社員であれば、一生に一度であっても買えるか怪しい金額です。

マイルがあれば、これらもほぼ無料!ウソのような話ですが、紛れもなく事実ですし、実際に私も体験しています。

通常のツアーでは、特に指定がない限りエコノミークラスとなるのが一般的。
チェックインで並んで、検査で並んで、搭乗で並んで、狭いエコノミークラスで耐えて、降機で並んで、入国審査で並んで・・上位クラス利用であれば、海外旅行でありがちな長時間並び・長時間我慢する必要もありません。

航空券代が浮いた分旅行の中身をさらに豪華にできる

浮いたお金でホテルを豪華にできる

マイルを使って特典航空券を獲得して航空券代を浮かせたら、その分をホテルや食事・現地のアクテビティに使って、これまで以上の贅沢な時間を過ごすことも可能になります。

いつもいつもビジネスホテルやシティホテルの素泊まりばかりというのも非常に味気ないもの。こうして浮いた旅費分を投入すれば、普段なら不可能な高級ホテルだって十分に狙うことが可能です。

 ▽飛行機代が浮いた分、ホテルは超贅沢に。妻も大満足でした♪

www.uridayo.com

ANAビジネスクラスで行く2016年ハワイ旅行記まとめ♪8ヶ月で実現できたマイル特典航空券旅行!

 

30万以上のANAマイルがあれば、このように自由で贅沢な体験を年1回だけにとどまらず、自由に行うことができるんです。

どうでしょう、マイルを貯めてみたくなってきましたでしょうか?

ANAマイルは『乗らずに・決済せずに』貯められる

anaマイルは乗らず・決済せず貯める

マイルと聞くと、飛行機に沢山乗ったり、沢山クレジットカード決済をしないと貯まらないというイメージが強いですが、これは全くの誤り。

実は一度も飛行機に乗ったことのない方であっても、クレジットカード利用額が少ない方であっても、ANAマイルは簡単に貯めることが可能。

むしろ、『乗らずに・決済せずに貯める』が常識なんです。

私の30万ANAマイルをお見せします

anaマイル口座

論より証拠ということで、私の実際のマイル口座残高をご覧ください。

本記事執筆時点での保有マイル数は30万マイルオーバー。家族分のマイルを含まない*3、純粋に自分1人だけのマイル数です。

出張などで飛行機を利用する機会はほとんどないですし、クレジットカードの利用額だってごくごく一般的なレベル。こんな私でも、確実にこれだけのマイルを貯めることに成功しています。

これだけあれば、冒頭で紹介した驚異の世界が、幻ではなく現実のものとなるんです。
…とはいえまだまだ信用には値しませんよね。もしかしたら隠れて飛行機に乗って貯めているのかもしれませんし、実は超絶大金持ちなのかもしれません。

そこで、いかにフツーの方法が貯まらないか、確認してみましょう。

飛行機に乗ってもマイルは貯まらない

マイルの貯め方としてまず思いつくのが飛行機搭乗によるフライトマイルですが、1回の搭乗でいくらもらえているのかきちんと意識したことがあるでしょうか。

仙台-広島のanaフライトマイルシミュレーション結果

私がANAマイレージクラブの会員となってから初めて飛行機で広島に行く機会があったのですが、獲得したフライトマイルは片道で約250マイル。*4

『これっぽっちしか貰えないんだ…』と、私は衝撃を受けました。

国内線のマイル特典航空券(往復)を獲得するには、少なくとも10,000マイルが必要です。
ということは、仙台―広島を20往復もしてやっと得られる計算になります。

仮に、毎週仙台から大阪へ行く出張族だとしても、1回のフライトマイルが約400マイル*5として、1年間で20,800マイルですから、これだけ乗ってやっと・・といった気持ちになりますよね。

このとおり、飛行機に乗りまくっていたとしても、大してマイルは貯まらないのです。

クレジットカード決済でもマイルは貯められない

クレカでマイルは貯まらない

マイルの貯め方として次に思いつくのが、クレジットカード決済によるポイントを交換する方法です。

しかし、実際のところどれくらい貯められているか、きちんと立ち止まって考えたことがあるでしょうか。

私の場合、本格的にマイルを貯め始める前まで利用していたカードが三井住友VISAクラシックカードでした。このカードはマイル還元率が0.3%*6ですので、仮に1,000万円のカード決済を行ったとしても、わずか30,000マイルしか獲得できません。

 

次に本格的にマイルを貯め始めてから所有したANA VISAワイドゴールドカードは、基本のマイル還元率が1%になりますが、それでも1,000万円のカード決済で100,000マイル。

『お、なんだかすごそうじゃん!コレだな!』
そう思ったそこのアナタ、年間1,000万円ものカード決済できますか?というハナシです。
そもそもそんな金額を決済できるような方は、きっと正規料金で旅行しちゃいますよね。笑

一般的な家庭での年間決済額はだいたい100~200万といったところかと思いますので、支払を全て1つのカードに集約していたとしても、1~2万マイル獲得が関の山です。

▽クレジットカード『だけ』ではマイルは貯まらないという事実は、コチラの記事でも詳しく解説しています。

www.uridayo.com

まだANAカード『だけ』でマイルを貯めますか?クレジットカードのみでは旅行すら実は怪しいという悲しい現実をお見せします

 

そんなちっぽけなマイルしか貯まらないのであれば、クレジットカードの決済ポイントをそもそもマイルに交換する魅力もありませんので、かつての私は主に商品券に交換したりしていました。

ここまでで、いかにフツーの方法が非効率・非現実的であるかがよく分かりますね。

30万ANAマイルの貯め方・生み出し方とは?

30万anaマイルの貯め方・生み出し方

『ひたすら飛行機に乗っても、クレジットカード決済をしても、大してマイルは貯まらない』
ここまでで、この事実を改めて確認できたと思います。
では一体どうやって1年間に30万もの大量のANAマイルを獲得するのか

私たちがすべきことは、以下のたった2つです。


  • ポイントサイトを利用して、毎月30,000ポイント以上獲得する
  • 得られたポイントを、交換サイトを通じてマイルに交換する

たったこれだけのことで、通常では考えられないほど大量のANAマイルを獲得することができます。

インターネットで“ポイントサイト”と検索すると、多くのサイトがヒットします。

その中から、特に、ハピタス・ちょびリッチ・GetMoney!といったサイトを利用して貯めたポイントを、このようなルートを経由してANAマイルへと交換していくのです。

 

ana30万マイルの生成ルート全体図


  1. 毎月獲得したポイント30,000ポイントのうち、20,000ポイントを.money→メトロポイントを経由するソラチカルートで18,000マイル
  2. 残りの10,000ポイントはTポイントを経由して5,000マイル
  3. 1と2あわせて23,000マイルを毎月獲得していくと、
    1年で23,000マイル×12ヵ月=276,000マイルを獲得することができます。

 

これにクレジットカード決済や、さまざまなキャンペーンで獲得できる数万マイル、フライトで積算されるマイルが加わり、年間30万マイルとなります。

当ブログでは、これまで私が実践し、歩んできた道のりを数多く紹介しています。
似たような道のりを辿れば、間違いなく誰しもが必ず同じような体験ができるはずです。

www.uridayo.com

陸マイラーが必ず登録すべき必須ポイント(中継)サイトとは?(1):.money・PeX・Gポイント

www.uridayo.com

陸マイラーが必ず登録すべき必須ポイントサイトとは?(2):ハピタス・ポイントタウン・GetMoney!・ちょびリッチ・モッピー 

安心してOK!最初はみんな初心者からのスタートです!

誰もが最初は陸マイラー初心者

ここまで読み進めてみて、『なんだか難しそうだし、自分にはできないかもしれない』と感じている方もいるのではないかと思います。

かつての私は、そもそもそんなに飛行機乗らないし、マイルなんか雀の涙みたいなもので、貯める意味なんてない。一部の出張族やお金持ちの人だけの特別なものだと決めつけて、捨ててきました。

そんな私が、飛行機に乗らずにマイルを貯める『陸マイラー』というものの存在を知ってから1年半ほどが経過。

最初は半信半疑でしたが、初めてANAマイルが加算された時、『本当にマイルが付いた!コレはいける!』そうゆう風に思ったことを今も鮮明に覚えています。

 

初めてのANAマイルを獲得してからは自信もついて、活発にポイント活動ができるようになりました。

その過程の中で、当然失敗することもありましたが、こうして30万もの大量のANAマイルを獲得するとともに、ANAビジネスクラスでハワイ旅行するなんて贅沢を、実際にできています。

 

このブログでは、本当にズブの素人・初心者だった私が歩んできた道のりや失敗談、『ああすればもっとよかった』という経験などに基づいて、ANAマイルの貯め方を余すことなく紹介しています。

ここまで読んだら、引き続きまずはソラチカカードについて確認していきましょう。ANA陸マイラーと切っても切れない関係のクレジットカードを知ったあなたは、もうすでに他の方を出し抜けています。

ソラチカカードを持っていないあなたが逃す年間216,000もの大量ANAマイル|まだ知らずに損し続けるの?

 

このままスタートダッシュを決めて、一気に駆け抜けてしまいましょう!

止めたい時にやめることも可能です

陸マイラーは好きにやめられる

ここまで紹介してきた年間30万以上のANAマイルを貯める陸マイラーのシステムですが、止めたいなと思った時、自由にやめることももちろん可能です。活動自体はいたって健全なもので、日常生活を脅かすリスクも一切ありません。

前述したとおり、当初半信半疑だった私は、『1回ハワイに行ったらやめよう』と考えていました。しかしながら、本当にどんどん毎月マイルが貯まるので、ここでやめたらもったいない!もっとたくさん経験したい!と考えが変わって、今に至っているだけなんです。

若輩者がいうのもなんですが、人生は1度きり。
例えば私のように、どこか1つ目的地を定めたら、このブログを参考にして少しだけ頑張ってみるのも悪くないと思いませんか?

数か月後にはあなたも大量のマイルホルダーになって、きっと最高の経験ができるはずです。

anaマイルを貯めて旅に行こう

関連記事

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

*1:ANAの場合はエコノミークラスとビジネスクラスの間にプレミアムエコノミークラスが設定される路線もある。

*2:ビジネスクラス以上。

*3:ANAのマイレージには『ANAカードファミリーマイル』という、家族等の保有マイルを合算できるシステムが存在します。詳細はこちらを参照ください→

1マイルも無駄にするな!ANAカードファミリーマイル登録で家族間のマイルを合算・有効活用する方法 

*4:ANAパッケージツアー利用料金帯での積算マイル

*5:ANAフライトマイルシミュレーター:仙台-伊丹・AMCカード・ステイタスなし・運賃3での計算。

*6:ボーナスポイントは考慮しない。