ANAマイルdeうりと行くスカイ?

たーっぷりマイルを貯めて旅行を楽しみたい。そんなブログ。

【ANAビジネスクラスで行くハワイ♡6日目】ついに最終日・またねホノルル!ただいま日本!

ハワイの海と風

ハレクラニ・オーキッズの朝食に始まり、アラモアナビーチパークのサンセットを味わった5日目を終え6日目。ついに帰国日になってしまいました。 

www.uridayo.com 

暑いけど爽やかな、素晴らしきハワイとの別れはとっても寂しいですが、一方で帰りの飛行機もANAビジネスクラス。最後の最後までお楽しみは続きます

本記事では、ANAビジネスクラスで行くハワイ旅行最終日・帰国編をお送りいたします。

ハワイ滞在者・帰国日の朝は早い

フォートデルッシー公園の朝

夜が明けるともう帰国日の朝です。我々の搭乗便は11:35発のANA NH183ですから、そうそうのんびりしてはいられません。荷造りは前日のうちにあらかた終えておいたので、朝食を摂ったら出発です。

ハワイ最終日の朝食は高橋果実店のサンドイッチとフルーツ

前述したように朝食をのんびり食べに行く余裕もありませんので、前日に高橋果実店でサンドイッチとフルーツを調達しておきました。少し質素ですが、どうせ飛行機に乗ったら機内食も出ますし、かえって丁度良いのかもしれません。

Henry’s Place高橋果実店については、1日目の記事をご覧くださいませ。

www.uridayo.com

トランプホテルのラナイで、最後のお食事。(写真はありませんでした。笑)ささっと済ませたら、支度を整えて出発です。

タクシーで一路ホノルル国際空港へ

トランプワイキキ・チェックインロビー

初日のホノルル空港→ワイキキのホテル間移動はベルトラの送迎ツアーを利用しましたが、帰りのワイキキのホテル→ホノルル国際空港は、時間的にも融通のきくタクシーをチョイスしました。

『流し』のタクシーは当然ありませんので、前日のうちにトランプホテルのコンシェルジュさんにお願いし、タクシー予約と、ポーターさんによるお部屋への荷物ピックアップを予約していました。

特にお部屋への荷物ピックアップは、朝にチェックアウト客が重なると遅くなる可能性があるので、心配であれば前もってお願いするのが良いと思います。

ちなみに予約は8:00としていましたが、ポーターさんが現れたのは7:45。なんとなく勘が働き、妻を急かして7:30には荷造りを完了していましたので、事なきを得ました。笑

タクシーでクレジットカードが使えるのかどうかは確認しておく

『ハワイのタクシーはクレジットカードが使えない場合がある』

ガイドブックなどを見るとそのように記載されていることが多いのに、我々の手持ちの現金は15ドルくらい。クレジットカードが使えないとなると、前日のうちに両替で現金を作らないといけない状況ですので、可能であれば確認するのが良いと思います。

今回トランプホテルのコンシェルジュさんに聞き、事前に確認して『問題なく使えます』との回答を得ていましたので、安心して*1タクシーを利用できました。

少々渋滞に巻き込まれましたが、1時間弱でホノルル国際空港へ到着です。

ホノルル国際空港でハワイ最後の一服タイム

ホノルル国際空港の喫煙場所

空港に到着したら、ハワイ最後の一服タイムホノルル国際空港内にはどこにも喫煙所はありませんから、忘れず・満足するまで喫煙を楽しみましょう。

場所は出発ターミナル車寄せの中州あたり。この地面から伸びたポールのようなモノが灰皿です。

照りつける太陽がまぶしいですが、ここが最後のチャンスですよー。
中州に渡る時は、通行車両にくれぐれも注意してください。遠足ではありませんが、きちんと自宅に帰るまでが旅行です。それまで気を抜かぬよう用心しましょう。

それじゃあ、チェックインして帰りますか!

ANAビジネスクラスカウンターでスイスイチェックイン

ホノルル国際空港ANAチェックインカウンター

空港に到着したのが出発の2時間半前くらい。すでにANAのエコノミークラスチェックインカウンターはこの長蛇の列!これじゃあ早く来た意味が全然ありません。

かたやANAビジネスクラスのチェックインカウンターはこのガラガラ具合ものの数分でチェックイン完了です。往路・日本出発の時はメリットを享受できませんでしたが、復路、ハワイ出発でこの『待たない・並ばない』のメリットを最大限味わうことができました。

ただチェックインしてスーツケースを預けるだけ。これだけに数十分並ぶのは大分キツイものがあります。

往路と違い、復路のチェックインは成田まで。降機したらいったん荷物をピックアップします。

hnl-nrtビジネスクラス搭乗券

出発の時に散々こだわっていた、Cマークの入った硬い搭乗券をゲットしました♡ 搭乗券収集家としてはやはりこれをもらわずしてという感じだったので、やっと目的(目的?)が達成された気がします。

ゴールドレーンで保安検査もスイスイ

ホノルル国際空港ゴールドレーン

上級クラス搭乗のため、飛行機のチェックインだけでなく保安検査も優先レーンを案内されます。(搭乗券にGOLD LANEとスタンプされます)

写真はありませんが、ゴールドレーンがまっすぐ1列のところ、一般レーンはつづら折りの列。一体どれだけかかるのかといった印象でした。

ちなみにホノルル国際空港の保安検査マシーン(?)は、両手を上げて機械の中に立ち、3Dスキャンのようなチェックをされます。(靴は脱いでX線検査にかけます。)

ユナイテッドクラブラウンジで出発前の時間を

ユナイテッドクラブ・ホノルル入り口

保安検査を済ませたらあとは搭乗を待つばかり。ホノルル国際空港にはANAのラウンジはありませんので、同じスターアライアンスのユナイテッド航空のラウンジユナイテッドクラブで出発前の時間を過ごします。

ホノルル空港ユナイテッドクラブのマップ

場所はダイヤモンドヘッドコンコース、9番搭乗口を入ってエスカレーターを登った上のフロアにあります。

 

何かと酷評されがちなホノルル国際空港のユナイテッドクラブラウンジですが、個人的な感想としては『クレジットカード会社のラウンジ感が半端ない』という感じ。

ホノルル・ユナイテッドクラブ入り口付近

シリアル・ドリンクサーバー

ソファースペース

無料のドリンク類はもちろんありますが、お酒はバーカウンターで有料。つまむもの、軽食としてのシリアル・パンなどはありますが、ちょっと質素すぎですかね。

居心地は決して悪くないんですけどねー。わりとキレイで静かですし。

ラウンジ内を探検し、コーヒー、ジュースも飲み飽きたところで退室。空港内のDFSで最後の買い物をしたら搭乗口に向かいます。

www.uridayo.com

 

優先搭乗でスルっと搭乗

nh183案内

搭乗口で少しだけ待ったあとは、優先搭乗案内の順番に従って飛行機に搭乗します。今回はお子様連れの方・お手伝いの必要な方、次いでANAダイヤモンドメンバーでも搭乗者が現れず、期せずして1番乗りしてしまいました。

しかし本当に楽チンですよねー、優先搭乗。ダイヤモンドメンバーになれば・・ごにょごにょ。笑

ウエルカムドリンクをいただき出発!

ウエルカムドリンクのスパークリングワイン

席に着いたらCAさんよりご挨拶。次いでウエルカムドリンクがサービスされます。往路と違い、今回は夫婦2人でスパークリングワインをチョイス。ほどなく機体は動き出し、ハワイともお別れです。

ANA NH183便 ビジネスクラスの機内食

nh183ビジネスクラス機内食

飛行機が水平飛行に移ると、機内食の時間です。出発前のラウンジで食べていません(というか食べる気が起きませんでした…)ので、お腹はペコペコ。メインだけでなく、軽食もイケそうな感じです。

メニューが配られ、和食・洋食の選択をします。海外発便の和食はあまり良くない説を信奉しておりますので、夫婦2人とも洋食をチョイス。

  • メイン:チキンのコンフィ ブラックライスの煮込み添え チキングレイビーソース
  • アペタイザー:スモークサーモンとパンツァネッラサラダ パッションフルーツドレッシング
  • ブレッド:ホールウィートロール

の組み合わせでした。

f:id:uriuridayo:20170121133416j:plain

デザートはコーヒームース。…withコーヒーですね。

こうして記事書いていて気づいたんですけど、デザートはもう1品・ラズベリーケーキも選べたんですよ。(妻はラズベリーケーキでした) でも当時は頭が回らなくてただ食べたいものをオーダーしたのかも。美味しかったんでいいんですが。

こんな形で大満足の食事を終え、海外ドラマ(プリズンブレイク3だったかな?)を数話見たあと少しウトウト。

機内軽食でカツカレーをいただく

anaビジネスクラス軽食メニュー

ビジネスクラスでは機内食提供後、好きな時に軽食をいただくことができます。メニューは写真のとおり。往路の時から気になっていたカツカレーをやっと注文できました。*2

機内食カツカレー

機内が暗いので画質が少し悪いですが、カツカレーどーん。少し小ぶりかな?と思いましたが、食べるとなかなかボリューミー。お味とともに、満足する一品でした。

ビッグアイランドキャンディーズのクッキーをいただく

ビッグアイランドキャンディーズのクッキー

到着前の時間で、ハワイのクッキーをいただきました。食べてみると存外に美味しい!CAさんが来たタイミングでどこのモノかを教えていただいたところ、ビッグアイランドキャンディーズとのこと。

後になって調べてみたら、ハワイ島に本店があるクッキーで、少しレア感がある模様。(アラモアナセンターで購入できるようですが。)おいしーなーコレとか思いながら一口で食べてしまった俺のバカヤロウなんですがね。笑

次のお土産はこのクッキーにしましょうー。

www.bigislandcandies.com

記念撮影カードのサービス

ana機内カードサービス・おもて面

ana機内カードサービス・うら面

文字通りですが、機内での記念撮影カードのサービスがありました。CAさんが各座席を回りながらチェキを撮影、到着前にカードにしてプレゼントしてくれました。

うりアイコンで消していますが、2人してがっつりとレイをかけております。

妻とのチェキなんて多分結婚式関係の何かで撮ったきり。少し照れくさい感じもしますが、そこは楽しい旅行ですから、いい思い出です。

成田空港到着!ただいま日本!

成田空港・おかえりなさい

長いようで短い約8時間。あっという間に成田空港に到着です。ビジネスクラスのような快適なクラスだと、搭乗時間が本当に短く感じますよね。かつて、エコノミークラスで揺られること12時間超を耐えたあのパリ旅行はなんだったのでしょうか。笑

NH183便は定刻どおり成田空港に到着し、スムーズに降機も完了。預けたスーツケースにはプライオリティタグが付いていますから、バゲージクレームで待ちぼうけする必要もなく荷物をピックアップ。ただいま日本♡

フォートラベルグローバルWi-Fi返却

入国後、制限エリア外に出たらレンタルしていたグローバルWi-Fiを返却します。返却といっても返却BOXに投函するだけの簡単なものです。

今回安さに惹かれ、250MB/日プランでレンタルして2人でシェアしていましたが、幸い一度も容量不足に陥ることはありませんでした。特に滞在2・3日目はGoogleMapのナビもフル活用だったので少し心配していたんですけどね。

wifi.4travel.jp

レンタルWi-Fiの返却が済んだら、あとは仙台までの国内線乗り継ぎ便を待つばかりです。

成田空港アライバルラウンジで乗り継ぎ便までゆったり

anaアライバルラウンジ外観

成田空港には出発ラウンジとしてANA ARRIVAL LOUNGE(ANAアライバルラウンジ)があり、国内線出発までのひと時をゆったりと過ごすことができます。

www.uridayo.com

アライバルラウンジの中

通常のANAラウンジ同様、ANA上級会員であるプレミアムメンバーか国内線プレミアムクラス搭乗者しか利用できませんが、ANA国際線ビジネスクラスからの乗り継ぎのため、我々のようなヒラ会員にも利用することができます

アライバルラウンジのシャワー呼び出し

機内でも飲んでいたのですが、ここでもビール飲み放題。仙台行き出発までゆったり休み、シャワーも浴びてスッキリ。便が集中する時間帯は結構な混雑ぶりになりますが、居心地は結構良くて、結局搭乗案内開始5分前まで居座ってしまいました。

急いでANAアライバルラウンジを出て、エスカレーターを上るとすぐに保安検査場からの搭乗口です。

ANA NH3235便で一路仙台へ

nh3235搭乗案内

この旅程最後の飛行機移動となる仙台行きNH3235便は定刻どおりに出発。搭乗率は6割程度でしょうか。

機材はB737-500。シート配列は3・3ですが、我々の隣は空席で、帰りもゆったりと過ごすことができました。普通席でも隣が空席だと少し嬉しいですよねー。

成田=仙台は時刻表上で50分の短い路線です。水平飛行に移り、飲み物を配り終わった!と思うともう着陸態勢。

これでぜーんぶ終わり。長いようで短いハワイ旅行でした。

ANAマイルを貯めビジネスクラス特典航空券でハワイに行ってきました♡

ハワイ・オアフ島上空からの景色

『ビジネスクラスに乗るような人はきっとお金持ちで、自分では無理』

『死ぬまでに1回乗れたらいいかな』

およそ1年前までこんな風に思っていた私が、まさかこのように夫婦2人・ビジネスクラスで贅沢なハワイ旅行に行くなんて、夢にも思いませんでした

マイルなんて貯まらないから意味がないと決めつけていたごく普通の会社員が、その『マイル』を貯めて、実際に旅行に行ったんです。

 

初めて『陸マイラー』という言葉・存在を知った時、果たしてそれが事実なのか、信じて実践してみる価値があるのか、とっても疑っていたことを今でも覚えています。

疑いが晴れたのは初めてソラチカルートで18,000マイルが付与された時、そして、貯めてよかったぁと心から思えたのはこの旅行が実現したこの瞬間でした。

マイレージのブログを見ていると、これだけ沢山の方が実践しているんだなぁと思い知らされます。『こんな世界があったとは』まさしくこの気持ちでいっぱいです。5, 6年前の自分にアドバイスするなら、迷わずマイルを貯めよ!と言ってやりたいくらいです。

マイルを貯める術を身に着けて、いつ『か』行きたいねという会話が、いつ行こうか?に変わったんです。夢は夢のままじゃなく、こうして叶えていくものですね。

f:id:uriuridayo:20170121003640j:plain

ANAビジネスクラス特典航空券(ホノルル往復・2人分・レギュラーシーズン)で130,000マイルも使ったのに、まだこんなにマイルがあるんです。そして、適切な方法を取れば、これからもどんどん貯まっていくはずです。

『次はどこへ行こうか?』こんな夢のある会話で、我が家は満たされていますよ。

関連記事

www.uridayo.com

www.uridayo.com

www.uridayo.com

 

*1:それでもなんだか心配で、乗車後すぐ運転手さんに「クレジットカードは使えるか」と聞いたところ『Maybe』とのありがたいご回答をいただいたのですが、きちんとクレジットカード決済(チップ込)に対応していました。

*2:往路ではラウンジで大飲大食→機内食+深夜+お酒の力でお腹もいっぱい。食べることができませんでした。